動物たち

猫用点眼薬

Loading...

この記事では、猫の眼疾患の原因について説明します。炎症の治療のためにどんな点眼薬が存在するかをリストします。薬の費用、病気の治療と予防のための組成と使用方法を検討してください。

炎症を伴う猫のための点眼薬のレビュー

猫の点眼薬は眼科タイプの病気の治療と予防に使われます。液滴の有効成分は、眼球の患部にのみ影響を与えます。

この種の治療法を使用するための前提条件は次のとおりです。

眼科疾患の治療のための点眼薬の種類は、個別に調べたときにペットの獣医師によって処方されます。

滴の方向は次のとおりです。

  • 防腐剤
  • 抗ヒスタミン薬
  • 予防的
  • 代謝
  • 治療的および予防的
  • 保湿
点眼薬は猫の目の腫れや炎症を防ぐ作用があります

水滴は浮腫、炎症、細菌、消毒に対して作用します。このタイプの薬は暴露時間が早く、幅広い用途があります。

目の病気を自己診断すると、猫の合併症の危険性が高まります。失明から死亡まで。そのため、獣医師に相談する必要があります。

方向:局所抗菌薬。有効成分はゲンタマイシンです。

作用原理:ウイルス、原生動物、嫌気性細菌を除く細菌の排除。

予約の目安:

  • 急性および慢性結膜炎
  • 角膜炎
  • 角膜の潰瘍形成とびらん
  • Meymbiith
  • 眼瞼炎
  • ぶどう膜炎
アイリス

投与量と投与:

  • 病気の治療のために、薬は1日に4回結膜の下に埋められます。治療期間 七十 日々
  • 予防策として1日4回 日々

一眼一滴の治療と予防のための薬の投与量。適切に使用しても悪影響は検出されませんでした。

使用することに対する禁忌:薬物の成分に対する個々の不耐性。

薬の状態と貯蔵寿命:滴は食物から離して密封されたパッケージに入れて保管され、子供が薬に近づくのを制限し、室温で直射日光が部屋に入らないようにしてください。

薬の賞味期限は製造日から3年間です。

使用方法:地元使用の抗菌薬。有効成分はクロラムフェニコールとニトロフラールです。

作用の原理:細菌、主要なウイルス、微生物の破壊。

ヒョウ

使用のための徴候:

  • 急性および慢性結膜炎の予防と治療
  • 眼の損傷による感染の予防

投与量と投与:

  • 化膿性分泌物のために薬に浸した滅菌包帯で目の周りの部分を治療します。
  • 結膜に点滴薬。
  • 予防策のために処理手順を実行します。 一日一回.
  • 治療のために、全手順を1日に2回繰り返す。使用期間 - 1〜2週間.

用法用量:各目に1〜2滴。

適切に使用しても悪影響は検出されませんでした。使用することに対する禁忌 - 薬物に対する過敏症。

条件と貯蔵寿命:乾燥した、暗所に室温で保存する。賞味期限は12ヶ月です。開封後、ボトルは4週間以内の期間冷蔵庫に保管されます。

方向:抗菌および抗炎症作用活性物質はシプロフロキサシンです。

作用の原理:感染した細菌の破壊、炎症の除去。

使用上の兆候:眼科疾患の治療、術前および術後の予防策。

Tsiprovet

投与量と投与:

  • 治療の 行動1日4回、結膜に薬を埋めます。治療期間は7〜14日です。
  • 予防的 行動薬の助けを借りて、滴の各使用の前に、蓄積した膿を柔らかくし、きれいなガーゼでこする。それから各目に薬を滴下します。

病気の初期段階では、投与量は急性形 - 1滴あたり1滴です。

副作用:引き裂きの増加、灼熱感、タンパク質充血。使用することに対する禁忌 - コンポーネントに対する個々の不寛容。

条件と貯蔵寿命:製品は、密閉された瓶の中、乾燥した暗い場所、子供のいるところ、冷蔵庫の中、または室温で保存する。有効期限製造日から2年間。

点滴は安全で、妊娠中および授乳中の猫、および生後2ヶ月以上の子猫に割り当てられます。

方向:抗炎症作用と創傷治癒作用。活性物質はグルカモプロピルカルバクリドンです。

作用原理:薬は炎症過程を減らし、組織再生を促進します。使用法:結膜炎と鼻炎の複雑な治療法。

投与量と投与:1日2回、薬は2滴で下眼瞼の下に点眼されます。 2週間までの治療期間。

アナンディン

薬物の適切な使用による副作用は確認されていません。使用することに対する禁忌 - 薬物に対する過敏症。

条件と貯蔵寿命:小滴は子供から離れて、室温で乾いた暗い部屋の中で、密閉された瓶の中に保存されます。賞味期限 - 製造日から2年間。

レボミセチン

方向:抗生物質、抗菌効果。有効成分はクロラムフェニコールです。

作用原理:病原体の排除。

使用のための徴候:

  • 急性および慢性結膜炎
  • 化膿性、濾胞性、カタル性結膜炎、
  • 眼瞼炎
  • 角膜炎
  • 術後の活動
  • 負傷した目のけが。
レボミセチン

投与量と投与:

  • 透明な化石の目
  • 1日3回 結膜に適用する
  • 治療は続きます 5〜7日.

