動物たち

猫のクラミジア:症状、治療

細菌Chlamydia psittaciは非常に危険です。この病気の症状は非常に弱いです、所有者の注意を引かないので、多くの所有者はペットにタイムリーな治療を提供しません。これらすべてが、猫の体内の細菌が上皮の損傷した組織で増殖し始め、徐々に動物の免疫系を攻撃するという事実につながります。病気のタイムリーな診断と治療の開始のために、猫は獣医に間に合うように見せられる必要があります。

クラミジアは診断が困難な、かなり潜行性の病気です。ほとんどの場合、唯一の症状は涙目です。病気の動物は活動しなくなります。いくつかのケースでは他の、より顕著な症状がありますが:

  • 高熱、その結果として動物は鈍くなり、その食欲を失います(しばしば子猫に現れる)。
  • 頻繁なくしゃみと鼻炎
  • 猫の目が赤くなり、徐々に腫れます。
  • 化膿性分泌物(結膜炎)
  • 「3世紀」の段階的な腫れ。

多くの場合、猫の感染は無症候性、つまり潜伏型ですが、動物の眼の炎症では検査が必要です。

クラミジアはクラミジアpsittaciによって引き起こされます。猫が病気の動物の感染した糞便と接触すると、感染の可能性が高くなります。したがって、ペットが猫と同じ部屋にいる場合は、ペットを非常に注意深く監視する必要があります。

クラミジアは3つの方法で伝染します:

長い間、何匹かの猫が住んでいる地域、その代わりに感染を伝播している地域だけが感染の原因になる可能性があります。クラミジアの潜伏期間は5から15日間続きます。ほとんどの場合、母親から離乳するストレスが体に悪影響を及ぼすので、この病気は5週齢で子猫に現れます。成獣は病気が少ないです。

バクテリアが体内に入った後しばらくして、病気の最初の兆候 - 結膜炎が現れ、そして最初は片目にのみ現れます。しばらくすると、病気は2番目の目に移り、放電は化膿性になります。潜伏期間の終了後、病気は数ヶ月続くことがあり、時に慢性になります。発生中、感染症はさまざまなシステム、最初に呼吸器系、次に胃、腸、および尿生殖器系に影響を与え続けます。これは猫の糞を伝染させる。

その純粋な形では、猫のクラミジアは初期段階でのみ観察され、その後追加の感染がそれに加わります。これは、病気が混在しているために治療が複雑になるという事実につながります。次第に、病気のために、尿道炎および陰嚢器官への損傷が形成され、それが不妊症につながる。特に細菌が性的に感染している場合、この効果が頻繁に発生します。

この病気は2つの形態で標準的です:

  • 無症候性、細菌が臨床症状を示さずに活発に増殖する場合
  • 潜伏性、すなわち、寄生虫の繁殖なし。

病気の数日後、猫の体温は上昇し、目からの分泌物はより豊富になりつつあります。目が赤くなり、その中の血管が腫れます。くしゃみと鼻炎が加わると、治療をしないと動物は肺水腫で死亡する可能性があります。

この病気が人に感染していることが正式に確認されました。これはごくまれに起こりますが、その人の免疫力が非常に弱い場合に限られます。クラミジア病原体にはいくつかの種類があります。人体は、猫が苦しんでいる種類のクラミジアに弱い影響を受けます。ヒトでは、この疾患は尿路上皮に影響を及ぼします。そしてまた、視覚器官、呼吸器系、腸への侵害も明らかになりました。

ペットが具合が悪い場合は、この時期に伝染性があるため、細心の注意を払ってペットに連絡する必要があります。トイレを毎日清掃し、石鹸で手をよく洗い、小さな子供が病気の動物に触れないようにすることが重要です。クラミジアは主に飼い猫ではなくネコ科の猫の病気なので、日常生活の中でそのような動物との衝突はめったに発生しないため、人間に対する感染のリスクは異常に低いです。また、感染のためには細菌との非常に密接な接触が必要です。これはペットでさえ起こりません、そして、目からの分泌物で家庭の物に落ちるそれらのバクテリアはかなり不安定で、そして脅威を運ぶために小さいです。

動物からの感染症の極端な例は、非定型クラミジア結膜炎に現れます。これは、どちらかといえば軽度ですが、特別な治療が必要です。その結果は深刻ではありません。

猫のクラミジアは自宅でも治ります。投薬の過程は、粘液を採取した後の分析結果に基づいて、常に個別に医師によって処方されます。

クラミジアの場合、テトラサイクリン群に属する抗生物質だけが助けることができます。彼らはかなり長い間(少なくとも3週間)適用する必要があります。

細菌異化症の形での副作用を防ぐために、猫に乳酸菌を与え、カプセルにヨーグルトを入れるかLinexをダイエットに加えるべきです。

正確な診断の後、獣医師は抗生物質(テトラサイクリン、メタサイクリン)の注射を処方するべきです。他の抗菌薬がありますが、それらはあまり効果的ではありません。動物があまりにも疲れきっている場合は、その後注射の注射の前にIVを作る。医師はマグネシウムと鉄のレベルを上げる薬を処方します。

結膜炎を解消するには、カモミール煎じ薬で猫の目を洗うか、テトラサイクリン軟膏で塗抹する必要があります。

動物の病気の症状がすべて消えたら、もう1週間薬を使い続ける必要があります。 家に何匹かの猫がいる場合は、それらはすべて拡散を防ぐために同時に扱われるべきです。

病気の危険性がなくなったら、ペットの体内に細菌が残っていないことを確認するために分析に合格する必要があります。

猫の予防接種はクラミジアの予防に役立ちます。このワクチンにはかなり深刻な副作用がいくつもあるため、近くで感染が発生しない場合はペットにとっては望ましくありません。

動物を感染から守るための最善の選択肢は、ペットを常に監視し、獣医師を訪問することです。特に獣医師が他の動物との接触を減らすことをお勧めします。粘性のある動物の前に、それがしばしば性的に感染しているので、両方の猫が病気の存在についてテストされることは不可欠です。

猫にはクラミジアに対する自然な免疫はありませんので、食事を注意深く監視する必要があります。病気の後、猫の体は抗体を産生しないので、再感染する可能性があります。不妊症や生殖器の腫瘍につながるので、病気が慢性期に入るのを防ぐことは非常に重要です。

そして秘密について少し。

私達の読者の一人の物語イリーナヴォロディーナ:

私の目は特にしわがれていました。大きなしわと濃い円に囲まれて腫れました。目の下のしわや袋を完全に取り除く方法は?腫れや発赤にどう対処する?しかし、彼の目のようにそれほど老いも若き人もいない。

しかし、どのようにそれらを活性化させるのですか?整形手術?私は見つけました - 少なくとも5000ドル。ハードウェア手順 - 光活性化、気液ピリング、ラジオリフティング、レーザーフェイスリフト?もう少しアクセスしやすい - コースは1.5 - 2000ドルです。そして、いつこの時間を見つけるのですか?はい、そしてまだ高価です。特に今。したがって、私自身のために、私は別の方法を選びました。

病原体の説明

クラミジアは生物学的に非常に興味深い生物です。それらの約300ナノメートルという小さいサイズ、ならびに細胞質内局在と共に、生殖の宿主細胞への依存性により、研究者らは誤ってそれらをウイルスに帰属させることができた。しかし、グラム陰性菌とある種の類似性があり、いくつかの抗生物質に敏感であることから、今日ではそれらは高度に特殊化された絶対的な細胞内寄生虫と見なされています。

