動物たち

犬の脳炎:症状、治療

「犬の脳炎」という用語は危険な炎症過程を意味します。脳や脊髄の病変が病変になります。動物学者はこの病気の2つの主な形態を確認しました:

  • 初期の形態:病気は別の構成要素として現れそして進行する。
  • 二次形態:この疾患は、ウイルス感染が身体に入った後の合併症から生じる。

炎症性プロセスは、病変のタイプによっても分類されます:髄膜脳炎(脳またはその膜が関与する)、脳脊髄炎(脊髄が関与する)、髄膜脳脊髄炎(脊髄と脳が同時に関与する)。

挑発者

どんな病気でも、たとえ普通の風邪でも、それだけでは現れません。どのような挑発者でも体に入るようにしてください。

犬の脳炎は:

  1. 風邪から複雑な形の肝炎まで及ぶあらゆるウイルス性疾患。
  2. 転送された頭部外傷。
  3. 異物が体内に侵入した。
  4. 寄生虫
  5. 無視された炎症、ほとんどの場合中耳。

毎年夏季には、ダニ媒介性脳炎が犬に記録されています(数百件)。それは虫刺されの後にだけ現れます。

早期に病気を認識する方法は?

この病気の発症のごく初期の段階で、犬の脳炎の兆候(かみついたらダニ)を判断することが重要です。思いやりのある所有者が早くこれを行えばするほど、彼のペットはより良い結果を得ることができます。

次のような症状が現れた場合は、保護する価値があります。

  • 不審な動き彼らは発作や麻痺の発生の可能性を示しています。
  • 犬の行動を変える彼は嗜眠、眠気、そして活動的になります。食欲不振と落ち着きのない睡眠は特徴的な兆候です。
  • 体温の著しい上昇。
  • 明るい緑色に至るまでの尿の変色。
  • ひどいかゆみは常に犬を悩ませます。

最も深刻な症状は、大量の嘔吐または重度の下痢です。彼らは病気が活発に体内で進行しているというサインです。

どのような行動を取るべきですか?

同時に犬に脳炎の兆候がいくつかある場合は、すぐに獣医診療所に行く必要があります。

専門家は彼の患者の初期検査を行い、彼の動きと一般的な幸福の調整を決定します。次に、超音波診断、CT、EEGまたはX線、血液検査、尿検査、脳脊髄液など、いくつかの診断検査を実施する必要があります。炎症過程が確認された場合は、包括的な治療を受ける必要があります。

医療イベント

犬の脳炎の治療は、病変の程度に応じて選択されます。まず第一に、あなたは脳領域から浮腫を取り除く必要があります。強力な薬だけがこれを行うことができます(Pirosan、VeribenまたはPyro-Stop)。この措置と同時に、炎症の発生の焦点を排除するための措置が取られている。

もう1つの必須の措置は、駆虫薬の摂取です。神経系の働きを回復させる薬も使用しました。深刻な合併症の場合は、マッサージコースも必要になります。

犬の状態が正常に戻ったらすぐに、腎臓、心臓、肝臓をサポートするトリートメント複合体に生理活性サプリメントを追加する必要があります。

超音波によってのみ検出することができます犬の症状脳炎は、脊髄や脳内の体液の蓄積です。それは非常に危険であり、さらに深刻な病気の発症をはらんでいます。治療の必須の措置は、身体からの除去です。このペットにはブドウ糖かマンニトールを飲ませてください。

犬のダニ媒介性脳炎の主な症状は皮膚刺激です。さらに、あなたは軟膏、オイルまたはクリームで患部を治療する必要があるでしょう。

犬の発達の原因である脳炎の亜種

患部の場所に応じて、以下のものがあります。

  • 髄膜脳炎、炎症プロセスは脳の内部と髄膜を捉えます。
  • 脊髄組織を侵す脳脊髄炎
  • 髄膜脳脊髄炎、その罹患領域は脳と脊髄の両方を含む。

続発性脳炎の発症の原因は以下のとおりです。

  • 化膿性中耳炎(中耳疾患)
  • 頭部外傷
  • 菌血症(血液中毒)
  • 敗血症(全身の全身感染症)。

原発性脳炎は、ほとんどの場合、犬の体に入った感染症、または感染因子や寄生虫によって分泌された毒素に対する重度のアレルギー反応によって引き起こされます。この疾患の原因物質は、肝炎ウイルス、狂犬病、レプトスピラ症、ヘルペスです。寄生性真菌Aspergillus、Blastomyces、Coccidioides、Cryptococcus、およびいくつかの寄生虫も脳組織の炎症を引き起こす可能性があります。線虫Ancylostoma caninum、虫Dirofilaria immitis、回虫Toxocara canis、テープ虫Systicercosis。

