動物たち

猫のひもとハーネスは何ですか?

今日のイノベーションは、予想外の生活分野に浸透しています。彼らがペットにも関わっているのも不思議ではありません。 10年前に猫用ハーネスが普通ではないと考えられていたとしたら、今日では口ひげを飼っているペットのほぼすべての飼い主が同じことをしています。しかし、最近この機器を購入した場合、ペットに適切に装着する方法、ひもを着用する価値がある動物を落ち着かせる方法を自分で決めることは困難です。それでは、これらすべてを一緒に扱いましょう。

全体の構造は互いに絡み合っている細いストラップから成ります。これらは、首の領域で動物の体を取り囲む2つの閉じた輪であり、おなかと肩甲骨に集中している。多くのデザインでは前肢の間にセパレーションテープがあります。写真の中の猫用ハーネスの例も見てください。

製品はフィット密度を調整するのに役立つパフで補完することができます。ブレードの領域にもひもを取り付けるためのカラビナが設けられている。この配置はバリーストライプにとって重要です - 彼らの首は犬のそれよりも壊れやすいです。

なぜあなたはハーネスが必要なのですか?

猫用ハーネスを購入する主な理由は、動物の安全を確保することです。実行して、通りに追い出して、私たちはペットに時々致命的な危険性を開きます - 感染症、他の動物、何人かの人々の不適切な行動。シンプルなハーネスはこれを防ぐのに役立ちます - 猫はあなたを遠く離れてはいけません、それは常に視野の中にあるでしょう、あなたは何かの場合にそれを保護することができます。

また、お気に入りは、散歩用のハーネスを持って自分で歩くのが好きで、所有者から逃げることはなく、検索に失敗する必要はありません。このひもはまた、動物を国、展覧会、獣医などに輸送するのをより便利にします。

いつ猫を馬具に慣れさせるのですか?

最も最適な年齢は2〜3ヶ月です。子猫はすぐにすべての新しいものに慣れ、自分たちの生活に必要な属性としてそれを取ります。私は言わなければならない、彼らの中での適応のプロセスははるかに速いです。

しかし、あなたが大人の動物を利用するように訓練したいのなら、難しいことは何もありません。それはもう少しの時間と忍耐力 - あなたと猫 - だけを取るでしょう。

良いハーネスを選ぶには?

最初にあなたは猫のための適切なハーネスを見つける必要があります:

  • 製品に最適な素材はナイロンまたは綿です。しかし、革製のハーネスは猫には硬すぎる - 犬用に最適です。
  • それが毛皮、動物の肌と接触するようになる側から柔らかいフェルトパッドを持っていることを探してください。
  • 調節可能なストラップ、パフ製品のみを購入する。
  • 獣の購入を試みることを忘れないでください(段階的な写真で猫にハーネスを置く方法、我々はさらに見ます)。ストラップと動物の体の間には2本の指を超えない距離が必要です。
  • ストラップの最適幅は1.5 cmです。
  • 本体(ハーネス自体)のマウントに含まれるのはひもです。長さ約2 mのオプションを選択するのが最善です、できれば巻尺のひもを購入してください。
  • すべての留め具は、便利な留め具を使って軽くする必要があります - それほどきつくはないが、弱めないでください。
  • あなたが動物を定期的に歩くことを計画しているならば、あなたは猫のために2種類の帽子を購入するべきです。暖かい季節には - 通常のコットンまたはナイロンのストラップ。冬の間 - シュリーオーバーオール、これは氷の季節にあなたのペットをさらに温めるでしょう。

シュレックの種類

今日のペット店では以下のサンプルがあります:

  • 「8」これらは、ひもが取り付けられている肩甲骨のジャンパーによって相互接続されたストラップの2つのリングです。
  • H型モデル。前脚の間にジャンパーが追加されているだけの、同じ「8」。
  • V字型モデル動物の胸にストラップでこのラテン文字の輪郭を形成します。
  • オーバーオール彼らはスーツのように見えますが、カービン銃に追加のひもが付いています。このモデルは着用するのが最も簡単です、それを抜け出すことは不可能です、それは敏感肌を持つ動物に最適です。マイナス1 - 夏のオーバーオールの猫の中では非常に暑くなります。

猫にハーネスを付けるには?