クラミジアは低温によく耐えますが、高温には敏感です。そのため、摂氏80度まで加熱すると10分以内に死亡します。それらはフェノールの半分のパーセントの解決、水酸化ナトリウムの2パーセントの解決およびクロラミンの解決によって破壊されます。

さまざまな種類のクラミジアやクラミジアの種類が、動物でも人間でも、時にはひどい病気の原因になることがあります。人間のトラコーマ、包括的結膜炎、いくつかの性感染症は、クラミジアトラコマチスによって引き起こされます。クラミジア肺炎は、いくつかの動物性およびヒト性肺炎の原因である。動物における重症の人の病気および眼の病気である眼窩炎、歯周病、はChlamydia psittaciによって引き起こされます。その種、Chlamydia catiは、猫の粘膜の目に影響を与えます。

感染源

猫の間では、クラミジアが広まっています。だから、この種の動物の約70%がこの病気に冒されています。これは、感染源の制御されていない貯水池が自然界に存在していることが原因です。クラミジアの主な保有者は、病気の猫、鳥、小さなげっ歯類(マウス、ラット)です。病原体は、尿、糞便、牛乳、唾液で外部環境に入ります。

発病のメカニズム

クラミジアは、3つの方法のうちの1つで身体に浸透します。(食物と一緒に)消化管を通って、(呼吸器系を通って)空力的に。保育園は、この病気には不利であり、獣医衛生検査を受けていない農場で、死んだ動物や不本意に殺された動物の肉を病棟で飼育するために購入することができます。子宮内感染症(母親から胎児へ)も可能です。

外界と接触していて急速に再生することができる上皮組織は、この感染症の発症のための初期環境として役立つ。主に影響を受けるのは、結膜の粘膜、直腸、子宮頸管、尿道、胃、小腸、咽頭部の上皮細胞です。そのような細胞に入ると、比活性を示す病原体は主要な細胞防御メカニズムを中和し、それが将来的に自由に増殖する機会を与えます。この種の微生物の生活環は約48時間であり、その後影響を受けた上皮細胞は崩壊して新しいクラミジアを捨てます。

時間が経つにつれて、寄生虫は進化し、上皮とマクロファージ(免疫系の細胞)の両方で増殖する能力を獲得しました。マクロファージは病原体を体全体に広げ、それはあらゆる内臓、脊髄または脳、関節に侵入することがあります。この病気の形はペットの死で終わります、しかし猫で、幸いなことに、それはめったに起こりません。

猫のクラミジア:症状

この病気を持つ動物の治療はできるだけ早く始めるべきです。しかし、すべてが臨床像がぼやけているため複雑です。潜伏期間は、さまざまな情報源によると、数日から2、3週間続きます。それから猫のクラミジアの徴候があります。この病気の急性型は、わずかな体温の上昇、猫の鼻や目からのわずかな退院から始まります。しかし、動物はまだよく食べ、そして結膜炎による不快感はそれを妨げません。最初は、感染は片方の眼にしか影響を与えず、2番目の眼は5〜10日で感染します。

さらに、この疾患は、漿液性の性質、眼瞼痙攣(まぶたのけいれん)、ケモシス(結膜が眼瞼裂孔を通って膨らむとき)の眼からの放出を伴って進行する。後に、二次ウイルスまたは細菌感染症が主感染症に加わり、そして退院は粘液膿性の性質を獲得する。結膜の赤みが現れ、それが赤レンガ色または真っ赤になります。この色は金庫室でより濃いです。別々の船を実行します。この病気が慢性の形をしていると、結膜のわずかな赤みが見られ、小さな放電、目の半分は3世紀までに閉じられます。濾胞性結膜炎が起こることがあります。

猫のクラミジアを治療しなければ、症状は3〜4週間後に消えますが、目からの粘液性化膿性分泌物の排出だけでなく、結膜充血も数ヶ月間続きます。結膜から18ヶ月は実験的に証明されているクラミジアを解放することができます。

無症状コース

この感染症は大人の猫によく見られます。飼い主の病気の疑いは、生存不可能な子猫の誕生の後に現れます。猫では、泌尿器系に損傷の兆候がないとこの病気を発見することも困難です。猫は交尾時に猫からクラミジアに感染することがあります。病気の女性は、感染した子宮頸管の形でクラミジアの恒久的な貯水池を持っています。そして最後の病原体は精巣に定着し、精子で出ます。

時々、ペットは病気の猫と交尾した後、憂鬱な状態になることがあります、食べ物でいたずら、猫の目にクラミジアが現れる。猫は軽度の症状のために妊娠中ずっと治療されず、そして出産は死んだ子猫の誕生で終わるか、または数日後に死亡します。それにもかかわらず、子孫が生き残っている場合、そしてそれは彼らの仲間の発達と成長において著しく遅れています。

最初の妊娠をしている女性では、最大数の死産、中絶および他の結実の病理学が起こる。妊娠中絶は、妊娠の後半、出産までに数日しか残っていない場合に最もよく起こります。

新生児の形態

クラミジアは子猫にも起こります。彼らはクラミジア新生児結膜炎と呼ばれるこの病気を持っています。子猫は、胎盤を介して(経胎盤)、または病気の母親が産道を通過するときの出産時に感染する。クラミジアは胎児のあらゆる開口部に侵入し、感染症を引き起こします。生まれたばかりの子猫の病気の症状は、目が開いたときにだけ現れます。両側性または片側性結膜炎が検出されます:目が狭くなり、濃いピンク色の結膜、浮腫性、まぶたが化膿性カタルまたはカタル性分泌物で染色されます。多くの場合、カタル発射は鼻からも起こり、それは上顎を硬くし、外皮を形成します。

子猫は咳やくしゃみをしています。病気の発症時に、彼らはまだ母親を吸い、トップドレッシングを食べるが、感染が進行するにつれて、子猫はますます弱くなり、もはや口の中に乳首を保持できなくなり、彼らは噛むことができない。すぐにそれは彼らがあごを動かすことがいかに難しいかということに気づくようになります。顎下腺および他の頭のリンパ節のサイズが大きくなり、子猫はすぐに死亡します。生き残った動物は、何年もの間、緩慢な鼻炎と結膜炎に苦しみ、この間ずっと寄生虫を環境に放出します。

合併症

純粋な形の猫のクラミジアは、病気の初期段階でのみ注目されます。この寄生虫が、条件付き病原性を含む他の多くの微生物が存在する身体の開放腔に影響を及ぼすことを考えると、それは他の疾患の発症を誘発する。上皮細胞を攻撃し、それらを内側から破壊することによって、クラミジアは他のミクロフローラの攻撃に最適な環境を作り出します。そのため、二次感染または混合感染があり、それが病気の経過を複雑にしています。

診断を非常に複雑にするこの病気の特殊性は、消された臨床像と結び付けられた慢性的な経過です。したがって、猫のクラミジアの正しい治療法を処方するためには、できるだけ早くそして正確に病原体の臨床検査を行う必要があります。これは専門の獣医診断室で行うことができます。

診断確定後、テトラサイクリン系抗生物質を投与した猫のクラミジアの治療法を処方します。それらはクラミジアがそれ自身のタンパク質を合成するのに必要な酵素を阻害する。エリスロマイシンおよびチロシン製剤も有効である。

医者の助言なしに猫だけでクラミジアを治療しても望ましい効果が得られないことを忘れないでください。そして獣医師によって処方されていない抗生物質の使用は、病原体におけるそれらに対する耐性の発生を引き起こす可能性があり、それは何度も治療の見通しを悪化させるでしょう。

猫の体の免疫システムは「敵」に強い反発を与えます。寄生虫を認識し、敵の局在を示す細胞を生成し始めます。それから感染性病原体を破壊する殺人細胞の時が来て、そしてそれらの後にスカベンジャー細胞は寄生虫の残りを吸収するために急ぎます。同時に、2番目のフロントが開きます:マクロファージと好中球白血球。それらはクラミジアの吸収を助け、動物の体温が上がると炎症反応を起こします。それは感染に有害な影響を及ぼします。残念ながら、すべてのクラミジアが死ぬわけではありません。そのうちのいくつかは免疫系に順応します。

予防

猫のクラミジアを予防するためには、ペットと潜在的な感染源との接触を排除する必要があります。 Сделать своему питомцу предупредительную прививку (Fel-o-Vax - американская вакцина). Если у животного проявились похожие симптомы, показать его врачу, чтобы максимально быстро диагностировать болезнь и назначить эффективное лечение.