別の種として、ダニ媒介性脳炎が考えられており、それは、ポリトモルフィックマダニによって運ばれるウイルスを引き起こす。犬のそのような病気はしばしば診断されませんが、その死亡率は非常に高いです。ダニ媒介脳炎を発症した犬の最大98%が、ダニ咬傷の直後に緊急措置を講じないと死亡します。

犬の脳炎の発症を誘発する要因は、通常、動物の免疫力の低下です。この病気は、2歳以上、8歳以上の動物の若い罹患率が高いです。前者の場合、免疫系はまだ不十分に形成されており、後者の場合、その活性は既に低下している。

徴候と症状

ダニ媒介脳炎の潜伏期間は1.5から3週間です。ウイルスは血流に入り、赤血球死を引き起こします。この疾患の最初の症状は次のとおりです。

  • 食欲不振
  • 活動の喪失
  • 発熱します。

頭痛への暴露の結果として、運動協調、振戦、痙攣または痙攣、嘔吐の欠如があるかもしれません。ウイルスの生命活動の産物および破壊された赤血球の断片による体の一般的な中毒は、腎不全および泌尿器系の崩壊を招く可能性があります。この場合、動物の尿は濁って暗くなり、そこに血液の成分が含まれる可能性があります。

脊髄や脳の組織に著しい損傷を与えると、瞳孔の光に対する反応が妨げられ、眼球の制御不能な動き(眼振)が起こり、顔面神経の麻痺または麻痺が起こることがあります。

知っておくことが重要! 1〜2日間、高温と全身状態の悪化が見られる場合がありますが、その後明らかな軽減が見られることがあります。あなたが犬がダニに噛まれたことを知っているならば、あなたはこの変化を完全な回復とみなすべきではありません。動物の検査を実施する必要があり、ダニ媒介脳炎が検出された場合は一連の治療を受ける必要があります。

犬がダニに噛まれたときの即時行動

ペット、特に犬を飼うときは、ペットがダニに刺された場合の対処方法を知っておく必要があります。ダニは血を食べる小さなクモです。彼らは暖かい季節に活動的です:温血動物を攻撃して、ダニは脳炎を含む危険な感染症のキャリアとして機能します。

熱放射または動物の匂いに反応して、ダニは最大50 mの距離で被害者を感知し、それが利用可能な距離に近づくと毛皮にしがみつきます。 1.5〜2時間以内に、昆虫は動物の体の中で皮膚を通して噛むのが最も簡単な場所を選びます。これは通常腹部、首、耳、または太ももの内側です。

ダニは「ドリル」が毛細血管に到達するまで皮膚にその吻点を「ねじり」、そして犠牲者を怖がらせないために、彼は麻酔薬を注入します。寄生虫は血液中に吸い込まれ、徐々に腫れ上がった後、動物の体内にその活発な活動の浪費物を注入し、それとともにウイルス感染を引き起こします。その後昆虫は動物の皮膚からその口の器具を引き抜いて消えます。十分に得るために、ダニは2から10時間かかります。

犬にダニが見つかった場合は、すぐにそれを削除する必要があります。ダニがその吻側に時計回りの方向にねじ込まれていたので、彼らは慎重に、節足動物をピンセットで反時計回りに丁寧に「ひねり」ます。油やアルコールをダニに乗せて窒息させて落下させるように助言する人もいます。あなたはこれをするべきではありません:死んだ寄生虫はそれにねじ込まれた吻で皮膚上に残るでしょう、そしてそれを取り除くのはより難しいでしょう。さらに、死にかけていると、ダニは皮膚の下の胃の内容物を放出することができます。そして、それは多数の脳炎ウイルス細胞を含みます。

注意!ダニを取り除くことは捨てられるべきではありません。昆虫はガラス瓶に入れて分析のために獣医検査室に持っていかなければなりません。このダニがウイルスの保有者であるかどうかを判断する必要があります。

