動物たち

Tsiprovet - 猫や犬の目の病気に効果的な点眼薬

簡単な説明: この薬の治療成分は、殺菌作用と抗炎症作用を持つ抗生物質シプロフロキサシンです。それはクラミジア、マイコプラズマ、黄色ブドウ球菌、緑膿菌、およびゲンタマイシンおよびメチシリン非感受性株を含む他の多くの細菌の死を引き起こす。 Ciprovet獣医師は、眼の様々な感染性および炎症性疾患の治療のために動物を処方します:敗血症性虹彩環炎、角膜潰瘍、角膜炎、眼瞼炎、結膜炎(急性および慢性)、角結膜炎。この抗生物質はまた、眼の付属肢の炎症を治療するためにも使用されます。それは怪我や眼の組織内の異物の侵入によって引き起こされる感染性合併症を防ぐために動物に処方されています。 Tsiprovetはまた目の区域の操作を行う前に動物に規定されています。

誰のために: 猫、犬に割り当てられています。

休暇フォーム: 滴は無色の溶液です。それらは10または5mlのプラスチックかガラスビンで包装されて発行されます。

投与量: この治療薬は、1〜2週間、1日4回(重度の病気の場合は6回)、患部の眼に注入する必要があります。治療期間は炎症過程の重症度によって異なります。体重10kgまでの犬と猫には1日4回、1回に4滴を服用します。 3〜4滴の薬を点眼した後、大量の病理学的滲出液(膿または粘液)が動物の眼から排泄された場合は、すべての病理学的排泄物および外皮を除去するためにガーゼパッドを使用する必要があります。その後、1〜2滴のこの抗生物質を動物の目の結膜腔に注入しなければなりません。

制限事項 この治療法は、7日未満の子犬や子猫の中に埋められるべきではありません。薬物Tsiprovetの使用に対する禁忌もまた、フルオロキノロンに対するネコまたはイヌの感受性の増大である。薬物の副作用は、抗生物質の点滴注入直後の動物の灼熱感の出現です。この症状は6分以内に自然に消えます。

薬の説明

Ciprovetは様々な性質の猫の目の治療に使われています。

Tsiprovetの組成物は、抗生物質シプロフロキサシン(0.45%)および追加の成分の水溶液を含む。 薬は病原菌に複雑な影響を与えます。:黄色ブドウ球菌、マイクロプラズマ、ピオニックスティック、クラミジア。シプロフロキサシンによるDNA構造の急速な破壊は微生物の死を引き起こす。薬物のさらなる利点は、再発を回避することを可能にする安定した治療効果である。

薬はガラスまたは柔らかいプラスチックボトルに包装された無色の透明な溶液の形で入手できます。ペットボトルの中の薬の値段は約130ルーブルです。 Tsiprovetは処方箋なしで獣医薬局または診療所で購入することができます。使用する前に、獣医師に相談することをお勧めします。

使用のためのお勧めTsiproveta

シトロートは、さまざまな性質の眼疾患に対して処方されています。それは治療上および予防目的で有効です:

  • 急性および慢性結膜炎
  • 角膜炎
  • 角膜潰瘍
  • 眼瞼炎
  • 目の感染
  • 敗血症性虹彩環炎、
  • 炎症性疾患

異物が目に入った場合、Tsiprovitは角膜またはまぶたの損傷で目の傷害を治療するために使用することができます。眼の外科手術から回復するためだけでなく、合併症の予防のための術前期間中に回復するために使用されます。

他の薬が望みどおりの効果を発揮しない場合には、Tsiprovetが指定します。

使用説明書:薬の使い方

Ciprovet - 治療目的および予防目的に有効です。

ペットボトルに入ったシプロベットには、点滴注入に適した便利な内蔵ディスペンサーが装備されています。手術中は、角膜やまぶたのガラス瓶の端に触れないでください。ゴム栓で密封されたガラス瓶の中で薬を扱うには、ピペットが必要になります。

