動物たち

猫の虫:症状、徴候の見分け方、治療

奇妙なことに、芝生の上の厚い緑の芝生、花壇の中、湿った土と暖かい砂の上、川と湖の水の中、さらには空気中にさえも、いたるところに虫がいます。それらは食物にも存在します:肉、魚、果物と野菜の表面。虫が自分の好きなペットの体内に住んでいること、驚くことではありません。外出していない、手入れの行き届いた生活をしている、工業用食品を食べている、熱処理を受けている人なども同様です。

それでは、どこにいても歩いていることに慣れているホームレスの猫から何を期待できますか?想像するのも怖い!悲しいことに、猫の寄生虫の多くは人間に感染しています。人体に侵入すると特に危険な種は、最終的に数メートルの長さに達し、文字通りそれを内側から食べ、内臓を破壊します!そのようなひどい見方を避けるためには、猫から虫を取り除きその体をきれいにする方法を知る必要があります。そして最も重要なこと - あなたはこれらの寄生虫から身を守ることを学ぶべきです。

猫の虫の種類

あなたの猫がワームの媒介者であるかどうかという問題に答えるためには、あなたは猫のワームの種類とそれらに関連する病気の症状を知る必要があります。たとえあなたのペットがまだ家を出たことがない小さな子猫であっても、これは彼の「不妊」を示すものではありません。

猫の虫の兆候は、咳、嘔吐、または慢性下痢など、明白で目に見えることがあります。そして、例えば無関心や嗜眠として穏やかに表現することができます。いずれにせよ、症状は動物の寄生蠕虫の有害な活動に関連付けられています。

ほとんどの場合、子猫や大人のふわふわのペットは、関連する兆候が見られる次のタイプのワームの影響を受けます:回虫およびサナダムシ、吸虫類。この分離は、形、大きさ、摂食習慣および繁殖方法の違いによって説明されます。それらをよりよく知るようになる。

回虫

回虫は回虫です。これらは猫のワームの最も一般的な種類です。白または茶色の寄生虫は、長さが10センチメートルにもなり、見かけ上は先細りの細いスパゲッティに似ています。この種の蠕虫は、糞便や猫の嘔吐物から簡単に発見できます。

子猫が回虫に感染している場合、外面的にそれは食欲過多と不自然に太った腹によって決定することができます。成体動物の病気のいくつかの症状も診断することができます。これらには、慢性下痢、嘔吐、食欲不振、嗜眠、および活動低下が含まれます。

猫の中の回虫が人間に非常に感染しやすいことは危険です。これは猫が蠕虫の卵の影響を受けてその羊毛を舐めた後にキスをしてなでたとき(そしてほとんどすべての愛する飼い主がそれをしたとき)、もう一度手を洗う必要があるとは思わなかった場合に起こります。

フックワーム - 動物の腸内に生息する回虫。幼虫と成虫の寄生虫は血液を食べ、皮膚を通して体に入ります。口腔から食道に入ります。症状は以下のとおりです:一定の渇き、嘔吐、出血を伴う下痢、吠える咳、食欲不振および嗜眠。

線虫(ピンワーム)

線虫はまた、猫の虫の頻繁な種類です。これらの寄生虫は、血中に溶解している動物質を食べ、貧血を引き起こす可能性があります。線虫による動物体の敗北は致命的な病気を引き起こし、特に小さな子猫にとっては危険です。成虫の猫は寄生虫に対する免疫を発達させるかもしれず、そして感染の明白な徴候は現れないかもしれません。

飼い猫の虫のこのタイプの寄生の症状は以下のとおりです。便中の血栓、下痢および関連する腹痛。猫のこれらのワームは口頭で人間に伝染します。

長い回虫は4〜18センチメートルに達することができます。それらが同時に感染する生息地と器官は、貧しい動物の食道、胆嚢、肝臓と腸です。

感染は、子宮内または口腔を通して起こります。病気に罹った猫は、嘔吐、慢性の下痢、健康的な食欲不振を伴う重度の疲労に苦しんでいます。小さな子猫の臓器にあるトキソカーは非常に早く成長して増殖するため、小腸を破裂させることさえあります。

テープワーム

チェーンは猫の体に完全に定着し、人にも快適に感じます。動物の中の成虫テープ寄生虫は30センチメートル、そして宿主生物の中で - 最大1.5メートルまで達することができます!腸の壁に落ち着いた後、彼は自分の鋭いフックに食い込み、体に栄養を与え、そして粘膜をひどく傷つけます。

媒介動物は一般的なノミや食べる人で、衛生管理の過程で動物によって飲み込まれます。サナダムシの存在の兆候:痩身、過敏性、胃の痛みや鳴き声、無関心、嘔吐、慢性下痢、不眠症。

寄生虫の間で本当の巨人!小さな猫の体の中で、それが150センチメートルまで成長することができれば、人の中の広いサナダムシは12メートルまで成長します!これは非常に危険なワームで、ネコは未加工の川の魚を食べたり、誤って小さな淡水の甲殻類を飲み込んだりすることで捕獲することができます。病気の兆候は、チェーンに感染したときとまったく同じです。

長さ約5ミリの小さな寄生虫は、平らな体と頭を持ち、その上にキチンのようなフックや強い吸盤があります。小体は慣習的にいくつかの部分に分けられ、その中には虫の卵が成熟する時期があります。猫の中ではどうやってワームが感染しているのか、次の写真で見ることができます。彼らはマウス、ハムスター、ラットを食べることによって動物の腸に行き着くことができます。

セストデスは猫だけでなく人間にも危険です。興味深いことに、ペットはマイナスの兆候なしに何年もの間これらのワームを安全に運ぶことができます。しかし、ホストによって摂取されると、ワームは致命的な脅威をもたらします。人にとって、この病気は、重症でゆっくりした経過をたどり、診断が非常に困難です。それは脳、肺および他の重要な臓器に転移する肝臓癌を伴います。したがって、ネコ虫の予防治療を間に合うように実施することが重要です。

Flatworms吸虫は動物や人間の内臓を破壊するひどい害虫です。それらは1ミリメートルから1.5メートルまでの長さで成長し、そして非常に急速に増殖し、様々な器官の壁に付着する。増加とともに、あなたは彼らがいくつかの列に位置する「歯が生える」吸盤を装備しているのを見ることができます。

猫のこれらのワームは、他の多くの種類の寄生虫のように、人間に感染します。それらは内臓に定着し、ゆっくりとそれらを破壊します:肝臓、腸、膀胱、肺。結膜嚢や耳管などの非標準臓器にも罹患する可能性があります。ザリガニやローストの悪い魚を食べると、ワームフルークを拾う危険があります。生の淡水魚を食べると猫が感染する可能性があります。

名前から判断すると、肝吸虫は肝臓の組織に定着し、徐々にそれを侵食します。小さい人は膵臓と胆嚢を傷つけます。鮮やかな症状は、食欲不振、筋力低下、腹痛、黄色い嘔吐、下痢、発熱などです。高度な症例では、長期にわたる複雑な治療法のみが効果を発揮します。

肺虫は、淡水の軟体動物、甲殻類、または飲んでいる川の水を食べた猫の体に影響を与えます。寄生虫は、寄生虫の活動によって1センチメートルに達していない最小のワームが肺に嚢胞の形成を引き起こし、徐々にそれらを破壊するという事実の名を受けました。病気の特徴的な症状:重度の咳、胸のlesles、発熱、発熱、食欲不振。そして、猫のこれらのワームは人間に伝染するので、ペットの治療が必要です。

ワームの一般的な症状ワーム

家畜の猫のワームは大量に繁殖する時間がないため、蠕虫の侵入防止を定期的に行い、ペットを常に監視するのが面倒でなければ、病気の動物でも病気の兆候は見られません。医学的措置を怠ると、ワーム、そしてしばしばいくつかの種でさえも、急速に進行性の動物の敗北を許すことができます。時々これはペットの死につながる。

蠕虫病変の知られている一般的な徴候は:くすんだ髪の毛の落ち込み、目の結膜炎、便秘と下痢が交互に起こる、嗜眠、胃がきつくなる、口からの非特異的な臭いなどです。病気は動物の食欲に明らかに反映されています。一部の猫はたくさん食べ始めますが、同時に良くならない、他のペットは自分の好きな料理だけを選んで食べることを拒否します。

どうやってワームを手に入れることができますか

同じワームが飼い猫に由来する場所をまとめてみましょう。まず、捕食者であるため、寄生虫の卵とともに獲物(鳥、げっ歯類)を食べます。カブトムシやハエを捕まえても、動物はどんなワームにも感染することがあります。

第二に、猫は生肉、生の淡水魚、川の水と一緒に蠕虫の卵を飲み込むので、ペットはそのような食事から保護されるべきです。第三に、ワームの大部分は糞便を介して感染します。 4つ目は、猫がなめると、家でも毛虫や足に付着した寄生虫の卵を飲み込むためです。人は唾液や糞便を介して猫からワームに感染することがあります。

猫や人間にとって危険なワームは何ですか?