診断と治療

予備診断は、動物の検査、過去数日間の犬の行動と健康に関する情報の収集、以前に感染した疾患に基づいて行われます。特定の診断は一連の実験室および器械の調査の後で作ることができます。現れる症状に応じて、次のように処方されることがあります。

  • 血液検査および尿検査
  • 内臓の超音波またはX線撮影
  • コンピュータ断層撮影
  • 脳脊髄液の細菌学的分析

犬のダニ媒介脳炎の治療は、たとえ病気の症状がまだ明らかになっていなくても、犬をかみ砕いたダニがウイルスの保有者であることが確認され次第、直ちに始めるべきです。

抗ウイルス薬が処方されている、そして脳の損傷の兆候がある場合は、修復療法が必要です。それは毒素のボディを清潔にする解毒の準備およびレバーの機能を元通りにする肝保護剤を取ることから成っている。

有用な統計:ダニ媒介脳炎の初期段階での治療には数日かかり、通常合併症はありません。発症した疾患は75%の症例で治癒し、回復期間は1〜3週間です。

予防策

清潔で手入れの行き届いた大都市の庭を歩いている間もダニが犬に乗ることができます。さらに、野外の動物と彼女に連絡を取ったり、高い草の上を公園で走ったりしてはいけません。それぞれの散歩の後、特に暖かい季節には、ペットを慎重に検査する必要があります。

ダニに対する保護における優れた性能はスプレーを提供し、それは昆虫の匂いをはじく物質を含んでいます。これらの資金は犬の萎凋病に適用され、治療後数日間有効です。特別な「ダニ防止」カラーもあり、それらの上の忌避剤はテープの外側表面に適用されます。

ダニに対する犬の接種は、最近開発された新しい短期間防御法の1つです。それは、ダニ媒介ウイルスに対する免疫の発達に基づいており、動物が大規模に損傷を受けたときにダニを殺す方法として使用することができます。しかしながら、大規模な臨床試験方法はまだ合格していないので、その有効性および安全性の程度に関する問題は未解決のままである。

あなたはまた、私たちのサイトのスタッフ獣医に質問をすることができます。そして、彼らは下のコメント欄でできるだけ早くそれらに答えます。

犬の脳炎の種類

獣医師はいくつかのタイプの脳炎疾患を区別しますが、それらは発生場所と患部によって区別されます。以下の種類があります。

  • 脳脊髄炎 - この場合、脳と脊髄が影響を受けます、
  • 髄膜脳炎 - 炎症は動物の脳に広がり、組織に影響を与えます。髄膜炎と混同しないでください。
  • 髄膜脳脊髄炎 - 犬の脊髄や脳の組織に影響を与えます。

合計で2段階の病気の発現があります - それはすべて炎症の発生の原因によります。脳炎の主な徴候は以下の通りです:

  • ウイルス性疾患
  • 体内のバクテリアの存在
  • 寄生虫(最も単純な順序)
  • 感染は脳ダニのかみ傷を通して伝染する。

犬の第2のタイプの脳炎の病期は、他の病気の合併症の結果として起こります:

  • 菌血症、
  • 中耳炎または衰弱の存在を伴うその他のあらゆる過程
  • 弱い免疫システム
  • 敗血症、
  • 頭部外傷および脳震盪。

脳炎疾患に対する可能性のある変異および遺伝。一般的に、遺伝はBerne Bouvier、Yorkshireテリア、パグなどのような品種に見られます。これらの品種は綿密に監視され、健康のために監視される必要があります。

症状学

犬の脳炎の症状は難しい質問です。実際のところ、症状は最終段階でしか現れず、病気と戦うことは非常に困難になります。進行している間に、壊死が形成し始め、病気の主な症状が現れ始めます。経験豊かな犬の繁殖者は自分でそれを識別することができます。あなたのペットが脳内に炎症を起こしている場合、それは以下のように現れます。

  • ペットにはけいれんがあります、
  • 四肢麻痺
  • 高温、
  • レタジー
  • 無関心、
  • ペットの栄養不良
  • 血を伴う嘔吐と下痢
  • 応答性の悪い視覚装置
  • 動物は盲目になり始め、
  • 意識が乱される
  • てんかん、
  • 尿の色は緑色または鈍い茶色になります。
  • 犬は偏って行き、つまずいて、空間の方向性を失います。