投与量は一眼一滴です。

  • 灼熱感
  • 赤目タンパク質

使用に対する禁忌 - 成分に対する個人の不耐性、慢性

条件と貯蔵寿命:薬は8 - 15度の温度で乾燥した、暗い場所に含まれています。開封後の未開封包装の保存期間は製造日から1年間です - 30日。

ダイヤモンドの目

方向:抗炎症作用。活性物質:タウリンとクロルヘキシジン。

作用原理:バクテリア - 病原体の中和による炎症過程の除去。

ダイヤモンドの目

使用のための徴候:

  • 毎日の目の衛生、
  • 引き裂かれた増加、
  • 目の臓器の炎症
  • 眼タンパク質充血
  • 急性および慢性結膜炎の治療と予防

投与量と投与:

退院から目の領域をクリアした後、結膜に薬を埋めるために一日二から三回。投与量 - 一度に1眼あたり1滴。

使用説明書の実行中の副作用は見つかりませんでした。予約への禁忌 - 薬物の成分に対する個々の過敏性。

条件と貯蔵寿命:薬は、子供のいるところから離れた、製造元の瓶の中の乾燥した暗い部屋に、室温で保管されます。賞味期限は製造日から2年間です。

獣医師によって診断された眼科疾患の適切な治療は猫の健康を改善し、寿命を延ばし、そして健康上の転帰を改善するでしょう。猫の飼い主の世話と意識 - 治療の質への鍵

猫の目の病気を症状で認識する方法

猫の目はそれぞれ非常に困難に配置されており、さまざまな問題が発生する可能性があります。しかしながら、ほとんどの動物では、視覚器官の病理学はごくわずかであり、それは症状に従って区別することができる。

  1. 発赤と流涙はさまざまな理由で起こり、ほとんどの場合は炎症を示します。ほとんどの場合、この症状は、結膜炎、ウイルス性病変(例えば、鼻気管炎)、角膜炎(その表面に出てくる小さな血管のために炎症を起こしている)、および機械的損傷についての合図です。
  2. 目からの膿の排出は、そこに病原性微生物叢が入っていることを示しています。それはいくつかの方法で粘膜を貫通することができます:例えば、免疫システムの弱体化などによる他の病気の付随症状として、2匹の猫の間の怪我のため。
  3. 青みがかったまたは鈍い白色のフィルムの外観は、怪我または感染の巣によって引き起こされる炎症を示しています。白内障は、キャットヘッドの目の牛のもう一つの原因になることができます。
  4. 水晶体または角膜の光沢の喪失は、身体の一般的な中毒および深刻な眼の疾患、特に緑内障および視神経萎縮の両方に関連し得る。
  5. 猫のアレルギーは通常、まぶたの腫れとして現れます。
  6. 注意深いホストは、過度の引き裂きなどの症状を真剣に受け止めるべきです。ほとんどの場合、これは病理学も示しています。
  7. 猫の視覚器官にとって非常に危険なのは、特に鋭利なものや出血を伴う機械的損傷です。この場合、ペットを直ちに獣医に連れて行くのが最善です。

一般的に、これらすべての問題について、あなたは動物を獣医に見せる必要があり、そして健康上の問題の原因を見つけた後にだけ、猫のために特に点眼薬を使用して治療のコースを始めます。

薬の変種とその目的

現代の薬理学および獣医学は、未経験者が容易に混乱する可能性があるもののリストの中に膨大な数の様々な薬を提供している。最もよく知られている猫の目薬のリストを持って来ることはこの問題を整理するのに少なくとも少し役立つはずです。

1)クロルヘキシジンベースのDiamond Eyesは効果的に細菌を除去し、ウイルス性および細菌性の眼感染症の治療中に使用されます。しかし、補助的な微量元素は修復効果があり、粘膜を強化し、そして再生過程を促進します。

このツールを正しく使用するには、次のものが必要です。

  • ガーゼを数滴垂らして、他の分泌物と一緒に顔から膿を拭きます。
  • 毎日、1〜2滴のお金が2〜3回点眼します。
  • 5〜2週間の診断に応じて続けて、治療の過程を中断しないでください。

この用具は猫のためにとりわけ設計されています、従って使用は副作用ではないはずです。ただし、使用前に獣医師に相談し、説明書を必ず読むことをお勧めします。

2)ほぼ同じ特性は、子猫の治療中にも使用することができます穏やかな抗生物質である薬 "Tsiprovet"を持っています。適用の方法は前の用具と同一です、しかしそれはこの薬を1日に3-4回服用することをお勧めします。

とりわけ、“ Tsiprovet”は以下に対して効果的です。

  • 球菌性病原体
  • 緑膿菌
  • 黄色ブドウ球菌、
  • クラミジア
  • 他のすべてのグラム陰性菌。

しかし、他の感染症では、滴剤はそれらの対応物より劣らずにうまく戦うことができます。

3)バーは、フラッツィリナとノボカインをベースにした、あらゆる年齢の猫のための点眼薬です。最初の成分は病原性微生物叢を破壊し、2番目の成分は刺激を減らし痛みを軽減します。これらの点眼薬は結膜炎と角膜炎のために処方されています。このツールは予防策として使用できます。