そのような寄生虫が感染し、飼い主は猫の中にいくつかの虫がいると想定することができます。体内に定着した虫の危険性は、それらが血液、リンパ液、様々な内臓の組織を積極的に摂食することであり、それは罹患者の活力の必然的な枯渇を招く。

寄生虫は動物や人の体に有害な働きをし、それが生命の活発化と死の結果となります。分解生成物はアレルギー反応や重度の中毒も引き起こします。さらに、寄生虫は吸盤や固定フックによって臓器を傷つけ、血管の破裂や壊死を引き起こします。

便秘や腹部膨満などの蠕虫性侵入の症状の出現は、腸閉塞を示すことがあります。猫の中で敗北が起きると、大量の虫が貧しい動物の腸の内腔を塞いでしまい、自然な手段で空にすることができなくなるため、死亡する可能性があります。そして、これが猫ワームがそれほど危険である理由のすべてではありません、どんな場合でも治療は迅速であるべきです。

獣医治療

猫の虫の治療は獣医師の指示の下に行われるべきです。独立して実施することはできません。市販されている猫用の特別な抗ワームは非常に効果的であり得るという事実にもかかわらず、それらは動物に追加の消化器疾患を引き起こし得、そして猫をワームから完全に解放し得ない。

独立して動物を駆除しようとする前に、ペットに害を及ぼさないように、そして寄生虫を素早く治すために獣医師に相談する必要があります。結局のところ、時々あなたは正しい診断を知らない、猫の虫が猫の中でどのように見えるのか - 薬について何も言わないために。そして、その状況は非常に危険です。なぜなら、あまりにも多くの大きな個体がいて、それが死に、分解すると、動物が死ぬかもしれないからです。

特定された症状が正確にワームの敗北なのか、それとも別の理由によるのかを判断できるのは、専門家だけです。獣医師は、猫に害を及ぼすことなく猫からワームを入手する方法を教えます。それは中毒の間に体を清潔にするのを助ける特別な薬と同様に抗ヒスタミン薬との複雑な治療を処方されるでしょう。これは「偶然」ではなく、糞便の実験室検査の後にのみ行われます。ネコワームの治療薬は、特定の状況に適しているとは限りません。それは、特定量の活性物質が含まれているためです。

猫の虫の治療

あなたがその猫に虫がいるのを確信しているならば、獣医師はまだ治療を必要とするでしょう、そしてあなたは厳密にそのすべての指示に従うことを要求されるでしょう。あまりにも重要なのは、正しい診断です。そして処方された治療薬や予防薬をあなたのペットに与えることは、もちろん、独立してできるということです。

猫の蠕虫と戦う方法についての誤った情報を読んだ後、所有者が病気の動物に薬を与え、そして中毒で死亡したときに悲劇的な事件が観察された。例えば、猫の虫のためのいくつかの猫虫はサナダムシに対して効果的ですが、他の人は丸いです。

保護と予防

非現実的なワームからペットを絶対に保護してください。しかし、猫の虫は人間に感染するため、健康を維持しながら繁殖を止めることができます。飼い猫は4ヶ月に1回、路上猫は3ヶ月に1回は複雑な準備をしています。成体動物のウォームアップは、予防接種の2週間前までに行われます。猫用のワームから有効になると、 "Profender"が低下します。 "Canquantel"、 "Prazitsid"、 "Drontal"などの薬を使うこともできます。

衛生対策を講じなければなりません:あなたの最愛のペットを家庭用鍋に移した後、直ちに糞を取り除き、鍋を掃除した後、手を洗ってください。加えて、ネコチーズ、生肉または魚の食事から除外することが望ましい。

愛情のある飼い主は、ペットが病気の場合は常に悲しいです。したがって、定期的な予防を忘れずに、常に不快で危険な状況を防ぎ、猫の健康と行動を監視するようにしてください。あなたが怠け者でなければ、あなたのペットはいつも健康になります!

猫はどのようにしてワームに感染するのですか

成虫、その卵、幼虫は常に草の中、地の中、道路のいたるところ、通りの中、公園などの中にいます。猫を専ら国内の環境に保つという条件の下でさえ - これは彼女がワームに感染しないことを保証するものではありません。この場合、彼らは人間の服と靴の底で家に持ち込まれるでしょう。

また、侵入(感染)の危険性を高めます。

  • 水供給システムから口ひげペット生肉、魚および水を供給
  • 吸血性の皮膚寄生虫(ノミやなめる人)の存在
  • 感染した猫との接触
  • 蠕虫卵で汚染された物体との接触
  • 子宮内で子猫に感染することができます妊娠中の猫のワームの存在。

機械的傷害

フック、歯、スパイクなどの機器を使って、内部の粘膜にワームを固定する過程で、機械的な損傷が発生します。器官と組織との間の寄生虫の移動の間にも、それらの完全性は出血の形成によって乱される。また、一種の機械的危害の一つは、寄生虫のもつれによる腸管腔の完全で部分的な閉塞である。

全身中毒

寄生虫の生命活動の過程で、身体の一般的な中毒の徴候は徐々に増加します。中毒は、蠕虫が住んでいる組織の腐敗産物によって引き起こされます。また、ここには成虫の自然死および分解から形成された有毒物質があります。

細菌感染症およびウイルス感染症の合併症

虫の侵入は動物の免疫に深刻な影響を及ぼし、それによってウイルス感染または細菌感染の経過を複雑にする。非常に多くの場合、ワームは「休眠」状態にあったさまざまな病気の悪化の推進力です。圧密および移動の過程における虫によって引き起こされる粘膜の微小外傷もまた、様々な感染症の病原体のための開かれた門となる。

特定の

特定の局在化は、蠕虫の種類とその通常の寄生の場所の対応関係です。ローカライゼーションの場所は次のとおりです。

  • 消化管、
  • 肝胆道系(肝臓および胆道)
  • 肺や心臓
  • 腎臓、
  • 目、
  • 膀胱。

倒錯

いくつかのケースでは、蠕虫は彼らの発達サイクルにとって珍しい器官に行き着く。これは倒錯したローカライズです。この種の病気では、寄生虫ワームはその完全な発達サイクルを完了することができず、生命活動のその通常の場所に入ることができません。 Однако при этом организм все равно находится в определенном дискомфорте от заражения.

Чаще всего поражаются желудок с кишечником (круглые черви – аскариды и токсокары) и печень (печеночные сосальщики).

