動物たち

猫用フォーベット:使用説明書、作曲とレビュー

薬は透明な液体の薄茶色の色合いの形で入手できます。注射液はボトル(5、10、20、50および100ml)またはアンプル(1、2および5ml)に包装される。

有効成分はパナビル(液体1 mlあたり40 µg)で表され、補助物質は次のとおりです。

  • 塩化ナトリウム - 900 mg、
  • 水 - 100 ml以下(薬の量によります)。
Forvet - 獣医学における抗ウイルス薬

パナビルは、ジャガイモ苗条から抽出された植物由来の抽出物であり、以下のものからなる。

  • グルコース - 10-67%、
  • キシロース(木糖) - 0.1〜3%、
  • マンノース(天然抗生物質) - 0.1〜5%、
  • ラムノース、化粧品業界で人気 - 2-10%、
  • アラビノース(少量のカロリーを含む甘味料) - 3-15%、
  • ガラクトース(ミルク) - 2〜27%、
  • ウロン酸(単糖類の誘導体) - 2-5%。

使用上の表示と作用機序

Forvetの治療に使用されます。

  1. 皮膚の炎症、創傷および湿疹。
  2. ウイルス性疾患(汎白血球減少症、感染性肝炎、アデノウイルス症、ペスト肉食性食道炎、鼻気管炎、パルボウイルス腸炎)。
  3. ストレス状態
  4. 手術に伴う影響(食欲の正常化、体重増加)。
薬物forvetは獣医師の勧告に排他的に使用されています。

主な活性物質を摂取したとき:

  • 粘膜の保護を高めます
  • ウイルスと戦うインターフェロンを合成します。
  • 影響を受けた細胞内でのウイルスの増殖を妨げ、その活性を低下させます。
  • 免疫システム、新陳代謝を刺激し、有害な要因に対するボディの抵抗を改善します。

使用説明書

用途の特徴と量は目的によって異なります。

  1. 予防この溶液を1〜2日の間隔で観察しながら、静脈内または皮下に2回投与する。その量はペットの体重によって異なります。
    1. 体重5kg未満の猫用物質2.5ml
    2. 5 ml - 5 kgを超える体重。
  2. 治療炎症と創傷治療で7-10日続きます。動物に1日1回10 kgあたり1 mlを投与する。ウイルス性疾患の治療では、経過期間は維持され、投与量は体重5 kgあたり1 mlに増やされる。

次の薬を飛ばすとその効果が低下することに注意してください。この場合、推奨投与量による治療の継続を考慮して、単一の症例が許される。

使用する前に、説明書を読んでください。

Safety forevetは妊娠中や授乳中の猫の治療に使用できます。

保管条件と貯蔵寿命

薬は湿気や日光から遠ざけます。 25°C以上、4°C以下および食品の近くには保管しないでください。開封済みのパッケージは2週間以内に保存されます。

有効期限が切れると、薬は捨てなければなりません。

ストレージフォーベットの規則に従うことは、その製造日から3年間有効です。

薬が粘膜や皮膚に付着した場合 - 石鹸を使用して病変を流水で十分に洗い流してください。アレルギーが発生した場合は、直ちに医師に相談し、添付の指示を忘れないでください。

薬物forvatの価格と類似物

問題の薬物を使用することが不可能であるならば、獣医師は以下の類似体のうちの1つを処方します:

薬の費用は400ルーブルから1000ルーブルまでさまざまで、以下の要素によって異なります。

  • 獣医薬局の選択
  • 地域の場所
  • 購入したソリューションの量と種類。

結論として、foretはその天然の成分と安全性を引き付ける効果的な薬であると私は思います。

比較的新規性(2015年に開発された薬)にもかかわらず、病気のすべての段階でのforevetの有効性は獣医診療によって成功裏に証明されました。さらなる利点は、授乳中および妊娠中のその使用の可能性である。この場合、あなたはあなたの最愛のペットの健康を心配することはできません。

猫のための薬「Forvet」の使用

薬 "Forvet"(Forvet) - 動物の胃腸管の障害、さらには猫のウイルスによって引き起こされる様々な病気を予防し治療することを目的としたウイルスに対する獣医学。同時に、「Forvet」はペットの免疫力を高めることができる免疫調節剤です。