犬の脳炎の徴候が一度に1つずつ現れることはめったにありません - 原則として、それらは思いやりのある飼い主に警告の合図であるべきである徴候の全体のグループを表します。明確な兆候がないと、病気を診断することは困難ですが、経験豊富な医師はこれを非常に正確に行うことができます。医者へのタイムリーなアクセスは悲劇を防ぐのを助けて、有能にそして効果的にペットを治療するのを助けます。

脳炎ダニ - 有害な寄生虫は眠らない

犬のダニは、ペットの脳炎の最も一般的な原因の1つです。感染したダニが動物の体に食い込むと、感染が広がり始めます。ダニ活動のピークが来る春と夏に、この病気は特に急性です。

噛まれてから数分以内に感染症が動物の血液に入ります。この状況では、犬の飼育者の反応が速いほど、犬を救う機会が多くなります。 3〜5日間医師やホストの不活動は致命的である可能性があります。平均して、病気の潜伏期間は約1ヶ月です。

この疾患の重要な兆候の中には、ダニ媒介性脳炎がイヌの神経系に及ぼす影響の結果である神経学的危機を特定することができる。病気の結果として、ペットは始まります:

  1. けいれん
  2. 個々の手足の麻痺
  3. 高温
  4. 気にかける、
  5. 無関心や攻撃性、
  6. 疼痛閾値のレベルを著しく増加させます。

他にもいくつかの徴候がありますが、これらは基本的なもので、犬の脳炎にすばやく反応するのに役立ちます。

病気を診断する

病気を診断するために、残念ながら、症状の明確なリストがなく、それがその発見を著しく複雑にしています。したがって、医師は簡単な検査と一般的な検査の指標だけに頼ることはありません。あなたのペットは特別な器具を使って実験室の一連の研究に送られます。しかし、すべての獣医診療所に必要な機器が備わっているわけではありません。犬のダニ媒介脳炎を検出するためのいくつかの効果的な方法があります:

  • 頭部のX線検査
  • 脳のX線撮影(コントラスト)
  • MRI、
  • 脊髄から借りた体液の分析
  • 超音波、
  • 頭の脳波、
  • 血液型血液検査
  • 細菌分析のために酒が集められる。

獣医クリニックが指定されたテストのすべてを行うことができない場合 - あなたは絶望するべきではありません。専門家はあなたのペットを助ける方法を知っていて、彼らの力ですべてをします。ダニが犬を噛んだ後に脳炎の兆候が見られた場合は、専門家がすぐに患者の徹底的な検査を行います。定性的診断の助けを借りて、それは病気自体を識別するだけでなく、それが引き起こした合併症を確立することが可能です。

犬を賢く扱う

治療は検査の結果に従って獣医師によって処方されます。最初に、医者は病気の原因を取り除くのを助けて、そして可能な合併症の同定に貢献するであろう手順を処方します。可能であれば、医師は利用可能な腫れを減らす薬を処方します。

獣医師によって処方された一連の手順は、以下の手順を提供する。
余分な水分を取り除き、腫瘍のレベルを下げる薬を服用します。最も一般的な解決策はブドウ糖かマンニトールです、
興奮状態で神経系を導入する薬を服用する - それは犬にその固有の反応と感度を返すことがとても可能です、

  • Ряд антигрибковых и антибактериальных препаратов, которые направлены на лечение энцефалита,
  • Лекарства, устраняющие раздражения на кожном покрове животного,
  • Гормональные инъекции,
  • Витамины и минеральные вещества.

Весь курс лечения проходит под строгим контролем лечащего врача. ペットの自己治療は結局彼を傷つけることができるだけです。

予測と合併症の可能性

脳炎は「平均的な」病気であり、その後期段階では不可逆的な結果を招く可能性があります。適時であっても、治療は望ましい結果をもたらさないかもしれません。結局、脳炎を伴う再発性の病気やその他のさまざまな病気のようなリスクを排除する必要はありません。