バーの類似体とは対照的に、子猫は生後1週間という早い時期に投与することができますが、穏やかな処方のため、このツールでの治療は成人に一度に2-3滴を服用する必要があります。子猫が目に薬を滴下しないで、それをタンポンの上に置いて、それをローションとして排他的に適用するという事実に注意を払うことは必要です。

4)怪我の治療では、手術後のリハビリテーション期間中、獣医師は通常「Levomitsetin」を推奨します。これは視覚器官の感染を完全に消毒し予防します。

5)猫の結膜炎も "アイリス"のような滴で治療されます。治療は、病気のあらゆる急性期または慢性期に役立ちます。滴の主な有効成分は硫酸ゲンタマイシンで、腫れを取り除き有害なミクロフローラを破壊します。

もう1つの「アイリス」は次のものからうまく役立ちます。

  • 角膜侵食、
  • 角膜炎、
  • 眼瞼炎
  • ぶどう膜炎

このツールはアナログよりも高価ではなく、どんな獣医薬局でも自由に販売されています。

6)最近病気になった弱体化した生物の免疫力を高めるための追加的な手段は、マキシジンの使用かもしれません。この治療法は、治療中に特に処方されることが多くあります。肉食動物、汎白血球減少症、およびカリシウイルス症のペストです。

猫のための点眼薬の正しい使い方について少し

人にさえ、目に薬を滴下するのはそれほど簡単ではありません。猫の治療中に動物が不快な処置を受けたくない、抜け出すことができるという事実のために準備する必要があります。実行をできるだけ簡単にするために、あなたはこれらのヒントに従う必要があります。

  1. 動物が目に滴り落ちる必要があるときは、飼い主に背を向けて膝の上に植えます。それで、ピペットと薬瓶の種類は、再び動物を悩ませません。
  2. 点眼薬を使用する前に、目の周りを膿や他の分泌物から拭き取ってください。
  3. かさぶたや潰瘍をはがそうとしないでください。銃口が薬で治療された後湿った環境に浸ったので、それらはガーゼで簡単に取り除かれます。
  4. 滴が目に落ちるためには、下まぶたをゆっくりと下に動かさなければなりません。薬と一緒にピペットは反対にあるはずです。
  5. 手技の間、薬がコートに落ちないように気をつけなければなりませんが、アイバッグに入っていることがわかりました。
  6. 滴がターゲットを打つとき、滴は通常目を燃やすので人々は叫びそしてしわを寄せ始めます(人々はまたこの不快な感覚を経験します)。この準備が整い、数分の間ペットを強くしておく必要があります。そうすれば、ツールは最大の力で浸し行動する時間があります。
  7. 不快な処置の後、猫は愛情か何かおいしいもので報われるべきです。

点眼薬の使用は、動物の治療中だけでなく実施することができる。猫の目は、ひとりでに広がる。分泌物中の微生物を防ぐために、それらは薬で湿らせたガーゼで慎重に取り除くことができます。

しかし、獣医師の制裁を受けずに目に何かを滴下しても意味がありません。そうでなければ、あなたのペットに害を及ぼす可能性があります。

膿から子猫のための目薬

ネコの治療の遅れや目の炎症を無視すると、動物の痛み、視覚機能の部分的または完全な喪失につながります。したがって、この臓器に関連する疾患に関する情報を知り、それらを時間内に治療することは非常に重要です。一般に、猫用の点眼薬は、炎症を取り除きペットの視力を回復させるために使用されます。

猫の目薬は何ですか?

ネコ科の家族に固有のさまざまな炎症があります。飼い猫の感覚器の問題は正確には何ですか?

動物が視神経器官の発赤、流涙または化膿性排泄物を有する場合は、最初の医療援助(洗浄および点滴)を行い、獣医師に連絡して病気の原因を特定することが急務です。

獣医師の指示に従うことと適切なケアだけが迅速な回復を促進します。ソース:Flickr(Chad_Estes)

猫の目に滴り落ちる方法

薬の適切な使用は治療において非常に重要な要素です。この場合、プロセスは長く複雑です。猫の目を滴らせるには?

獣医師の指示に従うことと適切なケアだけが迅速な回復を促進します。特別な準備やハーブの煎じ薬による目の毎日の擦り付け、およびぶら下がっている髪を切ることは、ペットの優れた視力を保つことを目的とした措置です。

病気の予防があなたの毛皮のような友人を多くの健康問題から救うことを忘れないでください。

猫用点眼薬

ネコの治療の遅れや目の炎症を無視すると、動物の痛み、視覚機能の部分的または完全な喪失につながります。したがって、この臓器に関連する疾患に関する情報を知り、それらを時間内に治療することは非常に重要です。一般に、猫用の点眼薬は、炎症を取り除きペットの視力を回復させるために使用されます。

猫用点眼薬:主なグループ

家畜用の獣医学で使用される多くの眼科用薬があります。主な有効成分によると、膿から猫に割り当てられている点眼薬は、3つの主なグループに分けることができます。

  • 防腐剤は、
  • 抗生物質が値下がりしました、
  • 免疫調節作用があります。

最初の2つのグループは、細菌叢の開発に使用され、3番目のグループは、抗菌剤の有効性を高めることを含む、ウイルスおよび微生物感染症のための他の薬剤と組み合わせて使用​​することができます。