Если намечается вязка, следует поинтересоваться у противоположной стороны наличием заключения о результатах обследования на эту заразу.

Хламидиоз у кошек передается человеку

Еще в прошлом веке было отмечено множество больных, у которых пневмония протекала нетипично. そしてすべての場合において、感染源はクラミジアまたは「猫の肺炎」を持っていた飼い猫でした。患者が家の中でペットに感染したときに、急性卵胞結膜炎の症例も説明されました。感染起源に対する抗体および一方および他方の場合における抗体は、宿主およびそれらのペットの血液から単離された。さらに、人々はペットに病気の兆候が現れた直後に病気になりました。

猫から人間へのクラミジアは伝染することができないという理論の支持者もいます。彼らの主な理論的根拠は、動物の病気の原因であるクラミドフィラ・フェリスは、たとえ非常に緊密なコミュニケーションをとっても、人間に伝染することができないということです。

どの理論を信じるか、誰もが自分のために決めます。結局のところ、自己催眠術はまた病気の発生に対する一種の "保護"として機能することができます。しかし、ほとんどの科学者や開業医は、人為的感染症(猫のクラミジアは人間に感染している)に感染していると考えており、病気の動物の飼い主は彼らの治療に携わる獣医の専門家のようにすべての必要な予防策に従うべきです。

また、あなたはあなたの子供が猫にクラミジアを持っているペットを絞ることを許可しないでください、または同様の症状があります。現代の世界は非常に不安定であり、日々新しい「痛み」が発表されています。それゆえ、彼ら自身と彼らの愛する人たちの安全を確保するための最も最小限の対策でさえも、冗長ではないでしょう。

クラミジア - 簡単な概要

この病気は細胞内寄生虫によって引き起こされ、その構造と生命活動は細菌とウイルスの境界にあります。クラミジアが体内の細胞の中にあり、そしてそれらを治療薬に対して耐性にするという事実は、慢性的な経過のためのすべての道を開いています。

感染は接触、空中、性的、栄養的(食品を介して)に起こります。潜伏期間は7〜10日である(いくつかの情報源では5〜15)。その症状で、病気は患者と健康な猫の接触の後この時間の後正確に現れ始めます。げっ歯類も感染の拡大に重要な役割を果たしています。

性別、年齢、品種にかかわらず、すべての猫が感染しています。病気の子猫を得るのは難しい。

純粋な形では、褐色のペットのクラミジアは非常にまれです、より頻繁にそれは弱体化された免疫の背景に対する他の感染症と結びつきます。

その未治療の診療所における病気の各形態は、猫の体に深刻な影響を及ぼします。

病気の症状

ネコクラミジアの外部徴候は、病原体がどれだけ強力であったか、それが動物の体内にどれだけ存在していたか、どの臓器および系が影響を受けてきたか、そして免疫系がどれだけそれに対抗できるかに依存する。

急性と慢性のために。急性の場合、臨床的徴候はより顕著です。

病気の発症時には、温度は上昇しないか、わずかに上昇します。感染の初めに感染の食欲と一般的な状態では通常反映されていません。慢性的な経過では、心臓が損なわれるかもしれません。

目が損傷したときに何を探すべきか
  • 大量の引き裂きがあります、
  • 粘膜の目(結膜)は強く赤くなり、腫れます。
  • 3番目のまぶたが大きく伸びていることもあり、これもまた強く赤く腫れているように見えます。
  • クラミジア結膜炎の特異点は、最初の片方の眼が冒され、数日後に2番目の眼が冒されることです。

治療しないでおくと、結膜炎は重症の目の病気になり、失明を引き起こします - 白内障、角結膜炎など、そして感染自体が慢性化します。この形態では、目は絶えず赤くなり、目からの流出はそれほど豊富ではなく規則的になり、そして痂皮を伴って目の隅で乾燥する(これは睡眠後に特に顕著である)。

性器クラミジア
  • 不妊
  • 流産
  • 中絶と早産
  • 弱くて実行不可能なゴミの誕生
  • 子猫の子宮内感染
  • 男性の不妊
呼吸器系に影響がある場合
  • 重症肺炎、慢性肺炎、
  • 肺水腫
  • 運命

病気の症状

ネコクラミジアの外部徴候は、病原体がどれだけ強力であったか、それが動物の体内にどれだけ存在していたか、どの臓器および系が影響を受けてきたか、そして免疫系がどれだけそれに対抗できるかに依存する。

急性と慢性のために。急性の場合、臨床的徴候はより顕著です。

病気の発症時には、温度は上昇しないか、わずかに上昇します。感染の初めに感染の食欲と一般的な状態では通常反映されていません。慢性的な経過では、心臓が損なわれるかもしれません。

目が損傷したときに何を探すべきか
  • 大量の引き裂きがあります、
  • 粘膜の目(結膜)は強く赤くなり、腫れます。
  • 3番目のまぶたが大きく伸びていることもあり、これもまた強く赤く腫れているように見えます。
  • クラミジア結膜炎の特異点は、最初の片方の眼が冒され、数日後に2番目の眼が冒されることです。

治療しないでおくと、結膜炎は重症の目の病気になり、失明を引き起こします - 白内障、角結膜炎など、そして感染自体が慢性化します。この形態では、目は絶えず赤くなり、目からの流出はそれほど豊富ではなく規則的になり、そして痂皮を伴って目の隅で乾燥する(これは睡眠後に特に顕著である)。

気道の敗北とは
  • 鼻汁
  • 咳やわずかな咳
  • 喘鳴
  • 息切れ
  • 肺炎が発症する
  • 温度が上がる。
性器クラミジア
  • 無症候性
  • 時折、外陰から少量の流出があるかもしれませんが、所有者にとっては気付かれずに通り過ぎます。

何とどのように治療する

診断はクラミジアのための特別な分析に基づいてのみ行われます。ある臨床検査ではこの感染を特定できません。

目、鼻や性器からの汚れや洗い流しが実験室に送られます。研究は2つの異なる方法で行われます。二次感染が頻繁に発生すると、結果に誤りがある可能性があります。

猫のクラミジアの治療は、特に診断が適時に行われ、そして獣医の専門家が治療計画を処方した場合は特に、通常は困難ではありません。感染症を自分で治そうとすると、この病気を慢性的な経過に導く危険性が高くなり、微生物は不適切に選択された抗菌剤に対する耐性を発現します。