一連の治療を終えた後、獣医師は犬の飼育者に動物の循環器系を完全にきれいにすることを勧めます。これは起こりうる危険を防ぎ、犬の健康全般に悪影響を及ぼします。

予防策

ダニ媒介脳炎などの病気を予防するためには、事前にペットの保護に気をつけることをお勧めします。市場は、カプセル、首輪、ワクチン、スプレーの形で販売されているダニ、ノミ、寄生虫からの巨額の資金を提供しています。

特に頭のけがの危険性を最小限に抑えることが必要です。各歩行の後、寄生虫、擦り傷、円錐などの存在についてペットの頭蓋骨を注意深く調べる必要があります。それらが存在する場合は、それらを管理下に置くか、直ちに医師に相談することをお勧めします。

ペットの健康状態を常に監視しているので、病気を完全に予防したり早期に発見することができます。また、あなたはその免疫力を高めることについて、犬の適切な栄養について忘れてはいけません - これは飼料にビタミンやミネラルを加えることによって可能です。したがって、ペットの健康を維持し、彼の人生を楽しく陽気にすることが可能になります。

どこでやるのがいいの?

思いやりのある犬の飼育者は、ペットを治療するのが最善の場所を考えています。自宅または診療所のどちらかです。脳の内層の炎症が深刻な病気であることは注目に値します。治療の各段階とその有効性を追跡することは非常に重要です。患者を長距離動かすことはお勧めできません。最善の選択肢は、24時間入院の可能性がある施設を見つけることです。

時間がないとどうなりますか?

脳炎は毎日それが重要である病気です。早急に優秀な専門医を見つけ、診断検査を受けることが必要です。必要な措置を適時に講じないと、次のような悪影響が生じる可能性があります。

  • 体液量が多いため、腎臓への負荷は数倍になります。彼らは二重の仕事をしなければなりません。したがって、この疾患の発現後数日で、腎不全のような疾患が感じられるであろう。
  • 感染は血液に入ります。それをきれいにするためにイベントを開催してください。
  • 脳炎が血中のヘモグロビンのレベルを劇的に減少させると。体はそのような変化を酸素欠乏として感じます。その出現後数時間以内に、心臓の働きは妨げられます。
  • 最も一般的な合併症は慢性貧血です。
  • 脳浮腫は病気の最も危険な段階です、それを排除することは非常に困難です、それは動物の死につながることができます。

結局のところ、脳炎の影響は非常に多様です。動物の健康状態を常に監視し、最初の症状が現れたら直ちに専門家に相談することをお勧めします。

誰がより病気にさらされていますか?

すべての犬が等しく脳炎の影響を受けていますか?もちろん違います。まず第一に、免疫力が低下した個人はリスクグループに入ります。私たちは、最小のペット(2歳まで)と高齢のペット(8歳から)について話しています。犬の小品種は、大規模な個人よりも少ない程度で任意の病気に苦しんでいます。あなたの犬の品種が由来する場所を考慮に入れる必要があります。その中の気候が暖かくなればなるほど、彼らの体は感染にもっと反応する。これらには、Bouvier、Maltese、Yorkshire Terrierなどがあります。

予防策はありますか?

犬は非常にひどく脳炎に苦しんでいます。彼らは実際には食べず、絶えず泣きながら座りがちな生活を送っています。思いやりのある飼い主が自分の動物にそれほど苦しむことを望んでいる可能性は低いです。この病気の発症を防ぐのを助けるために多くの予防策があります。

  • 動物の首の周りに特別なノミの襟を着用することをお勧めします。それは寄生虫を追い払う独特の香りがします。
  • あなたは慎重にリスクグループを研究し、あなたの犬の種類がそれに該当するかどうかを判断するべきです。彼女がそこにいる場合、彼女は注意深く監視する必要があります。 3ヶ月に1回、専門の診療所で総合検査を受ける必要があります。
  • 炎症の一般的な原因の1つは以前の傷害です。動物の行動を観察し、外傷性状況の発生を防ぐことが必要です。
  • 病気が二次的な形をしている場合、それはおそらく深刻な中耳疾患によって引き起こされます。心耳を検査するのに月に数回かかります。
  • やがてあなたは体内へ​​の感染の侵入を防ぐ障壁を作り出すであろう必要な予防接種をする必要があります。