抗菌ドロップ

  • Tsiprovet Содержит ципрофлоксацин, эффективен против большинства грамположительных и грамотрицательных бактерий, включая хламидии и микоплазмы.他の抗生物質に耐性のある植物の開発に役立ちます。猫の目が太くなれば点眼することができる最も一般的な薬の一つ。
  • アイリス、Dezacid、Dekta-2。主な物質は硫酸ゲンタマイシンです。 Blue Pus Bacillusを含むほとんどのバクテリアに対して効果的です。嫌気性細菌、真菌、ウイルス、原虫から助けにはならない。 Dect-2ドロップは、抗炎症作用と抗アレルギー作用を持つデキサメタゾンから構成されています。
  • ラクリミン無菌。それはクロラムフェニコール、またいくつかの主要なウイルスに影響を与える広域スペクトルの抗生物質に基づいています。

抗菌獣医滴は最も頻繁に目が繁栄している猫を滴下するために推奨されています。手段の最終的な選択は、動物の診断と特性によって異なります。

猫はどのようにして自分の目に垂れますか?

薬の説明書に指定されているスキームに従って、すべての滴を結膜嚢に滴下しなければなりません。使用前に、目のしずくを十分に洗い流して、体液を取り除きます。これにより、薬の効果を高めることができます。

決して自己瞑想しないでください。どんな薬にも副作用があり、その使用には獣医師との事前協議が必要です。

コメントはまだありません!

1猫の目の病気

あなたは多くの兆候によって猫の目の病理学の発達の始まりに気づくことができます。それらを研究して動物を調べるとき、獣医師はどの疾患が炎症プロセスを引き起こしたかについて最初の結論を出します。

  • スポッティングは、猫が遊んでいる、ジャンプしている、速い走っている過程で機械的な傷害を受けていることを示す場合があります。
  • 化膿性粘液の流出は、細菌感染が発生したときに現れます。
  • まぶたの腫れは、ほとんどの場合、新しいタイプの食品、化学薬品および家庭用薬品、および薬に対するアレルギーの結果として発症します。
  • 白または青みがかった色合いの外観は、激しい炎症の結果です。白内障または結膜炎の発症を特定できるのは専門家だけです。
  • 目全体をぼやけさせることは、身体の中毒の可能性の兆候です。この症状は、緑内障、視神経萎縮、角膜炎症に現れ、専門の診療所での治療が必要です。
  • 発赤は猫に炎症の病巣があることを示します。これはウイルス性鼻気管炎の特徴的な症状です。それはクラミジア、血管性角膜炎、マイコプラズマ症のサインです。
  • 永久的な涙の流出は、アレルギー性、ウイルス性、真菌性および細菌性感染症の両方を伴う。液体は、ほこりなどの異物の目に触れた後にたまります。集中的な涙の流れは、子猫または成体動物のワーム感染の症状として現れることがあります。

眼病理学の多様性を考えると、自分で猫のための目の準備を使用することは専門家の任命なしには不可能です。治療は具体的に目標とされるべきです。

薬の使用説明書猫のかゆみを止める

アナンジン点眼剤の活性物質であるグルコカモプロピルカルバクリドンは、免疫調節薬のグループに属します。薬の使用の適応は結膜炎の発症です。

投与量は病状の重症度に応じて決定され、2〜4滴まで変動します。下まぶたのために薬は1日2回埋まっています。最長コース期間は2週間です。

猫のストレスを止める:特性と使用説明書

猫の目薬アイリスは構造式で2つの活性物質を持っています - 硫酸ゲンタマイシンとポリビニルピロリドンはいくつかの追加成分を含みます。以下の病気の治療のための処方薬:

  • ぶどう膜炎
  • 角膜侵食、
  • 慢性および急性結膜炎
  • 角膜炎
  • 大麦、
  • 眼瞼炎

アイリス薬は抗菌効果があり、高い効能を示し、様々な重症度の炎症を解消します。目の周りの外部領域と眼球の両方への機械的損傷の治療を目的とした治療法の複合体に含まれています。

治療手順は、目の部分から蓄積した膿を取り除くことから始まります。これを行うには、柔らかいナプキンに少し準備を置き、慎重に放電の痕跡をすべて削除します。その後、2滴の薬がそれぞれの目に注入されます。この手順は、週に6時間ごとに繰り返されます。禁忌は薬に対する動物の過剰な感受性です。

猫用薬Vacmaの使用方法

4つのTsiprovet

シプロフロキサシンは、薬チプロベットの基本物質であり、抗炎症作用、抗菌作用、殺菌作用をもたらします。猫の目の病気がピオニックスティック、マイコプラズマ、黄色ブドウ球菌、およびクラミジアの活発な発達によって引き起こされるならば、薬は処方されます。 Tsiprovetは、眼の手術のための動物の準備中、そしてリハビリの段階で使用されます。

病気の初期症状を検出するときは、1滴の薬を1日3回投与します。コース期間は7日間です。複雑な場合には、目が太くなり始めると、成猫の線量は2倍になります。 7日以上経過した子猫の場合は、1滴で十分です。

寄生虫はあなたの体に住んでいますか?

体内の寄生虫の出現の症状は以下のとおりです。

  • 頻繁な風邪
  • 減量
  • 鼓腸
  • 疲労と空腹
  • 頭痛だけでなく、特に内臓の様々な痛みやけいれん!