治療計画を処方した後、猫の肺に合併症がなく呼吸が困難でなければ、すべての操作は自宅で行うことができます。この場合、病気の動物は他のペットから隔離されている必要があります。特別な食事は必要ありません。

抗菌薬および抗生物質による治療は、疾患の臨床像が消失した後でも継続するべきである。少なくとも3-4週間。

あなたが治療期間を守らないと、クラミジアは治療薬に対する耐性を発達させるでしょう、そしてそれは治療を著しく複雑にするでしょう。治療の全過程の終わりに、クラミジアの対照試験を受けることは良いことです。症状の消失は、必ずしも治療法を意味するわけではありません。

抗生物質

テトラサイクリンシリーズが最も優れています、残りはかなり弱いです、少ない頻度でまたは組み合わせて割り当てられています。

  • テトラサイクリン(約25〜40ルーブル、錠剤):7〜12 mg / kg、1日2回筋肉内投与、または10〜25 mg / kg経口投与。すべての猫がこの抗生物質をうまく許容するわけではありません。最小の治療用量で治療を開始し、徐々に(3〜5日間)目的の治療に到達させる必要があります。
  • ドキシサイクリン(40ルーブル/ 20タブまで):経口1日5〜10 mg / kg、
  • ミノサイクリン、メタサイクリン:投与量はテトラサイクリンのそれと同様です、
  • クロラムフェニコール(約120ルーブル/錠):10-15 mg / kg経口2〜3回/日
  • セフォタキシム(約140ルーブル/ 5フラスコ):5mlのノボカイン中に1gの物質を希釈した、1日2回0.1ml / kgの筋肉内投与。
  • エリスロマイシン(70〜110ルーブル):8〜12時間ごとに経口で10〜20 mg / kg。

目の軟膏と滴

カモミール煎じ薬または生理食塩水で膿および乾燥した皮の目を前洗浄した後にのみ使用してください。

  • テトラサイクリン目の軟膏1%(50〜70ルーブル):5〜7日間、2〜3回/日少量を下眼瞼に入れてください。
  • エリスロマイシン軟膏10000 U(70-100ルーブル):テトラサイクリン軟膏と同様に使用。
  • クロラムフェニコール点眼薬(約20ルーブル):少なくとも1週間のうちに1日3〜4回/眼まで1滴。 3日目に目立った改善が見られない場合は、ツールを交換する必要があります。
  • "アイリス"が値下がりしました(平均で約125ルーブル):1日に1〜2滴3〜4回、10日間点眼します。乾燥した化膿性の皮からこれらの同じ滴を洗うことができます、
  • "バー"をドロップ(最大130ルーブル):薬物治療の前に、眼の痛みを洗い、痛みを和らげるために使用されます(組成物中にノボカインが含まれています)。
  • 直腸2滴(最大110ルーブル):疾患の臨床症状が消失するまで(平均3〜5日)2〜3滴を1日2〜3回眼に滴下します。

免疫調節剤(疾患の長期経過とともに)

  • ガマビット(115〜130ルーブル/ 10ml):1ヶ月の間に猫の体重1kg当たり0.1mlの用量で週に1〜3回の皮下注射(最低2週間)。
  • イムノファン(200〜300ルーブル/ 5アンペア):隔日に3回(皮下または筋肉内)または1回/週。その月の間、猫1匹あたり1ml、
  • マキシジン(約225ルーブル/ 5アンペア):筋肉内または皮下注射の形で2〜5日間、1日2回0.5ml / 5kgの動物の体重。
  • フォスプレニル(約130ルーブル/ 10 ml):3日間0.2 ml / kgで1日1回(静脈内、筋肉内または皮下)。

乳酸桿菌

特に抗生物質が錠剤で投与されている場合は、抗生物質療法の全過程を通して投与することをお勧めします。

  • 乳脂質、ラクトフェロン(60〜100ルーブル/ 20錠):1日1〜2回、乾いたまたは軟化した水1杯
  • ラクトバステリン(約150ルーブル/ 10枚のフラスコ):1回1日1回、1小さじに希釈。本飼料の40〜60分前に牛乳を
  • ラクトビファドール(50-70ルーブル/ 50 g):0.2 g / kgの猫の体重、1日に1〜2回、小さじ1杯のミルクまたはゆで水で希釈したもの(暑くない!)。

感染を防ぐ方法(猫のクラミジア感染の予防)

この病気はその無症候性の経過に潜んでいるので、治療するよりも予防​​する方が良いです。

  1. 信頼性の低い路上猫とペットの接触を避けてください。なじみのない地形上の自由射程を除外する。
  2. 予防的ワクチン接種(ワクチン:ノビバック・フォーク、チラミーコン、フェロバク、ピュアバックスRCPCh、マルチフェル-4、カタバック・クラミジア)を実施するが、健康を悪化させないために。
  3. 獣医で定期点検。
  4. 通常のげっ歯類管理対策
  5. 血統の猫と猫/猫の交配は、クラミジアの分析後にのみ許可されています。

猫がクラミジアに病気であることをどうやって理解するのですか?

猫の間で感染が広がる危険性は、動物が単純に感染の無症候性の保因者である可能性があることです(全症例の最大12%)。他の場合には、これらは眼および肺の形態である:結膜の発赤、重度の浮腫、3世紀の膨らみ、活発な引き裂き、鼻からの平行した放出、猫はくしゃみをし、その足および目をこすり始める。まれに、咳が出ることがあります。

残りの形態(腸、胃および性器)は通常無症状です。この病気は免疫をきちんと阻害し、二次感染の余地があります。飼い主は単一の病気の獣医にペットを連れて行きます、そして、診断の過程で彼らは猫にもクラミジアがあることを知るかもしれません。

猫のクラミジアを治療する方法?

この感染症はうまく治療されます。治療パターンはありません - それぞれの動物への個々のアプローチだけが別々で専門家の目的のためだけです。治療計画は、より多くの併存疾患や感染症があるかどうかによって異なります。必須の抗生物質療法(3〜4週間までのテトラサイクリン系抗生物質コース)および眼の対症療法は局所反応を排除するためのものです。免疫系を維持または刺激して感染症と闘うための処方薬がよくあります。

ネコクラミジアは人間にとって危険ですか?

病気は人にとって危険ではありません。すべての衛生規則を遵守しながら、その治療やケア中に病気の動物に感染する可能性は非常に低いです。それが伝染するならば、それはクラミジア結膜炎の形で現れます、そしてそれは適切に選択された抗生物質で速くそして首尾よく治療されます。妊娠中の女性にとっては、 "猫"株は危険ではありません。胎児にとっても危険ではありませんが、特に動物がまだ病気であるならば、妊娠中にバリーンペットを扱うときに個人衛生を維持するための規則をキャンセルしません。

猫はクラミジアに対して予防接種を受けることができますか?