心配しないでください - この手順は初めてあなたを困惑させるだけです。それからあなたはペットのハーネスを素早くそして事実上機械の上に置くために適応するでしょう。

それで、猫にどのようにN字型のハーネスを着けるか:

  1. まずそこからひもを外します。さもなければ、それはあなたを邪魔するだけで、混乱します。
  2. デバイスの最初の閉じたリングを見つけます。カラビナが背中の高さになるように猫の首に付ける必要があります。前足の間を走るストラップがあれば、それは胸の高さにあるはずです。
  3. それから、獣の首に2番目の閉じたリングを置きます。
  4. 前足から猫のおなかまで体に沿って最初に伸びます。足がそれらを隔てるストラップからそれぞれの側にあるようにすることが重要です。
  5. これらの行動の結果として、ブレスレットの1つのリングは獣の首の少し下、そしてもう1つはおなかの上になります。足の間の胸にはセパレーションストラップがあります。
  6. やった?背後にある最も難しいこと。今、パフとカラビナの助けを借りて、猫の体のハーネスの密度を調整します。ストラップが緩んでいる場合は引き上げます。それ以外の場合は、ハーネスが体を圧迫する場合は、動きを妨げる、テープをわずかに開きます。
  7. 最後のステップは、以前に削除された紐をカービンに固定することでした。それだ!

「8」ははるかに簡単に身に着けられている - 袖のように、彼女の指輪には、フロントの猫の足に挿入されています。カービン接続は背中を覆っています。

ハーネスを素早く正確に装着する方法。

猫にハーネスを教える方法は?

動物にとって、あなたがそれに身に着けている装置は大きなストレスの理由です。当然のことながら、それが愚痴にいくらかの時間を費やすならば、ショックで、それはそれ自身からハーネスを取り除こうとするでしょう。したがって、「光の中に」出かける前に、動物が慣れるように自宅でハーネスを数回着用する必要があります。ひもで猫を引っ張らないでください!彼女に最も新しい「服」で道を築くようにしなさい。

動物がより早く利用できるようになるには、次の推奨事項に従うことをお勧めします。

  1. すぐに購入しないでください。床に置いて、猫が嗅ぎます。
  2. 数日後、あなたはトレーニングフィッティングを始めることができます。静かに動物と話すこと、それを愛撫すること、そして突然の不快な動きをしないことを忘れないでください。
  3. フィッティングは食事の前に行うのが一番です。あなたは単にあなたの大好きな繊細さの忍耐について猫に感謝することができます。それで彼女のハーネスは楽しいものと結びつくでしょう。
  4. 動物を家のハーネスに置いたままにしないでください。それは常にあなたの監督下にあるべきです。
  5. 彼女の新しい「服」には何も問題がないことを猫に見せてみましょう。彼女と遊んで、走って歩いてもらいましょう。
  6. 猫の動きの方向を制御し始めるのは、彼女がハーネスを着て快適に感じ始めたときだけです。
  7. 最初に歩く場所は動物がいない静かな人けのない場所です。
  8. 犬のようにひもで走るように猫に教えるとは思わないでください。パーとは、ああ、乗り物ではありません。あなたが散歩に猫のために行き、その逆ではないことを覚悟しておいてください。

今、あなたはどのハーネスがあなたのペットに最も適しているか、それを着る方法を知っています。私たちはあなたが猫に理解を持って近づくこと、彼女の恐れと新しい主題への戸惑いを考慮に入れることを勧めます。

猫のひも:目的と種

猫が路上を歩いていなくても、ひもは買う価値があります。このアクセサリーは、国の旅行中、展覧会に参加するため、および獣医クリニックを訪れるときに必要になることがあります。 ハーネスとひもは猫を保護するだけでなく、動物の飼い主に心の安らぎを提供します。

猫のひもの2種類があります。

  1. ルーレットちょうど通りに慣れ始めている子猫のための優秀な選択。ルーレットはすでに大人の個人を歩くのに適しています。リミッター付きのルーレットがあります。
  2. ある長さのベルト。長さは家のペットの活動に基づいて選択されます。

ひもを使うには?