あなたがペットを飼っているなら、あなたは間違いなく危険にさらされています!

これらの症状がある場合は、体をきれいにするだけです。これを行う方法はこちらを読む>>

サイト上のすべての情報は情報提供のみを目的として提供されています。

サイトへのアクティブなリンクを指定せずにサイトから情報を完全または部分的にコピーすることは禁止されています。

猫の様々な眼病の症状

赤い眼球 - 例えば、怪我を伴う出血の結果としての血管の拡大の結果これは、結膜炎、眼瞼炎、角膜炎、虹彩炎などの疾患を示している可能性があります。また、同様の症状が、私たちが使用している特定の物質に対するアレルギーについて私たちに告げています。

目からの様々な分泌物(濁り、血、漿液性、化膿性)。

スポッティング - ほとんどの場合、それは怪我のサインです。ある程度の損傷と治療を処方するのは獣医師だけです。自分で異物を取り出して猫の目の奥深くまで登ろうとしないでください。これはあなたに深刻な損害を与える可能性があります。あなたの動物をプロに信頼しましょう。

化膿性漿液性分泌物 有害な老廃物を分泌する病原性生物の繁殖に関連して現れ、それが分泌物の形成につながります。また、感染症が眼球に浸透したり風邪を引いたりする症状もありますが、大量の分泌物がある場合は症状がすぐにそして痛みを伴わずに消えます。

目の上のフィルムの存在 - それは青みがかったまたは白である場合があります。それゆえ、おそらく、感染の侵入によって起こる炎症が示されています。

重症まぶた浮腫 - アレルギー反応の症状

猫の目にはたくさんの涙と頻繁な引っ掻き傷があります - 一般的な原因は結膜炎などの状態です。この病気は目の内層の結合組織の炎症を引き起こします。細菌感染によって引き起こされます。

痛み、羞明による目の不快感 - これはあなたの猫や子猫が目の周りに激しい痛みと不快感を経験していることを意味します。浸食の同様の感覚、潰瘍を引き起こします。それらは角膜の曇り、目の上の濁ったフィルムの存在によって明らかにされる。これらの疾患は極めて急速に起こり、深刻な合併症または完全な視力喪失を招く可能性があります。

レンズの曇り - 白内障と呼ばれる深刻な病気の始まりについて話しています。この病気の症状はすぐに気づかないかもしれませんが、その後犬や猫は徐々に視力を失います。白内障発症の主な兆候は、瞳孔の色の変化です。

全般的な脱力感と嗜眠、食欲不振 - これらの共通の兆候はまたあなたに警告し、あなたの愛するペットにもっと注意を向けるべきです。

症状はたくさんありますので、獣医師だけが病気の定義とあなたのペットの治療法を決定することができます。

猫のための最も人気のある目薬

「ダイヤモンドの目」 - この薬は殺菌作用、抗炎症作用、抗ヒスタミン作用があります。それは多くの炎症性疾患(結膜炎、角膜炎、虹彩炎、眼瞼炎)、アレルギー性疾患、傷害後に使用されます。薬の適用:最初に、それをよく洗い、目の徹底的な治療を行い、全ての皮を取り除きます。その後、薬は目の外側の角に埋められます。

10 kg未満の体重の犬や猫の場合 - 1日の服用量は1滴、10 kgを超えて2滴です。この薬による治療の経過は14から45日です。この薬の利点:手頃な価格、使いやすさ、中毒性がなく、動物によく耐えられる。

"バー" - これらの点眼薬には、ノボカイン、フラツシリン、レボミセチンが含まれています。それらは殺菌作用および鎮痛作用を有する。それらは眼の傷害の後と同様に多くの眼科疾患を治療するために使用されます。小さい子猫に使用することができます - 2の後、ローションの形で人生の最大10日まで1日3回3滴。点眼は前のものと同じです。 7〜14日の治療期間

"Tsiprovet" - この薬は炎症をよく和らげ、抗菌効果があります。シプロフロキサシンが含まれています。 Ciprovetは猫や犬に急性結膜炎、眼瞼炎、潰瘍、虹彩炎、そして怪我からの感染防止のために処方されています。

7日未満の子猫にこれらの点眼薬を使用しないでください。猫は1日1滴、犬は1匹ずつ埋める必要があります。1日に数回2滴。治療コース714日分泌物がある場合は、点眼後に排出物を除去するために最初に滅菌ガーゼパッドで眼を治療し、次に眼科用製剤を結膜腔に再滴下することをお勧めします。他の薬と組み合わせると5分の間隔でなければなりません。

"アイリス" - 猫用のこれらの点眼薬は、著しい殺菌効果を持ち、多くの細菌に影響を与えますが、ウイルス、原虫、真菌には影響を与えません。急性結膜炎、虹彩環炎、角膜炎に適応します。治療のコースは5です7日これらの点滴は6時間の間隔で1日4回適用されます。

体重が10 kgまでの犬や猫の場合 - 1日当たり1ドロップ、10 kg以上12滴あなたは最初にすべてのガーゼパッドを取り除くことによって放出から目を洗い、それから薬を滴下しなければなりません。予防目的のために、5日間1日2回1滴を適用してください。