Forvetの主な用途は次のとおりです。

  • 感染症
  • アデノウイルス。
  • 猫のヘルペスウイルス性肝炎
  • 伝染性肝炎。
  • カリシウイルス症。
  • ロタウイルス腸炎
  • パルボウイルス腸炎。
  • ジステンパー肉食性。
  • 免疫力と感染に対する抵抗力を高めます。
  • 猫の皮膚病
  • 皮膚糸状菌症
  • アトピー性皮膚炎
  • 長期間にわたって治癒しない創傷。
  • 手術や怪我の後の回復のスピードが上がりました。
  • 有害要因に対する耐性を高めるために。
  • 猫の通常の生活状況の変化 - 所有者の変更、新しい場所への移動、見慣れない地域での一時的な居住など

薬「フォーベット」の組成

猫のための "Forvet"の使用説明書によると、薬の有効成分はSolanum tuberosumの芽の精製抽出物です。これはヘキソースグリコシドクラスの多糖​​複合体です。それ以外に、製剤はラムノース、アラビノース、グルコース、ガラクトース、キシロース、マンノース、およびウロン酸を含む。賦形剤は塩化ナトリウムおよび注射用水である。

外部的には、 "Forvet"は無色透明または茶色がかった液体です。

何が薬「Forvet」を生み出すのか?

薬「Forvet」は5mlのガラス製アンプルに包装された滅菌溶液の形で製造されています。また、薬は10、20、50、100mlのボトルで購入することができます。バイアルは、アルミ製のキャップで固定されているゴム栓で密封された、耐久性のある材料で作られています。

アンプルまたはバイアルは、硬い段ボール箱に2個または5個入って包装されています。専門の薬局では、フル包装とアンプル/バイアルの両方を購入できます。

猫のための「Forvet」:使用方法

薬 "Forvet"は獣医師の勧告にのみ使用されます。猫の病気の治療「Forvetom」は、ウイルス性疾患、皮膚の炎症、げっ歯類から伝染する病気の場合には、外科診療において処方されます。また、この薬は優れた予防薬であり、他の薬と併用されます。

溶液「フォーベット」は全ての場合において静脈内または皮下に投与される。

疾患の予防の場合には、作用物質は24〜48時間の頻度で2回投与される。薬の投与量は、猫の体重に応じて選択されます。猫の体重は5 kg未満、5 ml - 5 kg以上の場合は2.5 mlです。

医師の推奨に従って痛みを伴う症状を除去するために、Forvetの解決策を入力するためのスキームは以下のとおりです。

  • さまざまな種類のウイルス性疾患、ならびにカルセウイルス感染症の治療において - 1日1回、動物の体重5 kgごとに1 mlの資金。
  • 長期間治癒しない皮膚病や傷の場合 - 24時間に1回、体重10kgごとに1ml。

通常薬は7-10日間投与されます。しかしながら、ある場合には、治療期間および投薬量は治療する獣医によって決定される。適用方法「Forvet」は、動物の個々の特徴および疾患の詳細に基づいて任命される。

猫用医薬品「Forvet」の禁忌と副作用

通常、薬物「Forvet」による副作用は観察されません。このツールには実質的に禁忌はありません。薬物の使用についての唯一のコメントは、個々のForvet成分とアレルギーの猫に対する個々の不耐性であるかもしれません。

突然「Forvet」の使用後に奇妙な症状がある場合は、薬の注射を中止する必要があります。ほとんどの場合、副作用は消えます。

薬 "Forvet"の価格

猫用の「Forvet」の使用方法を見直しました。この薬の価格はかなり高いです。ツールがロシアで生産されているという事実にもかかわらず、薬の野菜起源は複雑な技術の使用を含みます。その結果、「Forvet」は広範囲の質的な薬です。

この薬はロシア全土と海外の獣医薬局で購入することができます。費用はボトルごとに420から450ルーブルまで異なります。

インターネットのvetaptekahでは、 "Forvet"の価格は、おそらくもう少し低くなります。ただし、オンラインリソースを注文する際は、販売者に関するカスタマーレビューを慎重に検討する必要があります。さもなければ、あなたはあなたのペットの健康を害する低品質の商品を購入することができます。

獣医師のレビュー

実践獣医師は、「フォルベット」という薬の使用を勧めています。

  • "Forvet" - 植物由来の薬です。
  • 解決策は、有効に使用されているパナビル - 人々の治療に成功した - に基づいています。
  • 猫のための「Forvet」を使用するための説明書、レビューは、このツールが高分子量のポリアニオン性多糖を持つ薬理学的薬物の先駆者であることを示しています。これはヘキソースグリコシドのクラスに属します。この物質は、ウイルスに対する薬剤耐性および抗ヘルペス特性を示します。免疫調節剤であるのは多糖類パナビルである。