はい、それは可能で必要です。病気の後、免疫力は非常に弱くなるか全く起こらないので、再感染に対して保証された動物はいません。予防接種は、獣医師による予備検査と駆除後に、健康なペットにのみモノまたはポリワクチンで行われます。ポリワクチンはあまり適していません再ワクチン接種は4ヶ月ごとに行われ、それらは単独のワクチンよりもかなり高価です。

最も有名なモノワクチンはKatavak ChlamydiaとChlamyConです。ただし、継続的な予防接種はお勧めできません。いくつかの副作用があります。証拠がなければなりません(例えば、猫の生息地でのクラミジアの発生、または家の中にたくさんの猫がいるとき、片方は病気で、もう片方を保護する必要があります)。

単一のワクチンが猫を病気から100%保護するわけではないことに注意することは重要です、しかしそれはコースと臨床症状をかなり単純化します。

20コメント

猫は4ヶ月、右目は少なく見え、そして左目は……「第3の目」のように飛び出して、そして内部の抗生物質で、そして降りてきました。もう一つの攻撃が現れ始めた…厚くなって理解できないほど鈍い色のフィルムが目に入った。目自体は少し目に見えるようになり、猫の発達に付随するすべてのものは普通のもののように見える。ちょっとした目で」

こんにちは!猫は専門家に見せなければなりません、さもなければ猫は彼の視力を失う危険を冒します。おそらく、角膜損傷があったが、不適切な自己治療のために、状態は悪化し、びらんに発展した。失明の危険があります。

3番目のまぶたは炎症、そしておそらく腺腫のために落ちるかもしれません - 手術介入だけがここで助けになるでしょう(目を見る医者だけが確かに言うでしょう)。

あなたが医者に着くまで、7-10日の間1日に4-5回テトラサイクリン1%の目の軟膏で両方の目(角膜の上に指でまっすぐに - 凸の透明な部分)を塗りつけます。猫を獣医に見せるこの時期にはちょうど必要です!

こんばんは!この記事から、私はほとんどすべての猫がクラミジアを持っていること、少なくともそれらがすべてのキャリアであることに気づきました。それで、それが明確であるならば、ある種の分析をすることのポイントは何ですか?クラミジアは何ですか?

こんにちは!あなたが質問をしてそれを自分で答えた:猫がクラミジアに似た特定の病気の臨床徴候を持っているときだけクラミジアのための分析を実行することをお勧めします。猫が臨床的に健康に見えるときに探すべき何か - 全く意味がありません。分析はクラミジアに対する抗体の存在を示すでしょう、しかしそれは絶対に猫が病気であるという意味ではないでしょう、それは本当にただの保因者でありえます。それはまた、どんな人でも、最も健康な人でも手洗いをして、そこに存在する可能性のある細菌をすべて見つけるのと同じです。彼らはとにかくそこにいますが、それは人がこれらすべての病気に苦しんでいるという意味ではありません。

答えてくれてありがとう。多分あなたはアドバイスを手伝うことができる - 猫と一緒にそれを決定するために合格するテスト...彼女は6歳で、私たちは予防接種なしで市場で彼女を買った、など。 (私は白内障でも白内障でもありません)そして私たちは彼女が3ヶ月で非常に小さいと騙されました実際には彼女は他の子猫の中で非常に退屈でした。断面、出産できなかった、子猫は彼女と3子猫について約一ヶ月後、立ち往生していた鼻気管炎を食べた(私たちは民間部門に住んでいた)。子猫が2人亡くなり、回復したときに1匹が生き残った - ワクチン接種を受けた - バイオフェル。一年後、再び鼻気管炎のように治療された。酸っぱい1つ目、そして両方ともね…そしてもう1つ目、そして両方とも最初はしずくで処理され、しずくが消えている間に、放電は止まり、ちょうど滴り落ち、再び吐き出します。綿棒で拭いたとき、そして目の隅は茶色の痂皮です。それらは目から洗い流すために猫の上に手渡されました、そして抗生物質に対する感受性...しかし私が待っている間答えは、猫が姿を消して戻ってこなかった、あるいは猫や犬との戦いで亡くなった、あるいはこの病気が彼を殺した、ということです。しかし春に近づくと、猫は目から消え始めました。私は飲まなかった、私は医者に行った、と彼は言った - ある種のウイルス感染。彼らは一連の治療を受けた - 抗生物質、免疫調節剤、ビタミン。 ,(якобы) проблемы с печенью, пролечились пока лечились- вроде улучшение, только закончили, опять тоже….сейчас пошли к другому врачу..опять сделали биохимию и гематологию крови , тест на лейкоз и иммунодефицит, результат-отрицательный..сказали сдать на хламидии..я уже поняла, что это не даст ничего..может быть вы подскажете — в каком направлении двигаться , и на какую болезнь это похоже, потому что уже и кошка и мы устали…еще забыла сказать , она ни с того, ни с сего начинала хромать на переднюю лапку и так же переставала , на следующий курс лечения -тоже хромала и само по себе это проходило..

Так, давайте по порядку! В вашем случае у Вашей киски явно слабый иммунитет, который дает сбои при каждом удобном случае. Если Вы грешите на хламидиоз, то Вам не анализ крови уже сдавать надо, а соскоб с конъюнктивы, чтобы именно выявить или исключить хламидии, а не антитела к ним. Еще такой момент: хламидиоз — это хроническая инфекция в основном, поэтому лечение должно быть достаточно длительным. Могу допустить, что Ваши курсовки были короткие, поэтому рецидивы после окончания лечения вполне обоснованы, т.е. Вы не долечивались до конца. Вопросы с печенью понятны, т.к. столько всего лечебного в кошку было введено, что для печени это бесследно пройти не могло.

Могу предложить Вам следующую схему лечения: "сажаем" кошку на Гепатоджект: внутримышечно или подкожно в дозе 1 мл однократно в день — отличный препарат, хорошо действующий на печень. При хламидиозе хорошо себя показывают антибиотики тетрациклинового ряда, поэтому сделайте курсовку этого антибиотика внутрь по 20 мг/кг трижды в день в течение 3-4 недель (да, именно в течение месяца почти, иначе результата не будет). Глазки: обычная мазь глазная тетрациклиновая 1% в каждый глаз по 4-5 раз в день в течение 3 недель после предварительного очищения глазок отваром ромашки. Выдавливаете на пальчик капельку мази и прямо по роговице делаете мазок, кошечка моргнет и в глазике все как надо распространится. Даже если вдруг кошке станет лучше после лекарств — бросать курс нельзя, его следует довести до конца. テトラサイクリンと一緒に、あなたは広域抗生物質を追加する必要があります。クラミジアがその純粋な形で起こることはめったになく、ほとんどの場合、感染は他の何かと関連しています。タイロシン:1日1回7日間、0.2 ml / kgの用量で筋肉内に投与する(注射のための足は毎日変わります - 左、右、左、右など)。彼らが言うように、テトラサイクリンによる治療の終了の1週間前に、あなたは自由に利用できる免疫調節剤(gamavit - 0.1 ml / kg)を追加することができます。

あなたの疲労は理解できますが、猫は救われる必要があります。あなたが私の書いたやり方ですべてをやれば、私たちはそれを引き出すでしょう。

答えてくれてありがとう…これはクラミジアに似ていて結膜から掻き取る必要があると思いますか?それともあなたの目から洗い流す必要がありますか?(言い方をすれば)この分析は妥当ですか? 100とオキシテトラサイクリン軟膏で塗る...温度はすでに低いですが、それはまだ退屈です、それはゴツゴツしたスズメのように座っています..それは彼女が健康ではないことを示しています。

テトラサイクリンのコースは3-4週間であるべきです、ヒドロキシ-100は5日まで(最高1週まで)投与されます。さらに錠剤ではテトラサイクリンを継続することが必要である。こすることはいつでも行うことができます、それはあなたが決定したいことが重要です - 一般的にクラミジアの存在または治療の有効性を確認する。もし治療が治療過程全体の終わりに過ぎないのであれば、今のところ掻き取ることは可能である。

おやすみなさい、神様のために、用量を明確にしたいのですが、正しく理解できれば、テトラサイクリンではありませんが、中に入っている錠剤... 2 kgの場合、テトラサイクリンは1用量あたり40 mgになるでしょうか。そして私は通常1日1ガマビットを刺しています、そしてあなたは0、1 ml / kgをお勧めします...それで十分ですか?そして、2016年の冬に猫は敏感さのために視界から外れて塗抹されました彼らはブドウ球菌溶血性の存在を決定しました...多分猫もそれを持っています..そして、彼女はインスリン注射器で筋肉内注射をすることができますか?事前に感謝します...