Транзитная

輸送局在化では、体内を通過する卵および蠕虫の幼虫の通過が認められ、どこにも止まることはなく、身体に影響を与えない。このような場合のワームの存在は、糞便中や他の病気に対する身体の研究中に偶然に検出されますが、猫の体内に寄生虫が存在するという臨床像はありません。

ネコにおける蠕虫侵入の一般的および特異的な徴候

猫に虫がいることをどうやって理解するのですか?動物が寄生虫に感染していることを確認する臨床徴候は、非常に多様で特異的です。症状の症状は以下の要素によって異なります。

  • ワームの種類
  • 彼らの場所
  • 感染時の動物の健康状態、年齢、体格
  • 感染期間。

あらゆるタイプの侵入に特徴的な一般的な徴候には以下のものがあります。

  • 一般的なうつ病、
  • 倒錯、食欲の大幅な減少または完全な欠如、
  • 鈍い、髪の毛が落ちる、
  • 炎症の徴候のない乾燥した地殻の目の角に蓄積する。
  • 下痢、便秘、嘔吐の兆候を伴う消化不良
  • 腸閉塞の兆候
  • 免疫力の急激な低下
  • 腹部膨満およびバレル形の獲得
  • 糞便中の血液を検出する
  • 貧血の明白な徴候(粘膜と皮膚の白さ)
  • 同じごみからの感染した子猫は、健康な人からの発達や成長が遅れています。
  • 中毒からのけいれん、
  • 嘔吐物または糞便中のワームまたはその断片の検出。

ワームによる被害の具体的な兆候

  • 腹部膨満および丸め
  • 脱水症状
  • 食欲の変化、 -
  • ワームの検出を伴う頻繁な嘔吐
  • 下痢、
  • ウールの劣化
  • 貧血の発音
  • 腸の出血
  • 下痢と血
  • 腹痛、痛みを感じたとき、
  • 子猫は死ぬかもしれません。
胃ワーム
  • 嗜眠と一般的な弾圧
  • 食品への関心の低下による減量
  • 嘔吐することがあります(時々ワームまたはそれらの断片と)。

ワームの最も鮮明な症状は弱い免疫システムと一般的な体の抵抗のために子猫に見られます。ワームの感染による死亡も、小動物で最もよく見られます。

ワームの薬を服用するための基本的な規則:

  • 最も現代的な手段は飢餓の食事なしで朝に一度与えられます、
  • 重度の感染の場合は、10〜14日以内に薬を服用することをお勧めします(準備の指示に従って)、
  • ノミ、ラッシングイーター、その他の皮膚の吸血性寄生虫の治療の後に、駆虫作業を行わなければなりません。
  • ネコワームのための薬は予防接種の予定日の10日前までに与えられます、
  • 駆虫薬は通常、妊娠している猫には出産前3週間以内に、そして授乳中には出産後3週間以内に処方されます。
  • 非常に小さな子猫(3週未満)に許可されている薬はありません、
  • それは指示によって確立された適量を増やすことは禁じられています、
  • 抗寄生虫薬は病気や弱った動物には与えられません。
  • また、一般的に、強壮剤は、ワームに対する薬を服用するのと同時に見つけられ、そして4〜6時間後には、ワームの死からの身体への中毒の影響を最小限にするために任意の吸収剤が与えられる。

猫のワームの多くは人間に感染しているため、猫にワームが見つかった場合は、ペットと接触したことのある家族全員に予防的ワーム除去を実行することをお勧めします。

猫は人間の薬を与えることを禁じられている、それ故に、獣医師だけが虫のために猫を扱う方法を決定する。特に獣医寄生虫薬の範囲は巨大ですので!

猫の虫と戦うための民間療法

猫の虫に対する一般的なレシピはたくさんありますが、治療効果に加えて(証明されていません)、動物には多くの副作用があります。これは、民間療法がワームを殺すことはできないが、彼らが作り出す不快感のために彼らの活動を増やすことができないという事実によって説明されます。活動が増加した瞬間に、蠕虫は急激に移動し始め、これは内臓や組織に傷害を増加させ、一箇所に大量に蓄積するために内出血や腸閉塞を引き起こします。

下記の推奨事項はすべて情報提供のみを目的としています。行動の指針とは見なされません!

  • タマネギを温かいお湯で一晩4回に分けてカットし、朝の空腹時に7〜10日間猫に水をまきます。
  • 水の代わりにフェンネルのスープや薬局のカモミールを飲みながら日中に飲んでください。
  • 食事の30〜60分前に、1日に2〜3回、タンジーの水を注入してください。
  • 1日に2回、食事の30〜60分前によもぎのアルコールチンキ剤を塗ってください。
  • 1週間に1日1回、にんじんジュースを使用した浣腸。

蠕虫侵入の防止

予防目的のために、治療目的のために同じ駆虫薬が使用される。周期性:4分の1(3ヶ月)に1回、ノミからの治療後(3〜5日後)吸血性の寄生虫は猫にワームを感染させることがあります。

薬物予防に加えて、それはお勧めです:

  • 猫を許容される衛生状態に保ち、飲食用の通常の皿洗い、およびトイレの清掃を行う。
  • ペットとストリートペットとのコミュニケーションを最小限に抑えるか無効にします。
  • 生の肉や魚製品を飼っている猫の飼育を除外し、飲用には蒸留水または清潔な食卓用水を使用する。
  • 特別な消毒剤を使用して、引っかき傷ポストや動物の主な滞在場所を定期的に清掃します。
  • 猫が住んでいる部屋/アパート/家で定期的に大掃除をする。

みみずの卵はいたるところにあります。飼い猫でさえ感染する危険性があります。

すべての猫の飼い主は、動物が虫に感染する危険性を認識しているべきです。卵は、公園、庭園、広場、中庭など、どこにでも置くことができます。蠕虫の卵が衣服や靴の上で家に持ち込まれる危険性が高いため、猫や子猫でさえも内部寄生虫に感染することはなく、住居から出ることはありません。

感染の兆候とワームによって引き起こされる害

猫の虫は、動物の体に大きなダメージを与え、その免疫力を低下させ、新陳代謝を乱し、内臓を傷つけます。症状:

  • 食欲の問題、
  • 一般的な無気力
  • 弱さ
  • 無関心、
  • 椅子の問題
  • 脱毛、そのくすみ、
  • 肛門周囲のかゆみ、
  • 目から放電します。

ワームによる感染を背景に、他の病気の経過はより深刻です。寄生虫の存在は内臓のジストロフィーと貧血を引き起こす可能性があります。これらの病気の診断は、糞中の蠕虫卵を同定することによって行われます。子猫がひどく汚染されると、蠕虫は腸壁の閉塞や破裂を引き起こし、動物を死に至らしめる可能性があります。

家畜のペットは人と共通の蠕虫症(蠕虫による病気)を持っているので、感染した猫は人間、特に子供たちにとって深刻な危険です。子供たちはペットとたくさんの時間を過ごし、キスをします、動物と話した後に食べる前に手を洗うことはできません。

線虫

線虫は回虫であり、しばしば猫の胃腸管に寄生し、それらは他の臓器にも影響を及ぼす可能性がある。線虫によって引き起こされる病気は「線虫」と呼ばれます。虫の卵を摂取すると、動物は線虫に感染します。いくつかの腸内寄生虫に感染した妊娠中の猫は彼らの子猫に幼虫を与えます。回虫によって引き起こされる一般的な病気はtoxascaridozとtoxocarosisです。

セストデス

Cestodes - サナダムシ、猫の腸の中の寄生虫。蠕虫は腸壁に付着して粘膜を傷つけ、血液を食べます。サナダムシは、大人の猫でより一般的です。

双虫症(キュウリサナダムシ)、テニアス症、ジフロボトリアリア症は、条虫症を引き起こす最も一般的な病気です。

ネコは、条虫幼虫の昆虫媒介物を摂取することによって、淡水の生の魚と小さなげっ歯類を食べることによってサナダムシに感染している。

獣医師は毎年ペットに予防接種をするよう勧めています。予防接種の条件の1つは、虫からの動物の前処理です。予防接種は、予防接種後に体が完全な免疫を形成するようにするために必要です。予防接種中に体内にワームが存在すると、予防接種の保護効果が大幅に低下する可能性があります。予防接種の10日前に猫を解毒することは、そのような不快な結果を避けるのに役立ちます。

猫のワームの予防

猫の蠕虫感染予防のための主な対策:

  • 猫の飼育規則および飼育規則の遵守、適切な世話、
  • 猫を中間の宿主や保菌者から守る
  • 猫が生の肉や魚製品、そしてそれらの老廃物を食べないようにする。
  • 動物用ケア製品の定期的な消毒とそのメンテナンス
  • 猫の予防的駆虫の定期的な実施。
  • 動物用ケア製品の定期的な消毒とそのメンテナンス
  • 猫の予防的駆虫の定期的な実施。