標準的な治療コースは1〜2週間続き、1日4回の投薬が必要です。薬は1滴痛い目に埋め込まれています。水滴が流れ出ないようにするには、動物の頭を両手で固定して持ち上げる必要があります。多量の化膿性の排泄物がある場合は、患部の目に3〜4滴落として少し待ってから、きれいに湿らせた綿棒で柔らかくした外皮、膿などの汚染物質を取り除きます。その後、もう1滴のTsiprovetを浄化された眼の中に放出する必要があります。

サイクルが終了したら、休憩を取ることをお勧めします。 回復しない場合は、治療を繰り返すことができます。 個々のケースでは、獣医師は病気の写真にふさわしい他の勧告をすることができます。指定コースを中断することはお勧めできません。

禁忌と副作用

目に強い、重度の発赤がある場合は、治療を中止することをお勧めします。

Ciprovetは普遍的に安全な薬と考えられています。妊娠中や授乳中の猫、および7日齢に達した子猫に使用できます。禁忌は個々のアレルギー反応かもしれませんが、それは非常にまれです。この薬は脳循環に違反して使用することはできません、それは新生児の子猫にはお勧めできません。

副作用が指摘したように:

  • 引き裂かれた
  • 灼熱感
  • 発赤。

動物は点眼後数分間不快な感覚を経験するかもしれません、そしてそれらは通り過ぎます。 かゆみが激しくなるにつれて激しい刺激が見られる場合は、コースを中止することをお勧めします。 そして医者に相談しなさい。

目に数種類の薬が処方されている場合は、5〜10分間隔で点眼してください。

保管条件

Tsiprovetの賞味期限は、ボトルに記載されている製造日から2年間です。使用後は必ずボトルをしっかり閉めてください。食物から離れた暗い場所に薬を保管することをお勧めします。冷蔵庫の一番下の棚に保管できます。使用する前に、ボトルを冷蔵庫から取り出し、手のひらを温めてから点滴に進む必要があります。

Tsiprovet dropsのクチコミ情報

Tsiprovetを使用した猫の飼い主は、正のフィードバックのみを残す

ポリーナ 私は白猫を飼っていますが、残念ながら、目からの化膿性の排泄がよくあります。時々赤みを帯びた涙の溝が髪に見えます。獣医は様々な薬を処方したが、助けたのはTsiprovetだった。確かに、猫は、点眼後、どうやら苦しまなければなりませんでした、彼は不快感を経験しました。彼女は1つのコースを走った、そして彼女の目は引き裂くのをやめた!ただ魔法、今獣は大丈夫です。獣医師は私たちの問題を「あいまいな性質の感染」として識別していましたが、再発の場合は私は瓶を保管しますが、それが必要になるまでは続けます。

エレナ 私の猫は怪我の後Tsiprovetを処方されました。ダーチャで、猫は瞼を怪我をし、けがをしました。目は大きくなり始めました。医者は目薬を水滴と綿棒で洗ってから別の一滴を加えるように勧めた。彼はおそらくけがをしたが、猫は苦しんだ。 3日の処置の後に効果が感じられ、7日後に炎症が過ぎた。しかし、治療を中止してから1週間後には、目が再び炎症を起こし、コースを繰り返す必要がありました。手順は簡単ではない、猫はあらゆる方法で穴を掘るのを避けたが、滴は本当に彼を助けた。大きなプラスは、低価格で、スクリューキャップ付きの便利なソフトボトルです。数回ボトルを落としましたが、何もこぼれませんでした。私は皆に落下するように勧めます、彼らは間違いなく害を及ぼさないでしょう。