はい、テトラサイクリン40 mg /レセプションです。ピルのどの部分 - 彼らはどのような投与量になるかに応じて、自分のために決定します。

Gamavit:0.1 ml / kgが最小予防投与量です、治療は0.5 ml / kgに達します(ここであなたの1 mlです、そしてそれは判明します)。 1ミリリットルを入力してください - 害は正確になりません!あなたはGamavit-Forteを入力することができます - 組成物中にインターフェロンがあります、二次抗ウイルス効果はよく拍車をかけられます。

理論的には、注射はインスリン注射器で行うことができますが、私は個人的にこれに対する特別な必要性を見ません。従来のダブルキューブシリンジは、通常の太さの針を有する。しかし、あなたがとても快適なら、どうぞ。

どうもありがとうございました。神はあなたに健康を与えます!

こんにちはクラミジアで目を治療する方法を教えてください。クラミジアは私の猫に発見された、抗生物質と目の薬が処方されたが、それらは非常に高価であり、適切な治療のために十分ではありません。私はこの感染症の治療にテトラサイクリン軟膏を使用できますか?もしそうなら、一日に何回塗抹すべきですか?そしてそれはエリスロマイシン眼軟膏を使用することは可能ですか?そしてそれをどのように使うのですか?そして、あなたがより少ない回数あなたの目を汚すとどうなるでしょう?

こんにちは!眼のクラミジアは局所的に治療されるだけでなく、内部にも抗生物質を投与する必要があります。免疫調節剤も重要です!さらに、コースはかなり長くなるでしょう、さもなければこの病気は克服することができません(確かにそれが最初か2週でより容易になるという事実にもかかわらず3-4週)。例えば、最も一般的なテトラサイクリンとエリスロマイシンを服用することができます。またはドキシサイクリン。一方の抗生物質は目に入り、もう一方は中に入ります。あなたが落とすことができます目には、あなたは軟膏することができます、それは事前のクレンジングの後にのみ適用することが重要です。投与量は記事に示されています。それはすべて単なるペニーです。投与頻度および点滴剤/軟膏剤の使用頻度は非常に重要である。あなたがkursovkaに違反し、必要以上に薬を塗る/塗る/滴るなら、あなたは病原体に対する抵抗とゼロへの有効性に対する欲求を開発することができます。

こんにちは!猫はクラミジアを持っていた、今抗生物質で治療された、分析は彼女が治癒したことを示しています。病気に苦しんだ後も可能ですか
またクラミジアはmultifel-4を接種しませんか?

こんにちは!予防接種は病気や弱った猫を作りません。病気の後の回復期の動物は弱いと見なされます。予防接種は可能ですが、回復後1ヶ月以内に行うことができます。

こんにちは、教えてください、子猫は通りから撮影された、生後2ヶ月であり、2人の獣医師と一緒にいた、目は既に流れていたが、1人は検査中にクラミジアについて話しませんでした。カプヌルはダニ、ワーム、ノミから彼を落としました。 4日が経ちました、しかし目はまだ流れていて、小さい膿が、非常に小さいしこりが集められて、そしてその子猫はその足の上に、最初に数日の間、そして今また別のために足を伸ばします。両方前。これはクラミジアの症状でしょうか?
他の症状はありません。私は警報を鳴らさないであろう、しかし子供は家にいる。

こんばんは、質問は猫と猫が先天性クラミジアを持っていることが判明したので、猫は不妊症を除いて、彼女はクラミジアの兆候を持っていない、猫は目を持っていない、結膜炎はまっすぐMalinkiのような目の中にcat-4の指標ではcat-4の中で、それらは4年間一緒に暮らしていました、猫では2回目の血液検査で-4を示し、結膜を持つ猫では陽性の結果を示し、blood-0、もう1つの都市の診療所に行った、彼らはすべてを話した、彼らはすべてを示した、私たちは最も可能性が高いと言われましたしかし、彼はいつも赤い目をしているので、Dekta 2は私たちを救い、彼らが匂うとすぐにまた何度も何度も何度も言います。実験室で検査をやり直すことはできますか?また、動物を治療しても同じことがクラミジアの存在を示しているのですが、どうすればいいですか。

こんにちは!動物がクラミジアの保因者である場合、血液は常に陽性の検査を行います。違いはタイトルだけです。すなわちそれはクラミジアの隠れた形ではないかもしれませんが、保因者の状態です。目から洗い流す必要があります。今、もしあれば、あなたは治療が必要です。出口では、猫が保因者であり、猫は病気です。感染しやすい。それはかなり頻繁に起こります。あなたのための主なことは動物が健康に見えるということです、そしてそれが出口でキャリアになるという事実は行く道がありません。

クラミジア結膜炎は、テトラサイクリン系の抗生物質で非常に長期間にわたって治療されます(外的症状がないという条件であっても、少なくとも3〜4週間)。理想的には、目を洗い流して、特定の抗生物質に対するクラミジアの感受性をテストしてください。そうすれば、治療効果がより早くそしてより確実に現れるでしょう。錠剤を得るためには外的手段と内的手段の両方を扱うことが必要です。治療が早めに中止された場合、バクテリアは徐々に抗菌薬に対する耐性を発現し、それを治癒することは非常に困難になります!すなわち癒し始めたら、辛抱強くそしてあるべきようにすべてをしなさい。目からクラミジアを取り除き、そして特にあなたの猫との感染の慢性的な経過を考慮するならば、私はお勧めします:目にはエリスロマイシン/テトラサイクリン軟膏/ジェル/滴(目にはどんな形でも)3週間はっきり(角膜を右目に塗るか直接滴下) 1日2〜3回、1日1回5 mg / kgの用量で2週間経口ドキシサイクリン。たとえあなたが良くなったことに気付き始めても、コースは止まりません。

こんにちはあなたは猫について何をアドバイスすることができます、7月に、彼らは(車で6時間)交配のために猫に行き、彼は1日を過ごしました。妊娠はありません。 9月に、猫は発情の2日目にだけ、同じ場所に再び行きました、6日間猫と一緒でした。一ヶ月後、超音波妊娠はありませんでした。交尾後の最初の数週間で、なんらかの暗黒の放電があり、一滴が乾いてから、湿った綿ウールでそれを取り除きました(妊娠を望んでいます、意味を付けませんでした)。

良い一日!
猫でなだれテストを渡した。私は活動的な段階でそれを理解するようにクラミジアが検出されます。眠っているときに喘鳴が見られます。目は水をやりません。
獣医師は治療注射とピルを処方しました。
夫が注射をしたとき、猫は彼を悩ませた。
感染の危険がありますか?
私は今妊娠しており、重要なのは私の周りの人々の純度と健康の向上です。
返信いただきありがとうございます。

感染の原因

非常に伝染性の感染症の原因となる病原体は、偏性微生物Chlamydophila FelisとChlamydia psittaciです。第一の種類の病原体は、飼い猫の結膜の炎症を主に引き起こし、種特異的な細胞内寄生虫である。