猫のひもをハーネスかつばのどちらかと一緒に使う。猫の家族の代表は、その性質上、自由志向である。そして、飼い主が襟付きのひもの上を歩くことを彼に強いるなら、動物はおそらく抵抗するでしょう。抵抗の間、最愛の人はひもから飛び出すかもしれません。これを避けるために、あなたはもっとしっかりと装置を締めなければなりません。これは血流に非常に悪い影響を与えます。はい、そして生け花の美しさは不快になります。この状況で唯一の正しい方法は、ハーネス付きのひもを使用することです。

シュレイカ:目的と種類

ハーネスは2つのリングからなる首輪です。1つは動物の胸の真ん中にあり、もう1つは首の上にあります。 2つのリングがストラップでつながれています。ひもがバーに付いています。それはあなたが任意のペットショップで猫のためのハーネスを買うことができることに留意すべきです。これらのアイテムにはさまざまなモデルがあります。ナイロンテープでできているものが好ましい。フェルトパッド入りライニングがあることもまた望ましい。猫は非常に敏感な生き物なので、材料は軽いはずです。

shleekベルトのほとんどのモデルのためにサイズの在庫があり、長さは調整することができます。しかし、それはあなたのペットの首の円周、胸を測定することがまだより良いです、そしてペット店を訪問するとき、どのサイズのハーネスが動物に合うかについて売り手に相談してください。

ステッチはさまざまなスタイル、種類、色にすることができます。しかし、ほとんどの場合、そのような種類があります。

  • V字型ハーネス胸部では、ループは文字Vを形成します。
  • H字ステッチ背面に接続ストラップがあります。 Nという文字に似ているからです。
  • ジャケット主な目的に加えて、彼らはまた防護機能を実行します:彼らは風邪や汚染から保護します。
  • 八の形の形。製品のデザインは2つのループで構成されています。ループは首と前足の後ろにある動物の体を覆い、肩甲骨につながっています。これは非常に信頼性の高いモデルで、ペットの体を完璧に捉えています。動物にとって非常に便利なオプションです。

それは猫のためのハーネスの価格は非常に手頃な価格であり、200から600ルーブルの範囲であることに留意すべきです。

もちろん、それはすべてモデル、製造材料、製造元によって異なります。たとえば、ナイロンストラップ会社のCameoは215ルーブルです。しかしモデルハンタースマートはひもを装備しており、約470ルーブルがかかります。

ガンマブランドの製品も非常に人気があります。すべてのペット用製品Gammaは良質です。範囲はさまざまです。さまざまなリーシュ、ハーネス、ハーネスとリーシュのセットが発売されています。ダニやノミのガンマバイオを購入して襟をつけることができます。費用はかなり許容範囲です。

自分でやる

もちろん、ひもを含む猫用のものはすべてペットショップで購入できます。しかし、節約するために、あなたはこの装置を自分で作ることができます。あなたはひも、ストラップ、針と糸、センチメートル、はさみとマジックテープが必要になります。まず、あなたは動物から測定値を削除する必要があります。胸、首、首と胸の間の距離をセンチメートルで測定します。測定するときは、毛皮を押す必要があります。それ以外の場合は、ハーネスが広すぎる可能性があります。

ペット用のドッグループを作成するためのアルゴリズムは次のとおりです。

  1. ストラップから3本のストリップを作ります。最初のストリップは、猫の胸の中央から首までの距離に等しいはずです。 2番目と3番目のストリップは胸囲を提供するべきです。
  2. マジックテープは長いストラップの端に取り付ける必要があります。したがって、あなたのペットに首輪を付けることははるかに簡単になります。
  3. 文字「H」が得られるように、ストラップの最初のストリップを他の2つに縫い付けます。
  4. 接続片にひもを取り付けます。