アーニャ Ciprovet私はコテージで拾った子猫を扱いました。彼の目は絶えず苛立ち、ペットショップから他のいくつかの滴を試してみました、助けにはならなかった。必死で、Tsiprovetを買いました。そして彼は助けた!すぐにではなく、彼の目はきれいにされ、まぶたの赤みは消え、子猫はいつも彼の顔を擦るのをやめ、明らかに気分が良くなり始めた。一ヵ月後、片方の目が再び激しくなりました、しかし我々はすでに進む方法を知っていました。 Tsiprovetは再び救助しました、今猫は完璧な状態です。しかし、万が一応急処置キットの値下げを続けたとしても、有効期限はまだ出ていません。

Ciprovetのリリースフォームと基本特性

液滴の形で生成された溶液は透明な液体です。それはガラス容器かポリエチレン5および10のmlで作り出すことができます。その有効成分はシプロフロキサシン、抗生物質です。

Tsiprovetドロップの作用は殺菌効果と抗炎症効果を提供することです。実際には、薬の作用のスペクトルは広範囲です。 この物質は、粘膜で増殖するさまざまな細菌と戦うことができます。:

  • マイコプラズマ
  • クラミジア
  • 緑膿菌、
  • ひずみ
  • 黄色ブドウ球菌。

溶液はバクテリアの特別な酵素をブロックし、それによってそれらの更なる繁殖を防ぎます。

Tsiprovetは様々な炎症や眼疾患の治療のために獣医師によって飼い猫に処方されています。:

  • 結膜炎、
  • 眼瞼炎
  • 角膜炎、
  • 角膜潰瘍
  • 他の急性および慢性疾患

抗生物質は、眼の付属肢の炎症を緩和するのに適しています。物質Tsiprovetは、目の組織への異物の不成功の浸透の後に、さまざまな傷害の背景に対して発展することができる目の上の感染性合併症の予防策として使用されます。動物の目での手術に備えるために、Tsiprovetドロップも処方されています。

投与と投与

猫を治療するプロセスがはるかに容易になることのおかげで、薬の使用のための指示が各物質に追加されました。 炎症や眼疾患がある場合は、これらのヒントと推奨事項に従う必要があります。:

  • 病気の目では、猫は一日4回Tsiprovetの一滴を埋める必要があります。病気が重症または急性の形をしている場合は、その時の適用数は6まで増やすことができます。治療は1〜2週間行われます。期間は病気や炎症の重症度によって決定されます。
  • どんな体重の猫でも、罹患した眼の中に一滴で埋まります。唯一の例外は、体重が10 kgを超える大規模な個人です。彼らは2滴の薬を滴下する必要があります。
  • 猫の目が非常に煩わしくてたくさんの粘液を分泌している場合は、3〜4滴の薬をそこに滴下してから、すべての分泌物をガーゼパッドで取り除き、さらに2滴の抗生物質をきれいな目に入れます。
  • ペットボトルに入った猫用の目薬Tsiprovetには、点滴に便利なディスペンサーが付いています。ガラスバイアルから薬を使用するときは、ピペットの存在に注意しなければなりません。
  • 猫の目に点眼するときは、最大限の注意を払い、まぶたや角膜にピペットやディスペンサーで触れないようにすることが非常に重要です。
  • 薬が目に漏れるのを防ぐために、それをわずかに持ち上げて、あなたの手で動物の頭を固定することが必要です。

ソリューションの禁忌

滴のCiprovetは主に局所暴露のために猫に使用されます。つまり、この物質は体内、血液、リンパ液に浸透せず、目の構造のレベルでのみ作用します。したがって、錠剤とは異なり、薬はほとんど使用上の制限はありません。

Tsiprovet滴は、フルオロキノール抗生物質に過敏な猫には適していません。薬物の成分の一つに対するアレルギー反応の出現もあり得る。点眼薬は1週齢未満の新生児子猫の眼疾患の治療には適していません。同じルールが子犬にも適用されます。

Ciprovetを使用した直後に、猫の行動が変わる可能性があります。通常、動物は最初に灼熱感を感じるので、彼らは自分の足で負傷した目をこすり始めるか、または他の異常な行動を実行し始めます。通常、これらの不快な感覚は涙の増加も伴い、点眼後6〜7分で自然に消えます。これが起こらないならば、食塩水で猫の目を洗い、獣医師に助けを求める必要があります。