"レボマイセチン" - これらの滴は抗生物質を含んでいます。彼らはクロラムフェニコールに敏感な病原体によって引き起こされる病気のために処方されています。感染した創傷があれば、術後合併症の予防に効果的です。これらの滴は適用されます31の投与量で1日4回一週間に2滴。

"アナンディン" - この薬はそれが動物の免疫の生成を刺激し、創傷の急速な治癒を助け、炎症過程を減らし、そしてまたウイルスとバクテリアを殺すという点で優れています。それは他の薬と組み合わせることができます。点滴薬は無毒で、動物によく耐えられます。小さな子猫、犬、妊娠中の猫での使用が許可されています。退院後の眼の治療の後、数滴の薬が朝と夕方に埋葬されます。治療は平均7日間続きます。

私たちは病気の正確な定義と獣医師の任命の後に初めて私たちの猫や犬の治療を始めます。医者だけが目的の薬を正しく選択し、正確な診断をして治療を開始します。自宅で、獣医師のすべての勧告に従ってください、厳密にすべての予定に従ってください、慎重に薬の指示を読んでください、これらの行動はあなたの猫や子猫の迅速な改善につながります。

有効点眼薬の概要

眼科治療および予防的点眼薬のスペクトルは非常に大きいので、診断結果に基づいて獣医師が獣医師によって処方されることが非常に重要です。そうでなければ、結果はゼロになります。自己投薬はペットの状態を悪化させ、深刻な合併症を引き起こします。

目薬は猫のために見直します:

これらの動物用製剤は、動物の治療、予防、美容、衛生的な眼科治療を目的としています。使用する前に、注意事項をよく読んでください。

アイリスは抗菌眼科用獣医学製剤です。複雑で広い範囲の作用を有する。有効成分は硫酸ゲンタマイシンです。さまざまな種類のバクテリア、ウイルス、原虫に対して効果的です。緑膿菌を殺します。細菌性、化膿性結膜炎、ブドウ膜炎、角膜潰瘍、涙嚢炎の治療に割り当てます。 1〜3滴を7〜10日間、1日に4回各眼に滴下します。必要に応じて、治療は10日後に繰り返されます。

点眼薬「バー」 - 普遍的な統合眼科薬。猫は、アレルギー性、ぶどう膜炎、角膜炎、眼瞼炎を含む様々な病因の結膜炎の治療と同様に、洗浄、目の衛生管理のために処方されています。ポリマースポイトボトルで利用できます。フラツシリン、クロラムフェニコールおよび他の補助成分を含みます。

小児治療における角膜炎

点眼剤「バー」は、抗浮腫作用、抗炎症作用、抗菌作用を有する。急性の発症を予防するために使用することができます。慢性の眼の感染症と病気。

シプロフロキサシンをベースとした猫用点眼剤。それは顕著な殺菌、抗炎症効果を持ちます。ブドウ球菌、緑膿菌、クラミジア、マイコプラズマを破壊します。獣医師は、動物の感染性、ウイルス性、細菌性の眼疾患の診断における低下を規定しています:急性、亜急性結膜炎、角結膜炎、眼瞼炎、および敗血症性角膜潰瘍。術後、術前の期間に予防策として適用されます。

フタルモサン

殺菌性抗炎症点眼薬。クロルヒドロキシジンジルグルコネート、コハク酸、カモミールの花エキス、カレンデュラ、眉毛を含みます。茶色、薄茶色の液体です。ポリマースポイトボトルに詰められています。猫、犬のウイルス性および細菌性の病因の急性、慢性眼科疾患の予防および治療、ならびに涙流の増加を伴う衛生的治療に使用されます。

オフトアルモサンは、抗炎症、消毒、殺菌、抗浮腫効果があります。彼らは痛みを伴うけいれん、かゆみ、発赤、刺激、まぶたの腫れを和らげ、網膜や他の眼の組織の代謝過程を促進します。

Medkinos、Anandin、Serko S、C、Opticlia、Beafar、Ayriplusは、猫の予防、目の病気の治療、目の衛生管理に使用されます。積極的な治療のために、ペットのために点眼薬を選ぶとき、獣医師に相談してください。

記事をありがとう、私達はアイリスの低下を使用する

localvet.ruに掲載されている記事は動物病の自己治療のためのガイドラインではありません。

編集者は動物病の治療について獣医クリニックに連絡するように助言します。

猫の目薬は何ですか?

猫にとってビジョンはとても重要です。活動的な動物は毎日自分の目に機械的損傷を与える危険があります。危険な感染が原因で病気が発生する危険があります。わずかな発赤は、視覚器官の損傷やアレルギーだけでなく、深刻な病気の発症の原因にもなります。しかし、時宜を得た正しい治療を実施していれば、この病気は回避できます。さらに、今日の治療のために特別な滴があります。猫のための点眼薬とは何であり、それらがどのような場合に使用されているかについては、この記事から学ぶことができます。

猫の目の病気は何ですか?