残念ながら、ダニ媒介脳炎はまだ十分に効果的な予防ワクチンを開発していません。したがって、あなたは積極的に特別な襟と枯れ落ちるものを使用する必要があります。

いくつかのヒント

多くの犬の飼育者は、診療所を訪れるためにお金を使うことを望んでいません。脳炎の治療は安くない喜びではないことは注目に値します。したがって、それは民間療法で治癒することができるかどうかの疑問が生じますか?独立した措置によって状況が悪化する可能性があるため、専門家はこれを推奨しません。そのような病気の場合には時々それが時間通りに行くことを覚えておいてください、遅れは単に動物を殺すことができます。

犬の行動を注意深く観察する必要があります。脳の合併症の炎症が非常に早く進行すると。新しい症状が現れた場合は、獣医師に報告してください。

それは病気の間に天然物でペットを養うことをお勧めします、彼らはエネルギーの回復に貢献します。

特に森の中を歩いた後は、ウールと肌に有害な寄生虫がないかチェックする必要があります。

少なくとも週に1回は体温を定期的に測定する必要があります。

犬の脳炎は非常に深刻な病気で、最も不快な結果を招く可能性があります。残念ながら、多くの動物がそれにさらされています。愛情のある飼い主は事前に予防策を講じ、犬の健康状態を観察し、必要に応じて専門の診療所に行くべきです。この場合に限り、不快な結果を避けることができます。

発生地域

犬のダニ媒介性脳炎は、極東地域の大河の地域で初めて発見されました。今日、病気の拡大の焦点はロシア(カリーニングラード地域、サハリン)、ウクライナ(トランスカルパチア)、ベラルーシ(すべての地域)の森林です。また、マダニはカザフスタンのリトアニア、エストニアに住んでいます。

野生の森林脊椎動物および節足動物もウイルスの保有者となり得る。小さなげっ歯類では、ダニは繁殖し、その幼虫は長期間皮膚に寄生します。オーストラリア、ハンガリー、中国、スウェーデン、フィンランドで病気の症例が増えています。

ダニの約14種は、脳炎ウイルスのキャリアです(1×Ricinus、1×Trianguliceps、1×Gibbosus、Haemaphysalis japonica、Dermatocentor silvarum)。犬において疫学的に重要で脳炎を引き起こす最も危険な種は1xです。アジアに住んでいるPersulcatus、そして1x。 Ricinus、主にヨーロッパ諸国に住んでいます。

ダニの血中のウイルスの繁殖

それは彼らの人生のために好ましい環境であるので、ウイルスが最も集中的に増殖するのは彼らの体の中にあるので、ティック病キャリアは理由がないわけではない。ダニが感染した後の月の終わりには、血中の彼の濃度はすでに病原体の1000倍の濃度を含んでいます。しかし6日目に、ウイルスは昆虫のすべての器官に侵入します。最大数のウイルスが唾液腺、性腺の領域および腸に蓄積します。ダニはウイルスを子孫に感染させることができます。

犬は脳炎に苦しみ、脊椎動物の血液を食べるダニ刺されに感染するようになります。ウイルスが血流に入りやすく炎症を起こすのは唾液腺からです。大人だけが動物や人々を攻撃することができます。

ダニとの出会いの危険

ダニは犬と一緒に歩いているのを見つけることができます:道に沿って、森の端、空き地で。病気の発生は、昆虫の活動が増加する暖かい季節に記録されます。

Bloodsuckerの唾液には鎮痛剤が含まれているので、犬は咬傷を感じず、ダニは検出される4〜6日前に安全に食べることができます。しかし、短期間の吸引でも、ウイルスは血液を透過する時間があります。しかし、この病気の主な原因は、数ダニの多数の刺されです。吸血鬼の唾液を吸い込んでから1時間以内に、彼の全身と同じ濃度のウイルスが形成されます。

もう一つの非常に不快な瞬間は、長くて太い髪の犬に昆虫を見つけるのは非常に難しいということです。なぜなら、ダニが最も人里離れた角に登る能力は驚異的だからです。

犬の脳炎:症状

この病気の症状は以下の通りです:

  • 尿の色が濃くなる
  • 拒む
  • 紅斑は咬傷部位に発生する
  • 粘膜の黄変
  • 弱点
  • けいれん
  • 脾臓と肝臓の大きさの増加
  • 震え
  • 世界への関心の喪失
  • 首と頭の過敏性、
  • 運動機能の違反
  • 失明
  • 麻痺