蠕虫感染を防ぐために、家族は厳格に個人衛生の規則を守らなければなりません、動物と話した後は必ず手を洗ってください。

猫の虫の影響について学ぶ

  • 代謝性疾患猫の蠕虫病は新陳代謝を乱します。
  • ペットのビタミン欠乏動物の体内で寄生し、虫は栄養素を吸収します。結果として、猫は十分なビタミン、ミネラル、食物からのタンパク質を摂取していません。
  • 腸内症寄生虫の老廃物は腸内細菌叢症を引き起こす。
  • 免疫力が低下しました。感染した動物の免疫力が低下するため、感染症は治療が難しくなり、治療も難しくなります。

寄生虫である臓器の組織に影響を及ぼします。様々な装置の助けを借りて、それらは腸壁に取り付けられ、炎症過程および組織死を引き起こす。その成長と共に、それらは隣接する組織を圧迫し、その結果として血液供給が妨害される。

駆虫に適した薬の選び方

駆虫は駆虫薬の助けを借りて動物の体の中のワームを予防し、破壊することを目的とした手順です。

現代の駆虫薬は1つの活性成分を含むことができ、その活性物質はある種の虫を排除することを意図したもの、または様々な種に対して複雑な効果をもたらすいくつかの活性成分である。

猫は1種類または数種類の寄生虫として感染する可能性があるので、ワームの発生のすべての種類と段階に対して広範囲の作用を持つ薬を選択することをお勧めします。

Prazitel - あなたのペットの健康のための広域スペクトルの薬

多くの猫の飼育者や飼い主は、広域薬物Prazitelを信頼しています。薬は獣医師による使用が推奨されています。

薬Prazitelの競争上の利点:

  • Prazitelは猫や子猫のワームの発生のあらゆる種類と段階に作用します。
  • 治療効果は、薬物の1回の使用で95〜100%のケースで発生します。
  • 薬はすべての品種の猫や子猫に耐容性があり、妊娠中や授乳中の女性の予防と治療に推奨されています、
  • 薬は24時間後に動物から完全に排泄されます。

prazitelの使い方

プラジテルは、原則として、朝に1回、少量の餌(肉片、ソーセージ)で、または強制的に(錠剤を舌根にのせて、懸濁液を投与シリンジで塗布します)与えられます。飢餓前の食事療法および下剤の使用は必須ではありません。ワームによる感染の明らかな臨床徴候がある場合は、10日後に治療が繰り返されます。

治療は、病気を特定する上での医学的目的だけでなく、予防的にも行われなければなりません。

猫は1種類または数種類の寄生虫として感染する可能性があるので、ワームの発生のすべての種類と段階に対して広範囲の作用を持つ薬を選択することをお勧めします。

子猫の蠕虫症の症状

最大3週間の年齢での駆虫症感染は薬の使用を妨げ、若い動物の最も一般的な死因の1つであるため、子猫のワームは特に危険です。感染の初期段階では、子猫のワームの兆候はほぼ完全に欠如している可能性があり、それは侵入の適時の検出の可能性を排除します。

ワームの寄生の後期に、子猫は以下のような症状を経験するかもしれません:

  • 目からの放電、食欲不振、発育遅延。
  • 眠気、活動の欠如、機動性。
  • 椅子の問題の外観:下痢、下痢、ないスツール。

膨満感。一般的に、猫の幼い頃の虫の存在の同様の徴候は動物の体にかなりの数の寄生虫があることを示しています。この状況は腸閉塞につながり、それは糞便の自然放出を防ぎ、体を浄化します。

重要です!ワームの侵入をタイムリーに検出することが、治療を成功させるための鍵です。必要な医学的処置がない場合の病気の長い経過は、動物の死につながる可能性があります。

猫および猫における蠕虫病の徴候

上記のように、猫の虫の症状は、蠕虫症の持続期間、ならびに動物の年齢特性に依存します。原則として、蠕虫侵入の適時の診断は、特徴的な症状の欠如によっていくらか複雑になります。ただし、寄生虫を引き起こす猫のワームの特徴的な兆候は次のとおりです。

  • 動物の外観を変える猫がみみずを持っているならば、このような絡まったくすんだ髪、壊れやすい、壊れやすい歯、爪などの症状は除外されません。

  • 蠕虫症の疑いがある場合は、動物の粘膜組織、すなわち口腔と眼を調べることをお勧めします。寄生虫による感染は、しばしば痛みを伴う変化の出現を引き起こします:粘膜組織の黄色度と乾燥度、白っぽい斑。
  • 目や鼻からの化膿性の分泌物があります。
  • 呼吸器系の臓器に影響を与える猫の寄生虫は、咳、激しい呼吸、喘鳴などの症状を引き起こすことがあります。
  • 様々な種類の消化器系の障害:便の問題、食欲不振、またはそれとは反対に、急激な増加、体重減少。
  • 動物の行動は大きく変化し、猫は嗜眠状態になり、遊ぶのを拒否し、たくさん眠ります。

  • 動物は肛門の激しいかゆみを心配しています。それは猫が床と床の敷物の上で体の後ろを激しくこするようにします。
  • 妊娠状態の猫では、時期尚早の分娩が可能です。

したがって、猫の虫はさまざまな症状を引き起こす可能性があり、診断は獣医師によって確認された後にのみ治療を処方する必要があります。それはワームのための薬を選択することによって蠕虫症を治療しようとすることをお勧めしません。

寄生虫を識別する方法

猫か猫にみみずがあるかどうか調べる方法か。現在のところ、コプロロジカル研究、すなわち猫または猫の糞便の分析の結果によってのみ、動物の体内の寄生虫の存在を判定することが可能である。動物には、最も重要ではない症状でさえも、発症時に蠕虫症に感染している可能性がないかどうかをチェックすることをお勧めします。

感染の初期段階でワームを特定することは、ほとんどの種の寄生虫の生活の詳細のために、研究糞便の方法を使用してほとんど不可能であることに注意すべきです。否定的な結果が得られた場合、最初の分析からおよそ2〜3週間後に研究を繰り返すことが賢明です。

重要です!蠕虫症を避けるため、または猫と猫の虫の治療を間に合うように開始するために、分析のために系統的に動物の糞便を摂取することが推奨されます。この対策は、蠕虫症の可能性のある合併症を排除するのに役立ちます。

浸潤の治療の特徴

現在、専門店の棚にワームの寄生虫の動物を取り除くのに役立ちます様々な薬があります。何らかの方法を使う前に、ペットを獣医に見せて必要な調査を行うべきです。そうでなければ、薬の使用からプラスの結果が出ることはない可能性が高いです。

また、動物を治療する前に、次のようないくつかの機能について考慮する必要があります。

  • 妊娠中の猫に蠕虫の侵入が検出された場合、駆虫薬を使用することは望ましくありません。これは、ほとんどの薬物が、猫や子供の状態に悪影響を及ぼす可能性がある有害物質を組成に含んでいるという事実によるものです。この状況で何をする?妊娠中の猫にも使用できる薬はありますが、妊娠の前半にしか使用できません。そのような製品を使用する前に医者に動物を見せるべきです。
  • Прежде чем лечить глисты, то есть давать животному лекарственные средства, рекомендуется не кормить питомца в течение минимум десяти часов. 特に指示がない限り、動物に下剤を投与したり、浣腸剤を使用するなど、追加の手順を実行することはお勧めできません。
  • 猫の大きさと体重に応じて、薬の投与量を正しく計算する必要があります。誤った量の薬物は、望ましくない結果を招く可能性があります。

治療後しばらくして猫の虫が再び出現した場合の対処法 - このような状況での治療の繰り返しは必須です。これを避けるために、薬の最初の投与の瞬間から2週間後に動物に薬を再投与することが勧められます。

猫で虫が確認されたらどうすればいいですか?まず、動物の糞便分析を行い寄生虫の種類を特定する必要があります。これは、ある場合には最も適切な薬を決定するために必要です。現在市場に出回っているのは様々な抗寄生虫薬であり、その中で最も効果的なものは以下の通りです。