その結果、自分の手で猫のための大きなハーネスができ、首に通常の首輪をつけるよりもずっと首に負担がかかりません。いくつかの針仕事はスパンコール、ラインストーン、ブローチと弓でハーネスを飾ります。

ペットが慣れると、意図した目的のためにハーネスを使い始めることができます。

キャットハーネスの利点

あなたが国内のコンテンツの支持者であっても、あなたは歩くことが猫にとって良いことを認めなければなりません。動き、新鮮な空気、新しい印象 - これらすべてが動物に利益をもたらすことができるだけです。しかし交通量の多い街では、ペットが車の下に落ちることがあります。無責任な人々や他の動物が彼を傷つけることができます。猫は単に迷子になったり、間違った手に落ちることがあります。 ひもをつけるだけで、次のことができます。

あなたはあなたの日と時間に便利に散歩に動物を取ることができるでしょう。この場合、あなたが一日中緊急に出発する必要があるという状況はありません、そして、猫は家から滑り落ちました、そして、それがいつ現れるかはわかりません。

  • あなたはその領土との戦いで彼が重傷を負う可能性がある、不親切な親戚の侵入からあなたのペットを守ります。
  • 猫は路上に散らばって生ごみやそれに引き付けられている食物片を拾うことができないでしょう。これは感染症や中毒の危険性が最小になることを意味します。
  • 猫のためのハーネスは、それが有害であるという範囲にその動きを制限しません。たとえ動物が何かに怯えて逃げようとしても、この装置はダメージを与えることなく確実にそして優しくそれを保持します。
  • ハーネスを使用することで、所有者は自分の判断で散歩の時間を簡単に制御し、必要であれば猫を家に持ち帰ることができます。
  • ウォーキング、アクセサリーに加えて 獣医クリニックや展示会への旅行に使用するのに便利です。騒がしくてなじみのない場所では、動物は簡単に怖がって逃げることができます。ハーネスとひもがこれを防ぎます。

    ハーネスの選び方

    ハーネスとひもを選ぶとき、私は何を探すべきですか?

    生地のモデルを優先することをお勧めします。必要ならば洗いやすく、肌をこすりません。革製のハーネスはもっと荒くて重い、猫は好きではない。

  • ストラップの最も便利な幅は1〜1.5センチメートルです。それは調節可能なストラップ付きのデザインを購入することをお勧めします、それはより正確に動物のサイズに合わせることができます。
  • ファスナーに注意を払う、彼らは快適に使用し、しっかり取り付けられている必要があります。猫用のひもが取り外し可能であるならそれはより良いです - これは必要ならもっと長いルーレットひもを付けることを可能にします。
  • ペットにハーネスをかけている、彼女があまりにもタイトに座っていないことを確認してください。あなたがそれの下に2本の指を突き刺すことができれば、それからすべては大丈夫です。

    ハーネスとリーシュを動物に教える

    猫のためのハーネスを買うことはペット製品を売るどんな店でも問題ではありません。このアクセサリーを自分で作ることができる人もいます。しかし、動物がすぐにハーネスやひもに慣れないようにしてください。予備的な訓練段階があります。最初に、猫の上にハーネスだけを置いて、この形で彼らがアパートの周りを歩かせてください。外国人すべてを盗もうとする最初の試みでいくつかの頑固な猫は、忍耐力を示します。

    第二段階で、ペットをひもに慣れさせる。 猫は理解し受け入れなければなりませんひもが彼女の上にあるとき、彼女は彼女が好きなところに行くことができないでしょう。なでる動きと声で動物をなだめます。これによって、あなたは彼に、すべてが秩序だったこと、脅威がないこと、そしてあなたが彼に何か悪いことをすることはないことを知らせるでしょう。