血液を介してウイルスは非常に急速に脳に入り、頸椎の神経細胞に影響を与えます。徐々に蓄積し、髄膜と血管に炎症過程を引き起こします。

犬の脳炎の兆候は、咬傷の2〜3週間後に突然現れることがありますが、これは潜伏期間がどれだけ続くことができるかです。

正しいダニの抽出

犬の皮膚に付着したダニが検出された場合は、獣医診療所で昆虫を摘出することをお勧めします。しかし、医師に連絡する方法がないときは、次のような行動のアルゴリズムを使って自分で行うことができます。

  • 犬を落ち着かせる
  • 動物の動きを制限する
  • ピンセットを使って、ダニの後ろに突き出ている部分をつかみます。
  • ゆっくりとねじるように動かすと、虫がつきます。

ダニは捨てられるべきではありません。それは脳炎ウイルスの保因者の研究に役立つことがあります。できるだけ早くそれを実験室に送るために、蓋でしっかりと閉じたガラスの瓶に入れることをお勧めします。

顕微鏡で診断するには、実験室に生きた昆虫を配達する必要があります。ダニを生かしておくために、水に浸した綿棒を容器に入れます。大都市では、非常に高感度なPCRテストを使用してウイルスの保有を検出する方法があります。これにより、ダニの足の断片まで、ウイルスを検出するための任意の材料を使用できます。

ダニ媒介脳炎を最初に診断または除外するためには、犬をできるだけ早く医師に見せることが必要であることに留意する必要があります。

診断方法

犬の脳炎の徴候は、治療がすでに効果がない場合があります。ダニが彼の皮膚に発見されたときに動物はすぐに獣医師に見せなければならない理由です。

有資格の獣医師は、目視検査で犬のダニ媒介脳炎を疑うことがあります。経験豊富な医師のための症状は、ダニ咬傷の数日後に顕著になることがあります。それは、もちろん、まだ正確な診断をせずに治療を開始する理由ではありません。

生化学的および完全な血球計算、顕微鏡検査の診断のために。しかし、ウイルスに対する抗体は、咬傷の10日以内には血中に検出されません。犬の頭のレントゲン写真術(頭部造影法)または超音波診断法も脳の変化を検出するために使用することができます。時間内に正しい診断だけが病気の適切な治療を通してあなたのペットの命を救うのを助けます。

すべての可能性のある感染症を排除するために、犬はボレリア症またはライム病、ピロプラズマ症について調査されなければなりません。

ペットトリートメント

残念ながら、犬の回復を予測し、ダニ媒介脳炎をうまく治療するためには、この疾患を遅すぎると認識することがあります。ほとんどの場合、何もしないと症状が現れます。唯一の人道的な解決策は、彼を眠らせることによって苦痛から最愛の友人を取り除くことです。

しかし時々それは時間通りに病気を診断することは可能である。セファロスポリンに基づく抗生物質、フルオロキノロンを静脈内投与することで治療が行われます。よくウイルスに作用し、細胞の血液脳関門を破壊します、「イソニアジド」、「リファンピシン」。

さらに、コルチコステロイドは、炎症を軽減し、アレルギー反応を引き起こし、そして神経学的障害を排除するために処方されています。犬の頭蓋内圧を下げる薬と同様に。

経験豊富な獣医師だけが治療法と薬の投与量を処方するべきです!誤って選択された薬は犬の脳炎を治癒するだけでなく、動物の健康を著しく悪化させ、死に至ることもあります。治療の経過は少なくとも3ヶ月です。

予防接種犬

犬に対する脳炎の予防接種はまだ行われていません。病気に対する効果的なワクチンを思いつくことはまだできていないからです。将来的には、科学者たちが感染症の発症を予防するための有効な薬を作り出すことができるようになることが望まれています。

疾病予防

唯一の効果的な方法は、攻撃とダニ刺されからのタイムリーな保護のままです。

  • 殺虫性の殺虫剤で犬を治療する(保護2〜4週間)
  • 殺虫性襟の使用(数ヶ月間有効)。

また、重要な点は、各歩行の後に犬の肌を定期的に徹底的にチェックすることです。首、耳、脇の下、その他手の届きにくい場所には特に注意が必要です。

飼い主の手の中にあるペットの健康と生活。動物の世話は、食物の必要性を満たし、歩くことと耳の後ろでひっかいたりすることだけでなく、危険な病気をタイムリーに予防し、犬を吸血性の害虫、特に脳ダニから守ることでも明らかになります。