あなたは獣医薬局でのみ薬を購入すべきであることに注意すべきです。疑わしい販売場所で購入した錠剤や懸濁液は、望ましい結果をもたらすだけでなく、動物に重大な害を及ぼすこともあります。

薬を与える方法

分析の結果、猫に虫がいることがわかった場合は、いくつかの基本的な規則を守って治療を行う必要があります。

  • 猫や猫が虫を持っている場合は、動物に任意の薬は獣医師に相談した後にのみ与えるべきです。
  • 健康な動物だけを扱いなさい。病気の猫を強制的な飢餓にさらすことはお勧めできません。これは治療の過程では必須であり、中毒性駆虫薬の影響も同様です。
  • 動物の排便を監視する必要があります。薬を飲んでから3〜4時間経っても猫がトイレに行かなかった場合は、動物の中毒の可能性が高いです。この場合、下剤の使用は許容されます。

重要です!悪影響を避けるためには、説明書に記載されている量、または獣医師が推奨する量に従って、動物に何らかの投薬をする必要があります。

蠕虫病の予防

蠕虫病の予防は、猫の寄生虫の回避に役立ちます。動物の飼い主は、以下のいくつかの側面に特に注意を払うべきです。

  • 最も一般的な感染症は、動物が肉、魚、野菜などの生の食品を食べるときに起こります。このようにして感染を防ぐために、あなたのペットに特殊な食べ物や煮物を食べさせることをお勧めします。
  • 猫が家にいるなら、外に出すのはお勧めできません。昆虫、小さなげっ歯類および野外動物との接触も蠕虫侵入の最も一般的な方法の1つです。

  • あなたは猫に開かれた天然資源からの水を飲むように与えてはいけません。
  • 数ヶ月に一度、予防策として、家にいる猫に駆虫薬を投与する必要があります。獣医師を任命する資金をあげることをお勧めします。
  • 猫が路上にいなくても、ペットの毛髪の状態を監視する必要があります。定期的にペットの毛皮のコートを洗って梳く必要があります。この規則は長髪の品種に特に関連しています。

大部分の腸や他の寄生虫が猫だけでなく人間にとっても危険であることを忘れないでください。あなたが猫に虫を見つけた場合、動物の飼い主の蠕虫感染症に感染する可能性があります。だからこそ、タイムリーに動物を治療するだけでなく、タイムリーな蠕虫侵入の予防にも注意を払う必要があります。

ビデオは猫の寄生虫を認識する方法に関する情報を提供します。

子供のワーム

  • 子供の体にとって危険な以上のワームは何ですか?
  • 症状 - 子供にワームはありますか?
  • ワームのテスト
  • 子供の虫の治療
    • 薬 - あなたはワームから子供に何を与えることができますか?
    • 民間療法
  • コマロフスキー博士の異動
  • 寄生虫の予防

寄生虫を取り除くために、私達の読者は首尾よくIntoxicを使用しています。このツールの人気を見て、私たちはあなたの注意にそれを提供することにしました。
もっと読む

子供の虫 - 一般的な問題は、子供たちが個人衛生の規則を無視することが多いためです。子供たちは野菜と同様に洗っていない果物を食べ、食べる前に手を洗わず、砂遊びすると砂や土に触れる。感染の危険性が高い別の要因は、子供のグループの人から人へ伝染する蠕虫の急速な拡大です。虫の侵入は子供の健康と発達に悪影響を及ぼすので、寄生虫を診断する場合には、思いやりのある親は適切な治療を開始する必要があります。

子供の体にとって危険な以上のワームは何ですか?

蠕虫の侵入を治療するための症状と方法は、子供の体を襲った寄生虫の種類によって決まります。

蠕虫は3つのタイプに分けられます:

  1. 線虫またはそれらが回虫とも呼ばれる - セクションの中の彼らの体は丸い形をしている。このグループは回虫、鉤虫、旋毛虫を含みます。これらの寄生虫の大きさは4-5 mmから18-45 cmまで様々で、最小のものはpin虫、最大のものは回虫です。彼らがどのように見えるか - 写真を見てください。

回虫は主に腸内で寄生しますが、発生の過程でそれらは機械的にそれらを損傷し、異なる臓器に住んでいます。最も頻繁に子供の体に影響を与えるのは線虫です。彼らの卵は洗っていない食物と未精製の水の中にあります。 Pin虫は特に急速に広がります。彼らの成熟した個体はほぼ毎日何千もの卵を産みます、その成熟のために特別な条件は必要とされません。それらは、子供や他の家族が感染している家庭用品、おもちゃ、接触物の上にあります。

  1. 吸虫や吸虫 - これらの虫の体は葉のような形をしています。それは平らで広く、長さは1.5 mに達することができますこのタイプの蠕虫は、有用な物質、血液を吸っている内臓、管の表面に付着するのに使用される吸盤の体にあります。

吸虫は、ネコおよび肝臓吸虫、住血吸虫を含む。開発のためには、所有者を何度か変更する必要があります。中間宿主の役割を果たすことが最も多いのは魚、軟体動物です。

子供が魚を食べると、十分な熱処理を受けていないシーフードと同様に、これらのワームに感染するようになります。これらのワームは、腸や胆管から眼まで、あらゆる臓器に局在する可能性があります。

  1. 条虫またはサナダムシ - 長さが18-10 mに達することができる平らな体を持つ虫このグループには、サナダムシ、ウシ、ブタおよびドワーフの鎖、エキノコックスが含まれます。それらは中間宿主の体内で1段階の発達を経験する。ほとんどの場合、これらは有蹄動物です。適切に熱処理されていない影響を受けた肉を食べることによってサナダムシに感染する可能性があります。

腸や他の臓器の寄生性サナダムシ。特に、エキノコックスは心臓、肝臓、脳を含むあらゆる臓器に影響を及ぼします。彼らは何十年も生きることができ、体を中毒します。

あらゆる種類のワームに感染すると、子供にとって非常に危険です。損傷の強度と影響は、体の蠕虫の種類と数、そして赤ちゃんの年齢と健康状態によって決まります。

体を保護する上で特に重要な役割は、免疫システムの状態です。

幼児への虫の侵入は発達遅滞を引き起こす。蠕虫は常に有益な物質を吸収します。その結果、たとえ子供が十分に栄養を与えられていても、必要なビタミンは微量元素と同様に食事中にもあります、それらは寄生虫によって吸収されるので、それらは体によって吸収されません。このため、子供は病気です、疲弊し始めます。子供の体に大きな危害があると、大きな害が発生します。それらの蓄積は腸閉塞、胆管を引き起こす可能性があります。

ワームは生命の過程で大量の有害物質を生み出すため、非常に有毒です。彼らは体を中毒し、アレルギー反応の発症を誘発し、発疹が生じます。また、毒素は神経系の状態に悪影響を及ぼす。みみずを持つ子供は行動し始め、彼の気分は頻繁に変わる、彼は攻撃的である場合もあり、不十分に眠る。

このように赤ちゃんに多大な害を与えることを考えると、親は子供の健康を維持するために、タイムリーに寄生虫を取り除くことができるように蠕虫感染の兆候を知るべきです。

症状 - 子供にワームはありますか?