活性物質であるTsiprovetはその性質を失いそして無効になるので、他の外用剤を使用しないことが治療の過程において重要である。

あなたはまたタブレットの形で猫Tsiproletを与えることができます。この場合、薬は消化器系、泌尿器系、肝臓の炎症、胆嚢、および肺の感染症を排除するなど、より幅広い機能を果たします。しかし、この場合、獣医師は、過失または誤って抗生物質を服用すると動物の生命に脅威をもたらす可能性があるため、Ciprovet錠による治療を処方する必要があります。

組成と薬理学的性質

活性物質としての薬物はシプロフロキサシン塩酸塩を0.45%含有する。

この薬剤は殺菌性および抗炎症性を持ち、広範囲の抗菌作用を持ち、クラミジア、マイコプラズマ、黄色ブドウ球菌およびシュードモナスバチルスを含むほとんどのグラム陽性およびグラム陰性微生物、ならびにメチシリンおよびゲンタマイシン耐性株に対して非常に効果的である。

局所投与すると、シプロフロキサシンは、特に角膜上皮層が乱されたときに、角膜および前眼房によく浸透する。

使用のための徴候。

急性および慢性結膜炎、角結膜炎、角膜炎、角膜潰瘍、敗血症性虹彩炎、眼瞼炎における治療目的のため。怪我や異物後の眼の感染症を予防するために、術前および術後の眼科手術において。

投与量および使用順序

動物が回復する前の7〜14日間、1匹の猫に1滴、1〜2滴の犬に1〜2滴、シプロベット点眼薬が罹患した眼の結膜腔に点眼されます。豊富な化膿性または粘液膿性の排泄物がある場合は、3〜4滴の製剤を滴下した後、すべての排泄物および外皮をガーゼパッドで慎重に取り除きます。その後、1〜2滴の薬を注入して治療します。

副作用

指示に従って薬を使用すると、副作用や合併症は観察されません。まれに、この薬は結膜の軽度の痛みや充血、かゆみ、涙目を引き起こすことがありますが、これは5分後に消えます。

5〜25℃の温度で、食べ物や飼料とは別に、子供や動物に近づきにくい、光や湿気から保護された場所に製剤を保管してください。賞味期限 - 製造日から3年間、ボトルを開けた後 - 30日間。

点眼薬の分類

犬用の点眼薬は、作用原理に従って次のグループに分類されます。

  • しっとり
  • 抗アレルギー薬、
  • 抗菌性
  • 抗ウイルス剤、
  • 抗真菌剤、
  • 抗炎症作用があります。

緑内障や白内障を治療する点眼薬もあります。

犬用の目薬を選ぶには、2つの基本的な規則に従う必要があります。

  1. 獣医学で使用されている薬だけを入手して使用してください。この疾患の同様の徴候や症状にもかかわらず、人間を対象としたすべての眼科用具が犬に適しているわけではありません。
  2. 特に深刻な眼科的問題の疑いがある場合、それらは獣医師によって処方されるべきです。それは友人の推薦または売り手の助言に基づくべきではありません。これらの場合のほとんどで、複雑な治療が必要とされて、医者だけが点眼薬と同時に目の病気で犬に与えるべき薬を知ることができます。

重要です!点滴用に特別な瓶に詰められ、犬の適切な画像が入ったパッケージを持っている薬が必ずしも眼科用であるとは限りません。これは動物の目の周りの領域のための通常の衛生ケア製品かもしれません。

犬用の目薬の種類

犬のための最も一般的な点眼薬に関する一般的な情報は、危機的状況での選択と間違われないように、各犬のブリーダーに必要です。これらの薬はバー、アナンディン、Tsiprovetそして人間のTobrexさえ含みます。