ネコ科の眼病は非常に一般的です。適切でタイムリーな治療をしないと、一見したところ重要ではないように見える炎症が、部分的または完全な視力喪失を引き起こす可能性があります。したがって、猫の目が流れている場合は、赤みや腫れが現れ、獣医に行く必要があります。彼は適切な点眼薬を処方します。目の病気を自分で理解することができるのは、不必要ではありません。

猫の眼疾患は以下の症状を伴うことがあることに注意してください。

  1. 目からの血、血の選択。原則として、機械的な怪我に似ています。おそらく、猫はその爪を引っ掻き、ピンやワイヤーにつまずいたのでしょう。 Глубину и область повреждения может определить лишь ветеринар. Поэтому рекомендуется как можно быстрее посетить ветклинику. Иногда, достаточно будет специального заживляющего средства. Но в тяжелых случаях может потребоваться и микрохирургическая операция.
  2. 猫の目からの化膿性および粘液性分泌物は、結膜嚢内の細菌の発達とともに観察される。動物の視臓器への微生物の侵入の理由は数多くあります。弱まった免疫系を伴う伝染性の風邪、眼の機械的損傷。
  3. まぶたの腫れは、薬、化学物質、製品などに対する一般的または局所的なアレルギーの結果として発症する可能性があります。
  4. 目の上のフィルムの存在はかなり一般的な現象です。猫の目の半分が青または白のフィルムで覆われていると、炎症が起こる可能性があります。また、まぶたの膿や腫れがあるかもしれません。視覚器官における傷害およびウイルス感染の結果として同様の像が生じる。炎症を取り除くことが重要です。したがって、猫の目の上のキャッチの治療は、メトロギルまたは特別な猫の滴で目を洗うことによって行われる。しかし、おそらくとげの出現の原因が結膜炎または白内障の発症であることを知っておくことは重要です。角膜曇りもそのような病気の特徴です。したがって、経験豊富な獣医師に連絡することが重要です。
  5. しかし、猫の完全に鈍い目は深刻な病理学の徴候である可能性があります。例えば、身体の中毒、化学中毒、角膜の炎症、視神経萎縮、緑内障などです。危険な結果を避けるためには、直ちに獣医診療所に連絡してください。
  6. 猫が赤い目をしている場合、原因は炎症です。ウイルス性疾患鼻気管炎、結膜炎、機械的損傷の場合には、視覚器官が再硬化します。また、マイコプラズマ症やクラミジアなどの病気の症状である可能性があります。血管角膜炎もまた可能であり、そこでは血管は眼の前眼房の表面上に発生する。
  7. 猫の目の隅に水分がたまることは、病理学の明確な兆候です。激しい引き裂きは病気の発症について語ります。これは結膜炎、アレルギー、そして細菌性、真菌性またはウイルス性感染症です。
関連項目を読む:異物除去後の眼科治療

猫が涙を流すのは他の理由

小さな異物が目に入った可能性もあります。このために猫の目が流れる場合は、モテを取り除くために目を洗い流します。裂け目の増加は、いくつかの種類の猫の特徴です。例えば、スフィンクスとペルシャ人にとって、目からの涙の過剰な放出は標準です。しかし、私たちはバクテリアの発生を避けるためにウールの上に液体がたまるのを許すことはできません。

涙の排出はノミやワームで動物の敗北を知らせることができます。この場合、寄生虫を除去するための対策を講じる必要があります。いずれにせよ、猫が水っぽい目をしているなら - 獣医師だけが何を治療するべきか決めるべきです。ワームタブレットで猫の治療についてはここを読んでください。

キャットアイドロップス

製薬会社は、眼科疾患の治療のために猫用のさまざまな薬を開発しました。点眼薬の広い範囲が利用可能です。飼い主の中には、そのような薬を自分のペットに処方する人もいます。しかし、これはお勧めできません。

診断し、正確な診断をした後、獣医師だけが滴を投与するべきです。

しかし、どんな薬が存在するかを理解するためには、ペットの飼い主はまだやらなければなりません。

猫のために最も一般的に使用される点眼薬は以下のとおりです。

  • ヒョウ角膜炎、化膿性結膜炎およびその他の感染症の治療を目的としています。その成分には、製品にノボカインとフラツシリンが含まれています。最初の成分は鎮痛作用があり、2番目は消毒作用があります。予防目的でこれらの滴を使用することもできます。猫のすべての品種に適しています。
  • ダイヤモンドの目ダイヤモンドの目は抗菌効果があり、炎症に非常によく対処します。ツールの主成分はクロルヘキシジンです。コハク酸とタウリンも含まれています。獣医師は様々な病気の治療のためにこの薬を処方します。ツールは通常、ガーゼから綿棒に適用され、それらを化膿性の排出物とかさぶたを取り除きます。
  • レボマイセチン。薬は抗菌性によって特徴付けられます。結膜炎の治療に十分な効果的な低下。
  • アイリス点眼薬は、急性および慢性の両方で、結膜炎の治療において猫の虹彩に効果的です。それらはまた角膜の浸食、角膜炎、ブドウ膜炎、眼瞼炎を助けます。治療だけでなく予防策としても割り当てる。製剤は、硫酸ゲンタマイシンおよびいくつかの補助成分を含有する。このツールは、顕著な抗炎症作用、抗菌作用を持っています。猫用ドロップスアイリスはどんな獣医薬局でも販売されています。
  • Tsiprovetその組成に強力な抗生物質シプロフロキサシンを含むこの道具。この薬は幅広い作用を持っています。 Ciprovetは黄色ブドウ球菌、クラミジア、緑膿菌のようなバクテリアに対処するのを助けます。効果的かつ球菌感染。この用具は子猫を扱うのに使用することができます。

猫の目薬を埋めるには?