子供たちのワームの症状は、しばしばはっきりとはっきりしています。体内の虫の数が多いほど、感染の兆候は強くなります。

蠕虫侵入の典型的な兆候:

  • 一般的な幸福の悪化、
  • 情緒的状態の不安定性 - 気まぐれ、引き裂き、いらいら、
  • 食欲増進の背景にある減量または完全な疲労
  • 強い唾液分泌、
  • 消化器系の疾患 - 下痢、便秘、
  • 吐き気、嘔吐、
  • アレルギー
  • 頭痛
  • 腹痛、特にへそ
  • 貧血、
  • 気管支炎、喘息。

上記の症状は、あらゆるワームの感染に特徴的です。しかし、多くの種類の蠕虫感染症には特別な特徴があります。特定の兆候の存在によると、我々は特定のタイプのワームに感染しているとみなすことができる。

最も一般的な種類のワームによる感染の症状:

  1. w虫は肛門周囲に激しいかゆみを引き起こします。ワームが卵を産むためにクロールする夜に特にそれは高められます。腸内膜症の他の症状には、歯の艶消し、不安な睡眠、および細菌異化症が含まれます。また、pin虫感染は、夜尿症、虫垂炎の悪化、泌尿生殖器系の臓器の炎症を引き起こす可能性があります。
  1. 彼らは多くの毒素を放出するので、回虫は強いアレルギーを引き起こします。また、それらの感染はリンパ節、脾臓、発熱、発熱の増加につながります。これらのワームはしばしば気管支炎、喘息、低血圧、鼓腸、および便秘を引き起こします。子供は精神障害、特にてんかん発作、羞明に苦しんでいます。しばしば無力症、集中力の低下があります。
  1. Whipworms - 消化不良、無力症、発達遅滞を引き起こします。
  1. 猫の吸虫 - この寄生虫のために強いアレルギー反応を起こし、皮膚を発疹します。体温が上昇すると、子供は栄養不足になります。
  1. 鎖は、激しい腹痛、腸閉塞、および貧血によってしばしば現れます。典型的な徴候の1つは白の舌の表面の上の花です。

彼は体調不良について文句を言うことはできませんので、乳児のワームの存在を判断することは特に困難です。親は過度の気まぐれさ、睡眠不足、唾液分泌の増加、便秘、および皮膚の発疹を心配する必要があります。蠕虫感染の特徴的な徴候の中には、ゆっくりした体重増加、皮膚の蒼白、および目の下のあざの形成があります。

あなたが蠕虫の侵入に特徴的な徴候を見つけたら、それは医者に相談することが重要です。小児科医または感染症の専門家である寄生虫専門医は、ワームを特定し、効果的な治療を実行するのに役立ちます。

ワームのテスト

子供の体にワームがあるかどうかを理解するには、特別な検査が役立ちます。蠕虫性侵入の症状は他の疾患に典型的であるため、それらの実施は必要である。

処方された蠕虫の侵入を確認または反論するには:

  1. 糞便の検査 - 糞便中にワームの卵と成熟したワームの破片が見つかりました。この分析は、回虫およびある種の条虫、吸虫の識別に有効です。この方法の有効性は30-40%です、従って客観的な結果を得るために、それは数日の間隔を維持しながら、3回実行されるべきです。分析のために選択された朝の排泄物。材料を滅菌タンクに入れ、実験室に移す。
  2. にじみや擦り傷は、虫の存在を判断するのに役立ちます。綿棒の助けを借りてそれを実行するために、生体材料は、肛門と会陰の領域から取られます。その中で、w虫の卵が検出されます。この手順は水泳前の朝に行われます。結果が否定的であるならば、分析は2-4回繰り返されるべきです。
  3. 全血球数 - ワームの侵入は、ヘモグロビン濃度が低いことを背景に、好酸球の濃度が上昇していることを示している可能性があります。血液は空腹時に静脈から与えられます。
  4. ELISAは最も正確な種類の研究の1つです。抗体は血中で産生され、特定の種類の寄生虫による感染に反応して体内で産生されます。各タイプのワームを識別するために、別々に分析が行われます。静脈から空腹時に採取された適切な血液を研究するために。結果の精度は95%を超えています。その主な欠点は比較的高いコストです。

蠕虫の侵入を診断するための追加の方法の中で、コンピュータ断層撮影法、ラジオグラフィー、および超音波が最も頻繁に使用されている。彼らの助けを借りて、ローカライズの場所とワームの数を確立することが可能です。

子供の虫の治療

子供のワームを診断するとき、それらはできるだけ早く取り除かれなければなりません。しかし、あなたはすぐに駆虫薬を服用することに頼るべきではありません。子供を段階的に治療する必要があります。

ワームに対する効果的な治療の段階:

  1. 準備 - 子供の体を害する毒素の浄化を最大限にすることを目的としています。これは、寄生虫の重要な過程の排出を活性化する吸着剤と植物油の受け入れを助けます。

この段階での最適な治療計画は各食事の前に子供にカボチャまたはアマニ油の小さじ1杯を与えることです。 1日3回食べた後は、吸着剤を摂取します。 Enterosgelは良い評判を得ています。

この段階は5-7日続きます。洗浄は体を駆虫剤療法のために準備するのを助けて、そしてできるだけ速く寄生虫を取り除くのを助けるので彼らは無視されるべきではありません。

  1. 駆虫剤の錠剤または懸濁剤の投与を含む、直ちに駆虫剤療法。どんな種類の薬、そしてどんな線量で医者が決めるべきです。彼だけが、それぞれの特定の場合において最も効果的で安全な治療方法を選ぶことができます。薬を選ぶとき、それは年齢と同様に子供の状態、侵入のタイプと感染の程度を考慮に入れます。

子供に駆虫薬を投与するときは、投与量を厳守し、医師が処方したコースを完了することが非常に重要です。あなたが用量を増やすと、それは健康状態に悪影響を及ぼす可能性があり、副作用の発現を引き起こします。線量の減少は望ましい効果につながらず、寄生虫を取り除きません。

  1. 回復段階 - 寄生虫を除去するためにタブレットを使用した後は、治療を中止しないことが重要です。医師が個別に選択した薬やビタミン剤を使って、子供の体の正常な機能を回復させることが必要です。最も一般的に処方されている薬は、免疫システムを活性化し、生物の発達に重要な有益な物質の欠乏を補う、代謝過程の正常化、消化管の機能に寄与する薬です。

治療のすべての段階で、食事療法に従うことが重要です。子供の食事から甘い、揚げ物、脂肪、小麦粉を除外する必要があります。食品の基本は、野菜スープ、果物、野菜、シリアルです。新鮮なジュース、特にカボチャ、ザクロ、ニンジンを飲むのに便利です。

薬理学的製剤(子供の薬の優れた概要)で子供を治療することは可能です。年齢に適した薬を選ぶことだけが重要です。それはまた伝統医学の方法に頼る価値があります、それらは治療の追加の手段として効果的です。

子供のワームを駆除するのに役立つ基本的な薬や民俗レシピを考える。

薬 - あなたはワームから子供に何を与えることができますか?

子供に与えることが許容されているワームに対する薬のうち、最も頻繁に任命されました:

  1. ピペラジンは線虫に対して有効であり、新生児にも投与することができます。有効成分アジピン酸ピペラジンを含むこれらの錠剤は実質的に禁忌がないので、1歳までの赤ちゃんに与えることができます。それらは高効率の点で違いはありませんが、それらは虫を駆除します。線量は医者によって個々に決定されます。薬の価格 - 25ルーブルから。
  2. ネモゾールはアルベンダゾールを含む駆虫薬です。 2歳以上の子供たちのために、それは丸薬ではなく、懸濁液を選択することをお勧めします。早い年齢では、この薬は処方されていません。薬は回虫を駆除するのに役立ちます。薬の単回投与で十分です。子供たちは食事の間に10mlの懸濁液を与えられます。薬の価格 - 220ルーブルから。
  3. Pyrantel - 回虫、特に回虫を駆除するPyrantelを有効成分とする錠剤。あなたは3歳の子供にあげることができます。線量は侵襲の種類と年齢に応じて医師によって決定されます。錠剤の価格 - 25ルーブルから。
  4. レバミゾール - 同じ有効成分レバミゾールを含みます。 Уничтожает круглых червей, назначается при смешанных заражениях. Можно давать ребёнку с 5 лет, придерживаясь дозировки, назначенной доктором. Цена препарата – от 90 руб.
  5. Гельминтокс – назначается детям с 7 лет. Содержит активное вещество Пирантел и выпускается в форме таблеток, а также суспензии. この薬は開発のさまざまな段階でワームを殺します。線量は医者によって決定されます。薬の価格 - 85ルーブルから。

民間療法

駆虫治療の有効性を向上させることは民間療法を助けるでしょう。それらは駆虫性を有する植物に基づいて調製される:ヤロー、スウィートフラッグ、ニンニク、タマネギ、フェンネル、カボチャ、コショウ。彼らはスープ、注入剤、薬用量を作る。

効果的な民俗レシピ:

  1. w虫から亜麻仁と大麻油を助けます。それは子供がみみずから清潔になるまで、食事の前に1日3回小さじ1杯に与えられるべきです。
  2. カボチャの種は、ほとんどすべての種類の虫に役立ちます。カボチャミルクは種子から調製されます。彼らは肉挽き器を通過し、2カップの熱湯で満たされます。組成物を水浴中で煮沸し、そして3時間主張する。種子の数は子供の年齢によって異なります:最大7歳、150 gで8〜10年 - 200 g、10歳以上 - 300 g子供たちに食事の前に小さじ1杯で30分前に1日3回、生乳が与えられます。
  3. 回虫からは絞りたてのにんじんジュースを助けます。コップ1杯のジュースに、大さじ2杯の蜂蜜を加える必要があります。回復するまで1日2回大さじ2杯を与えます。ニンジンジュースは、ザクロジュース、パイナップル、大根、キャベツと置き換えることができます。
  4. にんにくの3つのクローブをひき、そしてミルクのガラスで薄めなさい。子供はこの混合物をその日飲むべきです。治療コースは3日間続きます。
  5. クレンジング浣腸は、虫や回虫から助けることができます。それらの準備のためにあなたはミルクのガラスの中にニンニクの2-3クローブを沸騰させる必要があります。このスープを冷やして一晩7日間浣腸する。

伝統的なレシピは薬理学的薬より安全です。しかし、子供の年齢と彼の体の特性を考慮すると、それらも慎重に服用する必要があります。

コマロフスキー博士の異動

コマロフスキー博士は、ワームの治療に多くの注意を払っています。彼は、ワーム感染の問題を解決するには、できるだけ合理的に考えるべきだと主張しています。 Komarovskyは、予防のための抗蠕虫薬の服用は、子供が社会的に不利な状況にある国に住んでいる場合にのみ正当化されるというWHOの声明に同意しています。

通常の経済的社会的状況にある国では、最初にワームの特定を可能にするテストに合格する必要があります。彼らが感染の事実を確認したら、それから寄生虫の識別されたタイプに対して効果的な薬の使用で駆虫薬治療を始めることが必要です。あなたがビデオを見ることによって学ぶであろうより多くの情報。

寄生虫の予防

子供の蠕虫蔓延の可能性を最小限に抑えることは、予防策を定期的に順守するのに役立ちます。子供がいくつかの単純な規則を守れば、侵入の危険性は数倍減少するでしょう。

蠕虫感染症の予防のための主な対策:

  • 個人衛生、幼児期から、子供は手、野菜、そして果物を洗うように教えられなければなりません、
  • 子供のおもちゃ、乳首の清潔さを監視し、それらは沸騰水で定期的に扱われなければなりません、
  • 汚れがそれらの下に蓄積しないように、常に子供の爪をトリミングする
  • 洗濯後の鉄製のベビー服、
  • 赤ちゃんに野菜や果物をよく洗ってあげてください。
  • 肉、魚は常に十分な熱処理を受けなければならない、
  • 犬が歩かない場所でのみ子供と一緒に歩きます、
  • 精製水だけを赤ちゃんに与える
  • 子供が立っている水の中で泳ぐことを許可しないでください。
  • 散歩の後は、ペットの足を洗ってください。外を歩きながら、ワームの卵を持ってきてアパートの周りに広げることができます。
  • あなたの子供に良い栄養を与えます
  • 家の中で定期的に家の掃除をする。

極端な場合には、子供の予防のためにKombantrin、Pyrantel、Vormin、Albendazoleを投与することができます。予防治療は医師と調整するために重要です。

寄生虫が子供の体に現れると、感情的な状態や一般的な健康状態がマイナス方向に変化するため、それはほとんどの場合顕著です。両親は、赤ちゃんの行動を監視するために用心深い必要があります。そして、ワームによる感染の疑いが最小限であれば、医師に相談してください。どんな種類の蠕虫症も非常に危険な病気であり、大きな健康上の問題を引き起こしているので、爬虫類治療はその価値がありません。

猫の虫の症状と治療

猫の虫は人間よりはるかに頻繁に観察されます。特に寄生虫は、通りを自由に歩き回ることができる動物に感染しますが、同時に、常にアパートにいる猫からワームによる感染を排除することはできません。

これらの動物に感染する多くの寄生虫はすぐに人間に広がる可能性があるので、猫のワームは治療されなければならないことは注目に値します。彼らはほとんどの場合、動物からのワームに感染しているので、子供が家に住んでいる場合、寄生虫の侵入を治療することが特に重要です。したがって、問題の最初の兆候が現れたとき、猫は包括的に扱われるべきです。

猫はどのように寄生虫に感染するのですか?

実際には、国内の猫を感染させる方法はかなり多様です。動物が通りに自由にアクセスできる場合、寄生虫の卵を飲み込むことができます。

  • ハーブを食べる
  • 水たまりから飲みながら、
  • ワームに感染したワームを食べる
  • 昆虫を食べます。

さらに、動物がアクティブなゲーム中にワームに感染する可能性があります。なぜなら、狩猟本能が犬小屋で目を覚ますと、ゲーム中に歯の上に柔らかい物があれば試すことができます。

したがって、ペットはすぐに多数のワームを飲み込むことができます。再感染は珍しいことではありません。感染した猫は自分自身の面倒を見続け、肛門の周りを含む毛皮をなめます。そこでは、腸の動きの間に感染した動物の体を離れたワームの卵がある可能性があります。

家に住んでいて通りを配置する可能性がない猫の寄生虫も除外することはできません全体的なことは、そのようなペットは時々食事の補助として生の肉や魚を受け取ることです。生の肉や魚には寄生虫が含まれていることが多いので、これは動物の飼い主にとって致命的な間違いです。家で遊んでいる間、猫は歯の上に虫に感染した物体を味わうことができます。

実際に、それは通りに自由にアクセスできない動物の飼い主であり、寄生虫がある場合、動物はそのトレイに小さなワームを持つことができるので、ワームが猫の中でどのように見えるかをよく知っています。路上で自由にアクセスできる動物の虫所有者をテーマにした猫の排泄物は、通常研究することができないので、猫は症状によってのみ寄生することができることを理解してください。

寄生虫を取り除くために、私達の読者は首尾よくIntoxicを使用しています。このツールの人気を見て、私たちはあなたの注意にそれを提供することにしました。
もっと読む

ワームによるネコ感染症の症状発現

猫の飼い主が彼女の健康に非常に気を配っている場合、彼らはすぐにワームの特徴的な症状に気づくことができます。問題は、猫のワームの兆候がかなり早く現れるということです。

生命活動中の虫は、動物の体を奪うだけでなく、猫の健康に最も悪影響を及ぼす大量の有毒物質も放出します。猫に寄生虫の侵入があると、症状はかなり急速に増します。まず第一に、動物はかなり急速に体重を減らし始め、そして毛皮は健康に見えなくなり、鈍くなります。猫の寄生虫は、原因不明の嘔吐、腹部膨満、および不便な排便を示すことがあります。

場合によっては、猫の虫は口臭、食欲不振、または逆に過剰量の食物の摂取を示すことがあります。免疫系が弱い場合、例えば動物が老いている場合、寄生虫が他の臓器に広がる可能性があります。さらに、筋肉、肝臓、腎臓および肺がしばしば冒されます。猫は嗜眠と怠惰になることがあります。標的治療がない場合、猫への寄生虫の侵入はその早死を引き起こす可能性があります。動物の状態が急速に悪化している場合は、指示された抗寄生虫療法のみが彼の命を救うことができます。

抗寄生虫治療法

ワームが猫に現れると、特徴的な症状が現れた直後に治療が必要です。通常、この目的のために駆虫薬が使用され、猫に虫がいたら動物を素早く治すことができます。猫を獣医診療所に連れて行ってその糞を分析して虫の種類を決定することが不可能な場合は、通常、広範囲の作用の抗寄生虫製剤を使用する。通常、猫の駆除には、次のような薬を使います。

場合によっては、他の抗寄生虫薬を用いて治療を実施することができる。例えば、獣医師に目を向ける機会があれば、彼はより効果的かつ安全に猫を治療するであろう狭い範囲の作用のより効果的な薬を処方することができます。