最も一般的で普遍的な動物用眼科製剤の1つは、犬用のLeopard点眼薬です。この併用剤は、顕著な抗菌効果を有し、そして眼の感染性損傷の傾向の存在下での使用が最も要求されている。

薬の主な有効成分は次のとおりです。

  • クロラムフェニコール(抗菌物質)
  • フラツシリン(防腐剤)。

この二重の抗菌効果は、犬の最も一般的な眼疾患を迅速に排除するのに役立ちます。

  • 結膜炎
  • 眼瞼炎
  • 角膜炎など

滴の大きな利点は、高効率で最も手頃な価格です。 10mlのボトルの費用は80から100ルーブルの間で異なります。さらに、「バー」は化膿性分泌物と、毎日の目の洗浄および外傷性の場合の消毒に使用できる優れた予防薬を持つ犬に最適な点眼薬です。

目の部分の治療(分泌物、地殻、汚れの除去)には、薬で湿らせた包帯を1〜2滴で目に埋めます。この手順は1日4回行われます。最長コース期間は2週間です。あなたは7日の休憩の後に繰り返すことができます。

犬のための点眼薬「ヒョウ」は、成分に対するアレルギー反応を除いて、禁忌のない絶対に安全な治療法です。かゆみ、強膜の発赤、裂傷などの症状が現れた場合、薬物は中止され、抗ヒスタミン薬が処方されます。

犬用の「アナンジン」 - 免疫調節作用を有する点眼薬。主な有効成分(アナンジン):

  • それは抗炎症作用と治癒作用を持っています、
  • インターフェロンの生産を活性化します。
  • リンパ球機能を改善します。

この薬は免疫系を活性化し、それ自身の体の防御力を高め、ウィルス、バクテリア、真菌に複雑な影響を与えます。点眼薬は危険性が低く、刺激性、毒性、感作性はありません。 5 mlの60ルーブル以内と10 mlの100ルーブル以内 - "アナンディン"の価格でドロップ "バー"のコストに対応しています。

その成分に対する個々の不耐性を持っていない犬の結膜炎の複雑な治療に使用することをお勧めします。禁忌や副作用がなく、すべての医薬品や食品添加物と互換性があります。

医薬組成物は1日2回各眼に2滴点眼した。治療の経過は症状が消えるまで続けられますが、2週間以内です。この期間中、犬の拘留や食事の条件を変える必要はありません。アレルギー性の刺激の場合には、「Anandin」は取り消され、抗ヒスタミン薬が使用されます。

“ Tsiprovet” - 抗生物質シプロフロキサシンをベースにした抗微生物作用と抗炎症作用を持った点眼薬です。この薬はほとんどの種類のバクテリアに対して活性があり、犬のあらゆる感​​染性および炎症性眼疾患の治療に使用されます。

  • 脈絡膜の炎症、
  • 角膜の潰瘍性病変
  • 眼瞼炎
  • 角膜炎、
  • 結膜炎。

また、「チプロブット」は、傷害や異物の侵入があった場合の目の感染を防ぐための予防薬としても有効です。

より集中した構成のために、犬「Tsiprovet」のための点眼薬の価格はその同等物のそれよりわずかに高いです。しかし、この薬は広範囲の消費者にとって手頃な価格です - その費用は10mlで150〜200ルーブルです。

2週間以内の病気の重症度に応じて、薬は1日に4〜6回点滴されます。投与量は犬の体重によって異なります。

  • 最大10 kg - 1ドロップ
  • 10キロ以上 - 2滴。

大量の分泌物がある場合は、最初に4〜5滴を(動物の体重に関係なく)点眼し、次に目の部分を一枚の包帯で拭いてから、必要量の薬を投与します。

7日齢までの新生児子犬およびフルオロキノロン不耐性のすべての犬に禁忌の「Tsiprovet」をドロップします。場合によっては、目を滴下した直後に灼熱感が現れることがありますが、数分後に自然に消えます。