Chlamydia psittaciは、ペットの臨床症状のより広範なリストを特徴とし、しばしば病気の鳥から伝染します。クラミジアは病気の動物と接触する人々にとっても危険です。

飼い猫の感染は、鳥、げっ歯類の狩猟をするときにしばしば起こります。健康なペットにとって、感染した動物やその代謝産物(糞便、尿、唾液)との接触は危険です。クラミジアに感染する最も一般的な方法は空中および性的な方法です。生まれたばかりの子猫は子宮内でそして出産中に感染するようになる。

クラミジアは絶対に飼い慣らされていない猫にも感染する可能性があります。病原体は、靴から持ち込まれることが多く、所有者自身が通りから物を持ちます。世帯が野外動物と接触すると、ふわふわの家の感染の危険性が急激に高まります。

リスクグループには、家禽と接触している猫が含まれます。室内に複数のペットがいると感染の可能性が高まります。 多くの場合、予防策を遵守していない猫の飼育を専門とする苗床は、しばしば若い株の大量感染にさらされています。

病原体は、飼い猫の体外に24〜36時間存在し得る。紫外線への投資は微生物にとって有害で​​す。 1分間沸騰させるとクラミジアを殺す。消毒剤に関しては、病原体は選択的であり、特別な解決策(フェノール、クロラミンなど)によってのみ破壊されます。環境中のクラミジアの相対的な安定性は、ヒトを含む哺乳動物の間でそれらの広範囲にわたる蔓延を引き起こす。

クラミジアの症状

最初に、動物に入った後、クラミジアは結膜、口腔、咽頭、胃、腸、泌尿器系および直腸の粘膜を裏打ちする上皮細胞を攻撃する。微生物は細胞の保護を中和し、細胞内で自由に増殖します。潜伏期間は7〜14日です。

獣医師の専門家は、適格な援助を早期に求めることを目的として、ペットの次の症状に注意を払うことをお勧めします。

  • 鼻炎鼻腔からの流出は透明である。動物は頻繁にくしゃみ、喘鳴をしています。
  • 病気の初めに、時々わずかな熱があります。免疫系が弱まっている人では、発熱がしばしば起こります。
  • 眠気、無関心、眠気、落ち込んでいます。
  • 食欲不振、摂食拒否。
  • 結膜炎。眼の粘膜の炎症は、漿液性物質の有効期限から始まります。二次感染の合併症で、粘液の色は赤レンガ色になり、流出物は化膿性になります。観察された結膜浮腫敗北はより一方的です。多くの場合、炎症は濾胞性結膜炎の形をとります。
(A)クラミドフィラ・フェリスによる若い猫の結膜炎。結膜充血およびケモシスに注意を払う。 (B)経口ドキシサイクリンおよびテトラサイクリン/ポリミキシンB軟膏による治療の3週間後。
  • 世界中の動物が目をくらませ、暗い場所に隠れようとしています。涙と眼瞼痙攣があります。
  • 肺炎の現象:咳、喘鳴、激しい呼吸。重症の場合、肺水腫が発症することがあります。
  • 消化不良:嘔吐、便秘、下痢。
  • 不妊症、自然流産、生存不可能な子孫の誕生。
  • 男性では、まれに、尿道炎や頭の炎症、陰茎の包皮(肛門肛門炎)が見られます。
クラミジアによる関節の損傷

いくつかのケースでは、クラミジア感染症は関節の弛緩、硬直を明示します。 若い時には、感染症は低身長、繁殖基準からの成長および発達の遅れを伴う。

獣医診療では、病気の急性および慢性の症状があります。急性型は、臨床像の鮮明な発現によって特徴付けられる。慢性疾患は潜伏性であり、飼い主にとって無症候性であり得る。

病気の危険性は何ですか

この疾患の潜伏性は、その純粋な形態では、感染が上皮細胞への微生物の導入の初期段階にのみ存在するという事実にある。細胞内保護因子を破壊したクラミジアは、二次感染の発生を引き起こします。この状況は疾患の臨床像を悪化させるだけでなく、診断手段の実行を複雑にする。

クラミジアの生活環

慢性疾患は動物の生殖機能障害につながります。猫は自発的な中絶、生存不可能な子猫の誕生をしています。新生児にとって、感染はしばしば致命的です。

泌尿生殖器系の円筒状上皮で発生しているクラミジアが、腎臓で炎症過程の発生を引き起こし、飼い猫の尿路結石症の発症を引き起こすという証拠があります。

病気を検出するための分析

疾患の診断は臨床的方法および実験室的方法の両方を含む。専門の施設では、ふわふわのペットが血液を取り、結膜の削りくずや綿棒を取ります。血液の分析では、感染プロセスの特徴である白血球増加症に注意を払います。

クラミジアのELISA

掻爬や塗抹標本で細胞質クラミジア封入体を検出します。酵素結合免疫吸着検定法も診断に使用され、それは生物学的材料中の特定の抗原の検出を可能にする。

感染を診断するための高精度の方法はポリメラーゼ連鎖反応法である。この研究は、サンプル中のクラミジアの単一コピーを検出することを可能にする。

重要な場所は、同様の症状を呈する他の感染とクラミジアの鑑別診断によって占められています。獣医師は、次の病気を除外します:ウイルス性鼻気管炎、カルシウイルス症、レオウイルス感染症、ボーデテラ症。

非感染性肺炎を除外するために、胸部のX線検査を実施することができます。

猫のクラミジアの治療

効果的な治療を処方することは、診断研究の結果に基づいて獣医の専門家だけにすることができます。潜行性疾患の自己治療は、重篤な合併症を引き起こし、さらにはペットの死さえも引き起こす可能性があります。肺水腫の形でひどい合併症がない場合は、病棟の猫は厳密に医師の指示に従って治療を受けることができます。

クラミジア感染を取り除くための総合的なアプローチは以下のとおりです。

  • 抗菌薬の一般的な使い方獣医学では、クラミジアの治療にテトラサイクリン系抗生物質(テトラサイクリン、エリスロマイシン、ドキシサイクリン)が使用されています。耐えられない場合は、フルオロキノロン剤、例えばシプロフロキサシンを処方することができる。薬は錠剤または筋肉内の形で使用されます。治療期間は通常長く、少なくとも30日間です。

  • 抗炎症薬による局所治療目の粘膜の炎症過程を減らすために、カモミールとセージの溶液が使われます。顕著な結膜炎の場合は、クロラムフェニコール滴剤を処方し、テトラサイクリン軟膏を結膜下嚢に入れます。

  • 免疫調節療法は、動物の免疫システムを強化するのに役立ちます。この目的のために、病気の猫はRoncoleukin、Gamavit、Fosprenilなどを処方されています。
  • 脱水症状に対しては、食塩水とブドウ糖の静注液が使用されます。

飼い主が数匹の猫を飼っている場合は、すべての動物が抗生物質療法を受けなければなりません。効果的な治療法では、予後は良好です。

猫のクラミジアの治療については、このビデオを参照してください。

それは人に伝わるか

クラミジア感染症は、ネコ属の代表者だけでなく、家庭にとっても危険です。人が個人衛生の規則に従わないと、病気の世話をしたりペットを回復したりしている間に感染する可能性があります。この病気は結膜炎の形で現れます。

妊婦の感染は不妊につながることがあります。免疫系が弱まっている家族の小さな子供、年配者、病気の人も病気の動物との接触から保護されるべきです。

病気が無症候性であり、動物が危険な感染症を持っていると推測することは不可能であるとき、最大の危険は病気の慢性的な経過において飼い主と世帯を脅かします。

クラミジア予防接種

現在、飼い猫の感染症の発症を防ぐために、いくつかのワクチンが獣医学で使用されています。 За рубежом производится высокоэффективная живая вакцина Katavac Chlamydia. Российским аналогом является биологический препарат ХламиКон. Оба профилактических средства относятся к группе моновакцин.