猫の猫における蠕虫感染の危険性が非常に高いことを考えると、多くのペット飼い主は寄生虫の侵入の防止を実行することを好む。

場合によっては、この問題に対する最善の解決策は予防接種であるため、猫のワームは発生しません。

ただし、この方法でも特定の種類のワームでしか感染を防ぐことができませんが、他の人は動物の体に害を与え続けることができます。

駆虫薬の予防的使用はより便利で効果的です。猫の虫が出現しないようにするには、駆虫剤をスケジュールどおりに厳密に投与する必要があります。これは獣医師と合意する必要があります。路上でよく見かける猫の寄生虫はより一般的なので、3ヶ月に1回駆虫薬を投与する必要があります。猫が絶えず家にいるのであれば、4〜5ヶ月に1回予防的な寄生虫駆除を行うことができます。

猫の蠕虫侵入の兆候

猫の虫はよく見られる現象です。体は卵、幼虫および成虫に対する抗体を産生しないので、この問題は特別な注意に値する。ワームの感染は人間の健康に脅威を与えるため、ワームの存在の最初の症状を判断し、ペットが害虫の影響を受けていることを理解することが重要です。それから獣医の駆虫治療の形で彼を助けます。

ワームの種類

猫への虫の侵入は、獣医師がしばしば直面する問題です。すぐに専門家の助けを求めるためには、糞中の猫の中でワームがどのように見えるかは、4匹のペットの各所有者になじみがあるはずです。猫の体に寄生する蠕虫のいくつかの種類があります。

猫のワームの最も一般的な種類:

  • 回虫(線虫)、
  • テープ寄生虫(条虫)、
  • フラットワーム(吸虫または吸虫)。

線虫は2 cm以下の小さな虫で、進行した場合、寄生虫は10 cmの長さに達し、そして動物の死を引き起こします。回虫の中で、最も一般的なものは、小腸に局在する強直性腺腫です。

この種の虫はその保菌者の血液を摂食するので、感染した猫は貧血に苦しみます。 2週間後、寄生虫の卵が子猫と糞便の成体標本で検出されます。

猫のサナダムシは多くの部分から成り、長さは70センチに達します。猫の体は中間宿主として使用されます。主にこのワームは小腸に寄生します。感染した動物では、肛門の周りの毛皮や糞便の中に、米粒のように見えるサナダムシの部分があります。

猫の虫は肺や肝臓に影響を与えます。いくつかのケースでは、このタイプの害虫の侵入は無症状である可能性があります。寄生虫が肺に入り肺組織に当たった後、ペットは咳を発症します。肝臓に寄生する蠕虫はその能力を侵害する。

猫の蠕虫の原因

路上の猫はどこにでも虫をつかまえることができます。しかし、ペットにとっては、蠕虫被害の危険性もあります。動物の寄生虫の出現の理由はある特定の要因である場合もあります。

ローフード熱加工されていない肉や魚には虫が含まれることがあります。汚染を避けるために、製品は熱処理を受けなければなりません。また、蠕虫卵は原水中に存在します。

昆虫ワームの侵入の既知のディストリビューターはハエとノミです。ノミから保護すると、特別な襟が可能になります。ハエの状況では、猫が昆虫を食べることは禁止されています。

感染した動物や寄生虫の卵に感染した物体との接触妊娠中の猫からの寄生虫に対する子猫の内部子宮病変。

獣医師は予防の勧告に従うことを勧め、そして完全な感染を防ぐために動物に定期的に軽い駆虫薬を与えることを勧めます。

ワームの一般的な症状

動物によって、損傷の兆候は異なります。症状は寄生虫の種類と哺乳類の病変の程度に直接関係しています。多くの場合、病気の初期段階は無症候性ですが、害虫は急速に増殖し、すぐに蠕虫感染症の最初の兆候が表示されます。

獣医師は猫の虫の主な兆候のいくつかを発します。これはあらゆるタイプの害虫に共通です。

  • 食欲減退
  • 嘔吐の症状を伴う消化不良、便秘を伴う下痢、
  • 脱毛
  • 一般的なうつ病、
  • 膨満感
  • 粘膜の蒼白(貧血)
  • ギャグや糞便中のワームの存在
  • 減量
  • 糞便中の血液の存在
  • 炎症がない状態で眼からの体液の放出。

子猫における蠕虫性侵入の存在は、健康な動物と比較したそれらの発育および成長の遅延によって示される。妊娠中の猫では、寄生虫による中絶または早産が起こります。哺乳動物における疾患の進行段階では、後肢の麻痺が観察される。

飼い主全員が猫のワームの存在がどれほど危険であるかを知る必要があります、この病気の症状と治療は非常に単純です、あなたは獣医師の指示に従うべきです。

ワームの危険性は何ですか

猫の蠕虫症の存在は、動物だけでなく人間にとっても脅威です。寄生虫は臓器やリンパ液の組織を摂食するため、体の枯渇、消化器系の活動の障害、そして体重の減少があります。

さらに、回虫はその生活環全体を通して体内に有毒物質を放出し、さらに組織を中毒および損傷する。それらはアレルギー反応を引き起こします。

猫の中に虫がいることは人々に深刻な問題をもたらします。特に子供たち。

寄生虫は健康に重大な害を及ぼす可能性があり、それらは以下の病気を引き起こします:

  • Diphyllobothriasis - 小腸に局在し、長さは10メートルになります。
  • エキノコックス症と肺胞球菌症は非常に危険な病気です。ワームは内臓に損傷を与える可能性があります。
  • 鼻腔炎は、消化器系の肝臓、胆嚢、膵臓に影響を及ぼします。
  • 線虫は皮膚を通して体に入り、肝臓とキャリアの血液に影響を与えます。

何年もの間、ペットに肺胞球菌症の幼虫がいても彼に害はありません。人体にとって、肝腫瘍、脳および肺転移の形で致命的な危険があります。

治療戦略

猫に虫がいる兆候が見られる場合は、ただちに専門家の助けを借りてください。現代の獣医学では、寄生虫や広範囲の駆虫薬と戦うための多くの方法があります。ほとんどの種類の害虫に強力な効果を及ぼす普遍的な薬が優先されます。医療処置は自宅で行うことができます。

多くの薬は猫の体に最小限の効果をもたらします。そして時々副作用は全く観察されない。朝の空腹時に薬を動物に投与する必要があります。

多くの場合、哺乳動物の体重に応じて計算される、薬の説明書に指定されている用量を守ってください。錠剤の形で製造された、粉砕された形の薬はキャットフードに加えられる。

14日後、ワーム除去が繰り返されます。蠕虫症の症状がないと、害虫の卵が猫の体内に残る可能性があるため、再分析後に治療結果を評価することをお勧めします。

Многие хозяева при лечении беременных кошек или котят предпочитают использовать народные средства, считая их более щадящими, по сравнению с химическими препаратами. Однако опытные заводчики наряду с ветеринарами не советуют такую методику терапии.

ワームは猫から人間へと伝染するので、家族全員が結露することをお勧めします。人間の手段で動物の虫を扱うことは禁じられています。ペットを治療する方法を決定することは獣医師だけにすることができます。

予防策

成人と子猫の予防的駆虫は少なくとも年に4回行われるべきです。通りを歩いている猫は、駆虫薬をより頻繁に与えられるべきです。ペットの犬の危険を減らすためには、いくつかの規則に従う必要があります。

  • 熱処理を受けていない肉や魚を猫に与えることは禁忌です。
  • 動物を沸騰水または蒸留水に給餌する。
  • 路上の猫との接触を避けます。
  • リビングルームでは定期的にウェットクリーニングをすることをお勧めします。
  • 猫の場所の駆虫治療を生成します。

ダニ、ノミ、ミミズに対する駆虫薬の予防的使用は3か月に1回行われます。まず、ノミとダニは3日後に破壊されます - ワーム。

これらの単純な規則を遵守することで、長期にわたる治療やあらゆる種類の合併症を回避できます。ペットの飼い主が猫にどのワームが発生したかを覚えていれば、最初の合図で彼は必要な援助を提供し、適時に治療を開始します。

zoo-club-org