「Tobreks」をドロップ - 人間の眼の感染症の治療のための抗菌性の眼科用薬。この薬は犬の目を埋めることができる数少ない薬の1つです。点眼薬「Tobreks」は犬を対象としていないという事実にもかかわらず、それらはアレルギー反応を引き起こさず、多くの種類の細菌性病変から動物を効果的に軽減することができます。

ほとんどの場合、 "Tobreks"は治療のために犬に割り当てられます、

  • 結膜炎
  • 角結膜炎
  • 眼瞼炎
  • 角膜炎など

「Tobreks」の主な有効成分は抗生物質のトブラマイシンで、腸球菌、クラミジア、嫌気性細菌を除く多数の病原体に対して有効です。

点眼薬は非常に効果的で、低アレルギー性で、絶対に安全ですが、値段が高いのが特徴です。それらの費用は5mlの平均175ルーブルで、これは“ Tsiprovet”の2倍、“ Bars”または“ Anandin”の3倍です。

薬を点滴する必要があります。

  • 最大10日間、4時間ごとに1滴
  • 急性損傷の場合 - 初日に1時間間隔で点眼が行われます。

禁忌は個人の不耐性トラマイシンのみです。灼熱感、発赤、まぶたの腫れ、流涙に伴って​​副作用が発生することがあります。そのような場合は、その薬の使用を中止してください。これらの症状は自然に起こります。

獣医師のすすめ

犬の目の状態は、特に感染性または他の眼の病気に向かう傾向がある場合、常に監視され、世話をされ、予防的な治療を受けなければなりません。治療的または衛生的な手順を実行するときは、いくつかの推奨事項に従う必要があります。

  1. 健康な犬は薬用調剤ではなく、薬草注入(カレンデュラとカモミールが最も効果的です)または純粋なお湯で目で洗うことができます。
  2. 点眼薬は冷蔵庫に保管されており、点眼する前に手で温めておく必要があります。
  3. それは粘膜を強く乾燥させるので、犬の目を洗うために茶醸造を使用することは不可能です。

重要です!大量の分泌物、発赤、またはその他の目の損傷の症状がある場合は、直ちに獣医にペットを見せるべきです。目の病気はしばしば人間に伝染するので、危険は犬だけでなく飼い主も脅かすことができます。

犬の目を埋める方法

犬が落ち着いてリラックスしているときには、点眼の手順を実行する必要があります。動物が不安を示したら、あなたは最初に話すか、打つか、または他の通常の方法でそれをなだめる必要があります。

それから、小さな犬が膝の上に連れて行かれ、背後に座っていました。そして大きな犬が薬の光景に怯えないように、後ろに座って床に座っていました。その後、以下のスキームに従って操作が行われる。

  • 目と目の部分は、温かいお湯や薬に浸した包帯で、蓄積された分泌物や汚れを取り除きます。
  • 片手で、まぶたを押し下げながら、底を少し引き下げます。
  • セカンドハンドのバイアルから、必要な数の液滴を結膜腔に放します。
  • 彼らは薬がまぶたの上に落ちたかどうか、そして過去に流れていないかどうかをチェックし、必要ならば、手順を繰り返します。
  • 不快感がある場合は、犬に目を傷つけたり頭を振ったりしないように、数分間犬を飼ってください。
  • 2番目の目も同様に処理します。

重要です!犬が同時に2つの薬で治療を処方されている場合、それらは少なくとも20分間隔で点眼する必要があります。ほとんどの場合、異なる作用で点眼薬を塗ると、互いの効果が低下する可能性があります。

重篤な合併症の発症を予防しながら、治療を適時に開始し開始するためには、常に犬の目の状態を監視する必要があります。眼科薬がたくさんあります。したがって、異物による不快感の予防、治療または排除のために、犬用のどの点眼薬を家庭で使用できるかを知ることが重要です。多くの場合、それは犬の視力を保存し、健康を維持し、さらには生命を維持することができます。

zoo-club-org