  • この薬は同時にウイルスを殺し、免疫力を高めます。生物の免疫状態の係数の正規化は、アルファおよびガンマインターフェロンの誘導の結果として起こる。
  • 猫のための「Forvet」を使用するための説明書は広範囲の薬物投与に注意します:薬物はウイルス感染、皮膚科疾患、外傷後および術後悪化を防ぐために、そして適応過程を増やすためにストレスの多い状態で使われます。
  • その免疫調節特性のために、Forvetはウイルスとバクテリアによって引き起こされた感染、困難な環境条件、そして動物から動物に伝染する病気(病気の主要なキャリアとの接触を通したもの、げっ歯類)に対するペットの耐性を改善します。また、薬は動物の代謝過程を正常化します。
  • 「Forvet」は猫には容認されやすく、ペットの早い年齢から処方することができます。
  • この薬は妊娠中の猫による合併症なく忍容されます。
  • このツールはほとんどアレルギーを引き起こさず、禁忌もありません。
  • 「Forvet」の癒しの特性は、病気の初期段階だけでなく、その真ん中にも現れています。

薬の組成と放出形態

薬物は、8mlの保護キャップを備えた使い捨ての特別な注射器ディスペンサーに包装された黄色の油性懸濁液の形で入手できる。それらは、湿ったクリーニングワイプと使用説明書とともに、1つのカートンボックスに20個入りです。

薬物Mastiet Forteの組成物はテトラサイクリン、プレドニゾン、ネオマイシンおよびバシトラシンを含む。

1本の注射器に含まれる有効成分として、

  • テトラサイクリン(200mg)、
  • プレドニゾロン(10mg)
  • ネオマイシン(250 mg)、
  • バシトラシン(2000IU)。

さらに、ステアリン酸マグネシウムおよびワセリンを懸濁液に添加する。

薬理学的性質

マスティフォルテは、広範囲の作用を持つ複合抗生物質です。それはほとんどのグラム陽性菌とグラム陰性菌と戦う。調製物の一部であるネオマイシンおよびテトラサイクリンは、細菌細胞におけるタンパク質の産生を妨げる。

バシトラシンは細菌の壁を破壊し、内部に侵入します。ホルモンのプレドニゾロンはグルココルチコステロイドのグループに属し、抗炎症作用があり、効果的に腫れを緩和し、アレルギー反応を排除します。ほとんどの場合、この薬は動物による忍容性が高く、顕著な有害事象はありません。

予約の目安

通常、Mastiet Forteは牛の乳房炎の治療に使用されます。同時に、薬物を大腿内に、すなわち乳房炎に冒された乳房に直接注射する。薬は24時間有効であり、ブドウ球菌、連鎖球菌感染症およびクレブシエラとの戦いに非常に効果的です。しかし、獣医診療では、Mastiet Forteは猫や犬の中耳炎、ならびに細菌性の病因のさまざまな皮膚病の治療によく使用されます。この場合、薬は患部皮膚への塗布の形で使用されます。

Mastiet Forteは牛の治療を目的としていますが、獣医学や猫にも使用されています。

副作用と禁忌

この薬は動物による忍容性が高く、禁忌や副作用がありません。唯一の例外は、薬物の成分に対する個々の不耐性とあり得るアレルギー反応です。この場合、薬の使用を中止することをお勧めします、そして抗ヒスタミン薬と対症療法のコースは猫のために処方されます。

薬物Mastiet Forteには禁忌はありません。

特別な指示

Mastiet forteは他の薬剤の使用と組み合わせることができますが、組成や使用方法が似ている薬剤は例外です。懸濁液が嚢内投与される場合(例えば、肛門肛門炎)、嚢内投与のための他の手段の使用は禁止される。

薬を使用するときは、獣医薬を扱うときに使用される個人の衛生対策を遵守する必要があります。粘膜や皮膚に触れた場合は、流水でよく洗い流してください。その後、人がアレルギー反応を起こしたり薬物が中に入った場合は、直ちに医師に相談するか救急車を呼んでください。家庭用の空の注射器の使用は認められていません、それらは廃棄しなければなりません。

期間および保管条件

スーツケースは、直射日光を避け、0〜+ 8℃の乾燥した涼しい場所に保管してください。子供や動物の手の届かないところに、薬を密閉した元の包装に入れておくことが望ましいです。賞味期限(温度による)は製造日から2年間です。食品や家庭用化学物質とは別に保管してください。薬の有効期限後に処分する必要があります。