    早い時期から猫用ハーネスのトレーニングを開始することをお勧めします。子猫はすぐに「ハーネス」のようなものに慣れることができるようになります。しかし、大人の猫にひもの上を歩くように教えることは可能です。このプロセスにはもう少し時間と忍耐が必要です。

    猫のひも - 自由の制限の象徴。路上で初めてあなたはあなたの猫のために行かなければなりません。あなたが自分で主張し、正しい方向にペットを引っ張ると、それは隣接し始め、そしてそれは地面に落ちます。無理矢理あなたは何も達成しないでしょう。

    最初の散歩には、猫がゆっくり調節できる静かな静かな場所を選ぶのが良いでしょう。将来、あなたが猫を歩いているのはあなたではないが、彼はあなたであるという印象を持っていても、そのような散歩は両方に喜びをもたらすでしょう。

    誰が禁忌を歩く

    ひもを付けているにもかかわらず、ペットと一緒に歩くことは必ずしも適切ではありません。 ケースを検討する歩くときは棄権することをお勧めします。

    子猫が生後5ヶ月未満の場合、あなたはまだそれを歩くことができません。予防接種は少し後で感染症に対する必要な保護を形成します。動物がより年上であるが予防接種を受けていない場合、歩くこともまた深刻な迷惑になりかねない。

  • 長期の病気や手術を受けた猫は元通りになる必要があります。彼女と一緒に、歩くことも延期することをお勧めします。
  • 神経質で恐ろしい猫では、たとえひもをつけていても、散歩をしない方がいいのです。ストレスは免疫システムを弱め、心臓病を引き起こします。そのような猫が窓辺を歩いてみましょう。
  • 外に出たことがない古い猫があなたの家に住んでいるなら、それをするように彼に教える価値はほとんどありません。この場合、健康が悪くなる可能性があります。
  • 猫用ハーネスは何ですか

    通常はキットで販売されているひも付きのハーネス。ハーネスは2つの首輪から成り、そのうちの1つは動物の首に、もう1つは胃の上に取り付けられています。 Выбирать шлейку необходимо строго по параметрам вашего питомца, она не должна быть большой либо маленькой.

    Поводок крепится к колечку на шлейке, которое расположено возле шейки кошки. Шея у животных очень тонкая и нежная потому следует быть внимательным, чтобы не травмировать любимца.

    В среднем поводок бывает длинной до 2,5 метра. Есть поводки для кошек, длина которых достигает четырёх метров. あなたは自分で簡単にできる 長さを調整する ペットの行動やあなたの個人的な好みによって異なります。この小物がルーレットにコンパクトに巻かれているならとても便利です。

    そのような付属品は本物または人工皮革と同様に防水シートまたは他の緻密な織物から作られます。製造業者はあらゆる好みのために猫のための鉛そしてshleekの色を提供する。製品もすることができます ラインストーンで飾られた、ステッカー、ストライプやその他の装飾品。

    猫用の美しいオリジナルのハーネスは所有者によって購入されることが多く、そのペットは展示会に参加しています。ウォーキングオプションはより簡単に購入することができ、それはより安いです。猫の芯を買うときは、また、する必要があります カルビンの種類を考慮に入れる.

    現代の製造業者は、ベストの形で猫用のハーネスを提供しています。そのようなハーネスはひもに取り付けられた留め具を持っています。そのようなベストの主な利点は信頼性です。しかし、夏には、あなたのペットはとても暑くなります。

    あなたの猫が穏やかでおとなしいのなら、彼女は適当かもしれません。 襟ひも。猫用のハーネスを選ぶときは注意が必要です。動物の首を押し下げたり、自由にぶら下げたりしてはいけません。ペットはできるだけ快適に感じるべきです。