それで、猫の目が水をまきながら - 何をするべきか、どこを向けるべきかは理解できます。獣医師は診断を下し、適切な薬を選びます。しかし、私たちはペットの目の病気の効果的な治療が正しい手段だけではなく、その適切な用途にも依存することを覚えておかなければなりません。

正確にすべての医師の指示と必要な措置に従うために、正確に猫に点眼薬を注入することができることが重要です。原則として、治療は長期間にわたって処方されます。用具が注意深く点滴されれば、このプロシージャはペットにとって不快ではないです。だから、治療法は良くなります。

点眼薬を購入すると、期限切れのオプションを購入しないように、有効期限に注意を払うことを忘れないでください。猫の目に治療薬を埋め込むことは実際にはそれほど難しいことではありません。動物を連れて膝の上に植える必要があります。ペットは飼い主に帰らなければなりません。それで、彼はどんなチューブ、解決策とナプキンも見ないでしょう。だから、それは穏やかに感じるでしょう。

このために普通のお湯を入れてください。ナプキンや綿のパッドは水で濡らさなければならず、動物の目は慎重に扱われるべきです。

目から膿や他の分泌物が取り除かれたら、片方の手で薬のチューブを飲むことが必要です。まぶたを下ろし、ツールを少し下に引き下ろします。しばらくの間、ペットを両手で抱えて、彼女が目を傷つけないようにしてください。結局のところ、炎症から猫のための目薬はいくつかの不快感を引き起こす可能性があります。例えば、かゆみや灼熱感。

したがって、猫の視力に問題が頻繁に発生します。時間内に病気を認識することが重要です。そしてこのためにあなたは絶えず猫の状態を監視する必要があります、そしてあなたが水まき、まぶたの腫れ、そしてこの記事にリストされている他の症状のときは、あなたの獣医に連絡してください。薬物を適切に埋めて医師のすべての勧告に従うことができることも非常に重要です。この場合、治療は有効であり、そしてすぐに回復します。

「アイリス」を落とす

2つの有効成分に基づく眼科用薬:硫酸ゲンタマイシンとポリビニルピロリドン。

それは急性および慢性の結膜炎、角膜炎、角結膜炎、眼瞼炎、虹彩炎(ぶどう膜炎)、涙嚢炎、敗血症性角膜潰瘍、大麦、眼球の外傷性傷害に使用されます。

最初に、患部を3〜4滴の組成物、注意深く集めた膿の蓄積物をきれいな布で洗う。それから1-2滴を掘り下げます。 7日間1日3〜4回繰り返す。

病気の予防のために、5日間1日2回1滴で埋められます。医師の勧告に従うと、動物の体に悪影響は見られなかった。

キャンセルの理由は高レベルの機密性です。

「バー」を落とす

それは眼科用併用薬です:それは抗炎症と抗細菌効果を持っています。抗生物質があります。

その有効成分は、クロラムフェニコール0、25%、フラツシリン0.02%、ノボカイン0.1%です。

  • レボミセチンはウイルス、バクテリアを殺し、フラツシリンは静菌性を持ち、そしてノボカインは麻酔効果をもたらします。
  • バードロップは、結膜炎、眼瞼炎、角膜炎、眼の傷害のために処方されています。

薬の綿パッドを湿らせ、慎重にペットの目から膿を取り除きます。その後、1〜2滴を1日3〜5回滴下します。治療は1〜2週間以内に行われます。

予防策 - 点滴せずに、綿パッドを薬で拭きます。キャンセル - コンポーネントに対する感度が向上しました。

チプレットドロップス

活性物質はシプロフロキサシンの水溶液(0、45%)である。それは強い抗菌、抗炎症効果があります。

適用および適量:週の間に1つの低下4回。膿の排出から目を事前にきれいにします。

年齢がtsiproletの7日未満である子猫は禁忌です。場合によっては、6分間続く短期間の灼熱感が現れることがあります。

「アナンディン」を投下

主な活性物質は#8212、グルカモプロピルカルバクリドン(アナンジン)です。この薬は#8212、免疫調節薬です。鼻炎や結膜炎の治療に使用されます。

感染の重症度に応じて、1日2回、下眼瞼あたり2〜4滴が埋められます。スタンダードコース - 14日以内薬は副作用がありません。

早期治療は視力の問題を回避するのに役立ち、ペットの痛みを軽減します。結局のところ、あなたは飼い慣らされた人々の責任であり、それゆえ炎症のために眼を治療することにおける成功の半分はあなたにあります。

猫や子猫のためのさまざまな点眼薬、およびそれらの使用

あなたの猫が何を病気にしているのか正確にはわからないので、自己瞑想しないでください。それはあなたのペットの状態の悪化や視力の低下につながる可能性があります病気の進行段階ではタイムリーかつ正しい治療は大きな役割を果たしています。

  • 機械的傷害(誤って自分自身を傷つけたり、他の動物との闘い、異物が入った場合)、
  • アレルギー反応(様々な薬、洗剤に対する)、
  • 炎症性疾患
  • ウイルス感染症および細菌感染症
  • 寄生虫の存在
  • 免疫力の低下
  • 自己免疫疾患
  • 先天性眼病理。

zoo-club-org