ドラッグレビュー

猫の飼い主はMastiet Forteを称賛します。

エレナ 私の猫は最近急性感染性中耳炎と診断されました。医者は薬物Mastiet Forteを1日2回処方しました。私は10日間それを使用して、そして本当に結果を見ました。猫は彼女の耳を掻くのをやめ、穏やかになり、痛みは消えました。懸濁液は副作用を引き起こさない、それはよく耐えられる。私は嬉しかったです、私はお勧めします。

オルガ 猫が脱毛し始め、鱗状の赤い斑点が肌に現れ始めたことに気づきました。私は獣医に目を向け、そして彼は皮膚炎と診断し、Mastiet forteを使用するよう彼に助言した。最初は牛の乳房炎の治療のための準備がこの場合どのように役立つことができるか疑問に思いました、しかし私はとにかくそれを試すことにしました。綿棒を数日間湿らせ、患部に1日2回塗布した。一週間後、猫はかゆみを止め、斑点は青白くなり、はがれなくなりました。

イリーナ。 私の最愛の女性が病気になったとき、私はすぐになじみのある専門家に向きを変えました。猫は絶えずくしゃみをしていて、鼻からはっきりとした液体が流れていました。医者はマスティートフォルテに1日3回、鼻に滴り落ちるように指示しました。奇妙なことに、しかし薬は効果があり、そして4日後に私は著しい改善に気づいた。涙が止まり、鼻水がなくなり、食欲が正常化した。その猫はすぐに悩んだ。私はこの薬をみんなにお勧めします。副作用を引き起こさず、禁忌もありません。

薬の利点

フォーベットとは猫のための抗ウイルス薬を指し、治療効果に加えて免疫調節することができます。薬Forvetの組成は、天然成分のみが含まれています。有効成分は、ブドウ糖、ラムノース、ガラクトース、アラビノース、ウロン酸、キシロース、マンノースを含む植物パナビル(ポテトシュートの精製抽出物)です。 Forvetの主な活性成分はウイルスの増殖を遅らせ、影響を受けたネコ細胞の活力を回復させます。

Forvetの利点は:

  • 国内メーカー
  • 完全に自然な構成
  • いくつかの成分は人に治療効果があります
  • 幅広い行動
  • 病気の治療と予防のための使用
  • アルファ - およびガンマ - インターフェロンを刺激することによって免疫系を強化する
  • 代謝過程の正規化
  • 組織再生の加速
  • 最小限の禁忌の存在

副作用

薬は低危険物質のカテゴリーに属します。それは細胞突然変異を引き起こさないし、発がん性の影響がありませんそして胚に毒性の影響がありません。使用Forvetは他の薬と一緒に使用できます。

一般に、薬物Forvetの使用は猫に副作用を引き起こさない。 Но если одновременно с лечением возникли непривычные симптомы, следует проконсультироваться с врачом относительно дальнейшего использования. Если появилась аллергическая реакция в виде кожной сыпи и покраснения, животному назначают антигистаминные препараты и симптоматическое лечение, а использование Форвета отменяют。 Как правило, подобный побочный эффект наблюдался лишь в единичных случаях.

所有者のレビューによると、薬物Forvetは皮膚、呼吸器および胃腸疾患の治療に優れた結果を示しています。

進行性皮膚炎では、猫の皮膚の状態は、Forvetのコースの始めに著しく改善しました。これは羊毛にも影響を与えました:それは厚くそして輝いていました。創傷は長い間自力で消えなかったが、薬物の使用後すぐに治癒した。

ウイルス性疾患を患っている猫の飼い主は、Forvetを使用して5日目にはすでにペットの健康状態が改善していると述べました。涙液分泌が消え、鼻汁が減少し、食欲と活力が回復しました。

Forvetによるウイルスおよび皮膚病の予防に関するレビューがあります。薬の定期的な導入で、これらの現象を起こしやすい猫でさえも病気になるのをやめました。

現在、この薬は獣医学で活発に使用されています。 専門家によると、抗生物質との組み合わせでペストForvetの治療は5日目にすでに結果を出した。 処置後2週間後の反復分析は、猫の体内に病原体が完全に存在しないことを示した。

鼻気管炎薬の治療についての獣医師のレビューがあります。 3日間子猫に1ミリリットルフォルベットの皮下投与は完全にヘルペスウイルス感染のすべての症状を破壊した。

アトピー性皮膚炎の治療においても同様の効果が観察された。 Forvetomの標準治療法を追加すると、5日目に皮膚の発疹とかゆみが消えました。

薬物Forvetは、食べ物から離れた、4〜25℃の温度および低湿度で、子供および動物から隠れた暗い場所に保管することをお勧めします。薬は製造日から、そして開梱後3年間有効です - 14日以内。