    主な利点

    • あなたは動物が逃げることができることを恐れずに自然の中を歩くことができるでしょう。あなたの猫は新鮮な空気の中を散歩して幸せになるだろう、そしてそれは彼女の健康と幸福にも良い効果があるでしょう。
    • あなたはあなたの動物をコントロールするでしょう、そしてそれは例えば木に登るために、届きにくい場所に登ることができないでしょう。
    • あなたはあなたとあなたのペットとの間の距離をそのようなアクセサリーで調整するでしょう。
    • 散歩中のあなたのお気に入りは常に見えるでしょう、そしてあなたは彼が路上で何かを食べない、ゴミ箱に飛び込む、または他の同様に不快な場所にいないことを確認することができます。
    • 散歩の期間はあなたによって決定されます、そしてそれの終わりにあなたは全体の通りや芝生に沿って猫を探して捕まえる必要はありません。
    • あなたがあなたのお気に入りと一緒に展覧会に参加することを計画するならば、あなたはひもなしではできません。
    • ひもは獣医への旅行を大いに促進するでしょう。

    猫用ハーネスの短所

    利点に加えて、このアクセサリーにはいくつかの欠点があります。

    1. 猫はハーネスを見てパニックになったり、自由になったり、興奮したり緊張したりします。自分自身を解放する彼らの衝動で自分自身に害を及ぼすことができます。
    2. ハーネスとひもはしっかりと締め付けなければなりません、さもなければ動物は自由に走れます。
    3. 安い布は裂けるかもしれません。

    猫のための価格方針

    ひも付きハーネスの価格帯は80から600ロシアルーブルの範囲です。 160から追加のデザインのない襟。装飾された襟は270ルーブルがかかります。革の首輪は約400ルーブルより高価であり、革のひもは300です。ルーレット型ひもの最小コストは360ロシアルーブルです。

    Tvins-Uralプロデュース sinteponovogoまたはキャンバス素材。あなたが会社「Demeter」から購入できる完成品。猫のためのしわと皮の生産、そしてブランド "Anima Trade"を専門としています。

    あなたのペットの鎖を教える方法

    ハーネスを選択することは、ジョイントウォークへの道の最初の段階にすぎません。主な障害はあなたのペットです、それはひもに慣れることは非常に困難になります。

    何より良いことに、子猫は新しいものと未知のものに順応し、彼らはすべてをゲームとして認識し、それゆえ彼らはまったく緊張していません。大人の猫を慣れさせることも可能ですが、動物はひもを自由の制限として認識し、これに非常に痛みを伴うことがあるので、これにはもっと多くの時間と努力が必要になります。

    ひもの上を散歩するために猫を訓練することは、家では最高です。まず始めに、ハーネスをペットの休憩場所に置きます。それで、彼はこれらの物と知り合いになることができて、彼らの外見に慣れることができて、彼らはそのにおいで飽和するでしょう。

    数日後、動物にハーネスを装着しようとすることができます。動物が緊張して逃げ出し始めたならば、それは御馳走、おもちゃ、またはただのストロークで気を取られなければなりません。ハーネスを短期間毎日着用してください。それで、動物は痛みを伴わずに慣れることができます。その時になって初めてハーネスにひもをつけることができます。

    あなたの最初のひもを歩いて家の中を走らせましょう。どこにでも猫を引っ張る必要はありません。あなたは忍耐力を持って彼女に与えなければなりません 新しい気持ちに慣れるそして彼女のあちこちについていく。ひもを引くと、猫は床に横になって動かなくなります。

    家を少し歩いた後は、猫と一緒に外出できます。これらの目的のために静かな人けのない場所を選ぶのが良いです。あなたはキャリアやバスケットでそれに猫を配達することができます。到着したら、運搬船を開け、動物が外に出るまで待ちます。猫と一緒に歩くことは犬と一緒に歩くこととは全く異なることを覚えておいてください。猫は自分自身でルートを選ぶでしょう、そしてあなたは辛抱強くそれに従う必要があります。

    猫の襟にはなるペンダントを着用することをお勧めします 情報を含む あなたの居住地と連絡先の詳細について。あなたの動物に何かが起こったら、それを見つけるのはずっと簡単になるでしょう。

    zoo-club-org