多価予防薬の中で、Multifel-4ワクチンが使用され、これはクラミジアに加えて、飼い猫をカルシウイルス症、白血球減少症およびウイルス性気管炎などの疾患から保護する。国内ワクチンの外来類似物は、アメリカ合衆国で製造されているFelovax-4およびフランスで製造されているPurevaks RCPChである。

予防的治療の前提条件は、事前の駆虫および動物の健康であるべきです。この点で、定期予防接種前の所有者は、体内にクラミジアがあるかどうかペットを検査する必要があります。

感染の危険性が高い地域では、飼い猫の予防接種を定期的に実施する必要があります。展覧会に晒された猫や動物の繁殖の予防予防接種です。

飼い猫のクラミジアは、主に呼吸器症状および特徴的な結膜炎の発症を伴う、非常に伝染性の感染症です。病気の診断は生物学的物質の実験室分析に基づいています。

獣医の専門家の監督の下で、長期間にわたって抗菌薬で治療。積極的な予防策として、飼い猫の感染を予防する多くのワクチンが開発されています。

トキソプラズマ症は、げっ歯類や鳥との接触により猫に起こります。しかし彼女は外に出ずに感染するようにもなります。

妊娠中の猫とその子孫にとって特に危険なのは、クラミジアなどの感染症です。

しかし、猫のこの生理学的プロセスが規則的になると。ネコ免疫不全症のウイルスとして、クラミジア、マイコプラズマ症、ボーデテラ症。

猫のクラミジアの原因物質

これが動物から人間に伝染する人畜共通感染症であることも覚えておく価値があります。クラミジアはウイルスと細菌の間にあるものなので、この微生物と戦うのはそれほど簡単ではありません。猫のクラミジアは、C.Psittaci(生物型番号7)によって引き起こされます。細胞壁および中間層は、グラム陰性菌に特徴的なペプチドグリカン層である。しかし、病原体をより詳細に研究すると、遺伝的装置(すなわち、小体)は1つのDNA分子によって表され、一方RNAはリボソームに位置していることがわかります。

クラミジアは、一般に偏性寄生虫(細胞内)とも呼ばれます。これはクラミジアがそれ自身のエネルギー代謝を持たないという事実のためであり、そしてそれ故にそれらはクラミジアも「寄生する」「宿主」細胞を必要とする。原因物質は単純な二項除算で乗算されます。すべての哺乳類と132種の鳥がクラミジアに感染しやすいです。猫はまた空中浮遊(性)や性的に感染しています。最も影響を受けやすいのは若い動物です(5週から7ヶ月齢)。この病気は病気の口ひげに密着している人にとっても危険です。

そしてそれは動物がクラミジアの明らかな症状を持っていることは絶対に必要ではありません。潜在的に(隠されている、知覚できないほど)病気でさえも多くの問題を引き起こす可能性があります。そして、猫に感染した人は他の人を再区分することができます。だからこそ、予防を間に合わせること、そして直ちに獣医師に援助を求めることが非常に重要です。

まったく同じ猫が他の鳴き声のある仲間(通常は野外)やげっ歯類(ラット、マウス)から感染する可能性があります。病原体は目と鼻からの放出で環境に入ります。キャリッジは長期間持続します。クラミジアが猫の体に入ると(目、呼吸器または生殖管を通って)、それらは直ちに粘膜を貫通します(より正確には上皮細胞の中へ)。それから、血流で、微生物は体中に広がり、全ての内臓、関節、リンパ節、脊髄、脳に入り込み、それらに影響を与えます。

写真の猫のクラミジアの明るい症状:

猫のクラミジアの症状は感染後の最初の日からではなく、5 - 10日後に現れます(これは潜伏期間が続くだろうどれくらいの長さです)。しかし、急性と慢性のコースがあります。慢性的なコースでは、猫のクラミジアの徴候はそれほど顕著ではありません。動物は増悪期間(再発)および減退期間(寛解)を記録した。

猫におけるクラミジアの潜伏型

猫が強い免疫力を持っている場合、クラミジアは潜伏型(潜伏型)で起こります。最初は、ほんの数日続く軽度の熱があります。一般に、ペットの状態は満足です。食欲は維持され、活動は損なわれません。したがって、非常にまれなケースでは何かが間違っていると疑うことが可能です。たとえ猫が少し涙目をしていても、飼い主はそれを風邪として感じています。

片目だけで10-17結膜炎の最初の日、その後2番目のものは "接続"です。まぶたが赤く赤く腫れた。そして、そのような状態は数日から数ヶ月に及ぶことがあります。化膿性の地殻が出現した場合、これは二次的(二次的)病原性微生物叢(細菌、しばしば球菌)の添加によるものです。潜在型で発症する肺炎は診断が非常に困難です。これは、細気管支を伴う肺の小さな周辺領域が炎症を起こし、呼吸がほとんど妨げられないという事実による(肺の小さな領域が苦しむにつれて、それらの中でのみ通気が変化する)。はい、そして肺炎の診断を確認することはしばしば組織学的検査によってのみ可能です。

生殖システムも苦しんでいます。猫は子宮頸管炎(子宮頸部の炎症)、尿道炎、永久流産(流産)を発症します。男性では、精巣炎(精巣の炎症)および口蓋肛門炎(亀頭の炎症および包皮の内側の小葉)。

猫のクラミジアの急性および慢性型

慢性的な経過では、これらの症状は目に見えないので、病気について推測することはほとんど不可能です。それに感染するのはこれまで以上に簡単ですので、そしてこれは非常に危険です。彼女をなでる、彼女と遊ぶ、ハンドルをつかむのが好きではない人。そして、どんな愛情のこもったペットが眠そうな顔で午前中に彼の濡れた鼻を突っ込まないのですか?しかし、そのような接触は人間の感染を引き起こす可能性があります。

急性では、猫のクラミジアの徴候がより目に見えるようになります。ただし、すべての所有者がそれらを重要視するわけではありません。時間が経つにつれて、病気は消えてクロニクルに入ります。そしてそれを取り除くのはそれほど簡単ではありません。

猫のクラミジアの治療は正確な診断から始まります。診断を確認するための1つの症状だけでは不可能です。臨床検査は、同様の臨床徴候を伴う感染症(ヘルペスウイルス、カリシウイルス、マイコプラズマ症、レオウイルス)に満ちているので、絶対に必要です。

免疫状態は治療薬の予約に大きな役割を果たします。

すべての抗生物質がクラミジアを克服できるわけではありません。したがって、自己治療に従事する必要はありません、資格のある獣医師に連絡してください。彼はテトラサイクリン系抗生物質(オキシテトラサイクリン、ドキシサイクリン、テトラサイクリン塩酸塩など)を処方する予定です。

それらを処方するとき、牛乳は食事から除外されます。マグネシウムイオンおよびカルシウムイオンとテトラサイクリン系の抗生物質との組み合わせ(特にドキシサイクリンが使用される場合)から、不溶性化合物の形成がもたらされる。スルホンアミド、ペニシリンおよび - マイシン(ネオマイシン、ストレプトマイシン、バイオマイシン)はクラミジアとの闘いには役に立たないので禁止されています!

zoo-club-org