構成と機能

Forvetは注射液です。外見的には、色は通常透明ですが、わずかな、ほとんど知覚できない曇りがあるかもしれません。無色の液体は時々わずかに茶色の色合いをしています。 5〜100mlのアンプルまたはガラスバイアルを滅菌溶液の包装に使用する。

構成の基礎はPanavirの実質です。これはポテトシュートの抽出物で、これには大量のグルコース、アラビノース、ガラクトース、その他の炭水化物、そしてウロン酸が含まれています。

通常、猫の感染症には、Forvetが注射剤として使用されていますが、点眼剤も販売されています。点眼薬の成分の1つがタウリン、ジストロフィー過程の間に組織再生を刺激するアミノ酸であるという事実を除いてそれらの組成はほとんど同一です。

使用の目安

ウイルス感染のための他の薬と組み合わせて猫に免疫刺激剤を割り当てます:

  • 感染性腹膜炎を伴う
  • 汎白血球減少症を伴う、
  • カリシロシスを伴う、
  • ヘルペスウイルス性鼻気管炎など

湿疹、皮膚炎や他の皮膚の炎症、長い非治癒性の創傷にも使用される薬。さらに、免疫賦活薬は免疫力を向上させるために摂取されます。予防目的のために、合併症を防ぐために外科的介入および重傷を負った後、ならびに起こり得る結果を減らすためにストレスの多い状況で処方される。重症疾患における免疫刺激剤の使用は、回復、回復および筋肉量のプロセスを加速させます。

点眼薬は、感染症によって引き起こされる眼の病状に対して処方されています。それは他の薬との組み合わせでのみ使われます。そして、それは動物の病気、症状と特徴によって医者によって排他的に選ばれるべきです。

申し込み方法

説明書によれば、Forvetの猫は保護力を刺激し、そのような用量でウイルスが感染するのを防ぐために刺されます。

  • 動物の体重は5 kg〜2.5 mlです。
  • 体重5kg〜5ml以上のペット。

注射は通常2回行われます。注射の合間には、24〜48時間の間隔があります。静脈にまたは皮下に薬を入力してください。この使用法は、免疫を改善するためだけでなく、術後の合併症を予防するための外科的診療におけるストレスにも使用されます。

ヘルペスウイルス性鼻気管炎、ロタウイルス性腸炎および他の感染症の場合、薬は1日1回注射されます。この場合、用量は以下のように計算される - 動物の体重5kgあたり1mlの溶液。 7〜10日間の注射。湿疹、皮膚炎および他の炎症性疾患、ならびに創傷については、溶液をネコまたはネコの体重10kgあたり1mlの用量で投与する。治療期間は通常10日を超えません。

動物の状態に応じて、獣医師は個別に治療期間を変更することがあります。

Forvetを治療に使用する場合、その作用が病状の症状または原因を排除することを目的としている他の薬物と組み合わせて使用​​されます。

点眼薬は各目に1滴ずつ滴下してください。日中、点眼は数回(通常4〜5回)行われます。治療期間は1週間から30日間続くことがあります。それは注射のための溶液の形でForvetと一緒に点眼薬を使用することが許可されています。併用すると最大の効果を得ることができます。身体の局所的および全身的な免疫力が高まるからです。

オーナーレビュー

オルガ、保育園の所有者:

「保育園での感染は通常動物の死につながります。ウイルスは急速に拡大しており、ほとんどの場合、パンデミックを回避することは不可能です。少なくともそれはForvetについて学ぶまででした。この薬は奇跡です。今、私たちはウイルス感染のごくわずかな徴候ですぐにそれを使います、そしてそれは私たちが死からほとんどの動物を救うのを助けます。ショットは痛みがなく、子猫でも忍容性が高い」

ナタリア、9歳の猫の飼い主:

私たちは、他のカルシウイルス症薬と組み合わせて免疫刺激薬を処方されました。動物の調子は良くなかった。高熱、食物の完全な拒絶、嗜眠、しかし最初の注射の後に猫は良くなりました。ちょうど4回注射しました。良い薬は、私たちがVaskaのペットを生き返らせるのを助けました。」

ペルシャ猫の愛人、オクサナ:

「獣医のアドバイスによると、私たちは展覧会やその他のストレスの多い状況の前にForvetを使います。以前は、ストレスが深刻な健康問題を引き起こしていましたが、今は影響はありません。さらに、この薬は免疫システムを強化します。」

zoo-club-org