犬のダニ媒介性脳炎を予防するほうが、良心のある病気の間に動物の苦しみを観察するよりもはるかに簡単です。予防は、優しさ、献身、利己的でない愛情で飼い主に返済するペットの健康を維持するための主なルールであり、常に明るく幸せです。

犬の脳炎の原因

脳炎は脳に影響を与える炎症です。ヒトでは、この病気はマダニ性ダニによって引き起こされ、ダニ媒介脳炎も発生する可能性があります。しかし、犬にとって、これらの寄生虫は他の危険な病気です。ペットは病気になることがあります:ピロプラズマ症(致命的な病気)、ライム病またはボレリア症、バベシア症。

また、回虫症は脳の炎症に発展する可能性があります(それは蠕虫幼虫の移動中に発症します)。

犬の脳炎には3つの形態があります:

  1. 髄膜脳脊髄炎(脊髄と脳の膜に影響を与えます)。
  2. 髄膜脳炎(脳自体とその膜の炎症)。
  3. 脳脊髄炎(この疾患は脳と脊髄の両方に影響を及ぼします)。
ダニ媒介脳炎ウイルスシェルモデル

リスクグループと感染のしくみ

この年齢層では犬が感染症の発症に最も影響を受けやすいので、リスクグループには、まず第一に、2歳までの若い動物がいます。この疾患は、以​​前に頭蓋外傷を受けたことのある弱ったペットにとって危険です。

獣医師は、小型犬がこの病気を発症する可能性が高いと指摘しています(ボロネーゼ、ヨークシャーテリア、ロシアトイ、ドワーフプードルなど)。

ウイルスの生命を支えるキャリアそして主要な容器はダニです

病気と動物の飼育の影響

犬の脳炎の予後は常に慎重です。

他の場合には、部分回復が起こり、そこでは失われた機能は部分的にしか回復されない。早期治療が開始されればされるほど、修正の可能性が高くなります。脳炎を起こしたことのある多くの動物は腎臓または肝不全を発症します。

抗ウイルス療法は血液脳関門を通過することができる抗生物質の助けを借りて行われます。

治療時には、24時間体制で医師の監督の下に病院で動物を特定することをお勧めします。状態を改善した後、治療は自宅で、しかし獣医師の一定の監督の下で実行することができます。

バランスの取れた獣医学の食事療法(犬の肝不全の場合はHills L / D、腎臓の問題の場合はHills K / D、脳機能を維持する場合はPurina NCなど)に犬を迎えることをお勧めします。

どのような病気がダニを引き起こしますか?

脳炎ダニは犬にとって危険ではありません、彼らは人間だけに感染することができます。動物の脳の炎症は他の理由でも起こります。

Эти паразиты являются переносчиками других смертельно опасных собачьих болезней:

  1. Пироплазмоз или бабезиоз. Возбудители попадают в кровь животного при укусе клещом, вызывают разрушение эритроцитов и других кровяных клеток. Яркий признак пироплазмоза – потемнение мочи (она становится кирпичного цвета). Животное становится апатичным, кожа желтеет. 体温は急激な形で上昇します。治療が遅いと、死亡の危険性が高くなります。
  2. ライム病またはボレリア症。感染したダニが犬を噛み、その授乳中に病原体が動物の血液に入ります。この病気は長い間無症状になることがあります。犬の急性型では、体温が上昇し、筋肉がひどく痛み、関節が腫れ、関節炎が発症します。感染の30〜60日後には全身に広がり、それが心筋や他の重要な臓器の機能障害につながります。

タブレットBravektoの形でも人気の薬。

Bravekto - ノミと犬のダニのための丸薬

疾病予防

脳炎の予防は、外部および内部の寄生虫から動物を定期的に治療することです。ペストや狂犬病に対する定期的な予防接種も非常に重要です。脳の炎症の発生を引き起こすのは、これらの感染症だからです。

脳炎は深刻な病気であり、その後動物は部分的にしか回復しません。最初のサインで、あなたはすぐに医者に犬を見せなければなりません。早期治療が開始されれば、回復の可能性が高くなります。

zoo-club-org