動物たち

子猫のための最初のワクチン:年齢、子猫のためのワクチン

飼い主は、ペットを飼うことにしたとき、喜びや前向きな感情に加えて、多くの心配や悩みを抱えることになることを知っておくべきです。猫や猫の世話をすることは責任ある問題です。ペットが健康で元気を保つためには、飼い主は子猫がどんな予防接種をするのかを知っていなければなりません。

予防接種が行われていない場合、子猫はさまざまなウイルス性疾患の犠牲者となり、白血病、汎白血球減少症などの疾患で死亡する可能性があります。ヘルペスやカルシウイルス症の後の合併症は、それほど危険ではありません。さらに、予防接種は、動物だけでなく、病気のペットの咬傷に苦しんでいるかもしれないその飼い主に対しても狂犬病から保護します。

子猫を購入することはできるだけ責任を持って扱われるべきです。何を彼に与えるべきか、どうやって水を入れるべきか、そして彼がどこで寝るのかを知るだけでなく、彼の健康状態の世話をすることができることも必要です。

ペットを買う前に、慎重に調べなければなりません。外的欠陥に気付く最も簡単な方法:脊椎、足および頭の異常な構造。皮膚に髪の毛のないしみがある場合は、獣医師に相談する必要があります。子猫の目ははっきりしているはずです。耳、粘膜、口腔を探検する価値もあります。健康な子猫の体温は38.0 - 39.0度であるべきです。

基本ルール

飼い主全員が、いつ子猫にワクチン接種するのかを知っておくべきです。予防接種の時点で、ペットは完全に健康でなければなりません。手術の少し前に、駆虫治療を実施する必要があります。この方法を怠ると、予防接種が望んだ効果を発揮しない可能性があります。駆虫剤は専門店で買えます。

予防接種後の最初の日に子猫を外の世界との接触から保護するためには、後者を家に持っていくのがより便利です。

最初の予防接種はいつ行われますか。

経験の浅い飼い主は、子猫を最初に予防接種する時期に興味があることがよくあります。原則として、ペットが生後2ヶ月のときに予防接種が行われます。赤ちゃんが猫の母親とずっと一緒にいる機会がある場合は、生後3ヶ月で手続きを実行できます。牛乳で子猫の体に入る母親の抗体は予防接種に抵抗することができ、それはその有効性を減少させるでしょう。

体の免疫反応を強化するために、最初の免疫反応が行われた後、子猫は予防接種を受ける必要があります。つまり、再ワクチン接種です。獣医師は、次の予防接種は歯が交換された後にのみ行われることを勧めます。 3回目のワクチン接種は1歳の時に行われます。さらなる手続きは毎年行われます。

予防接種はどんな病気を救うのでしょうか?

子猫がどの予防接種を必要とするかを理解するために、あなたは彼らがあなたのペットをどこから救うことができるかを理解する必要があります。

今日まで、獣医師は4つの一般的な感染症を区別しています。

  • ヘルペスウイルス。この疾患はウイルス性と考えられ、鼻気管炎と呼ばれます。それは上気道に影響を及ぼし、そしてウイルスは空気中で「生きる」ので、子猫は液滴に感染するようになる。ほとんどの場合、彼らは病気の子猫、少なくとも大人の猫です。
  • ペスト、または汎白血球減少症。 この病気に感染するのはかなり簡単です、病気の動物またはそのマークと接触することで十分です。これは歩きながら起こります。
  • カルシウイルス症。ウイルスは気道に感染し、子猫と若いかそれ以上の年齢のペットがそれを拾うことができます。
  • レプトスピラ症。あなたはマウスや他のげっ歯類のキャリアからこの病気に感染する可能性があります。猫はそれらを捕まえるのが大好きなので、あらゆる接触から動物を救うことは非常に困難です。病気の主な症状は発熱と出血ですが、最も危険なのは病気が潜伏した形で伝染することです。レプトスピラ症はヒトに伝染し、伝染性です。

免疫はどのように形成されますか?

子猫にどのくらいのワクチン接種をするべきか、そして何歳にするべきかを考えるとき、生後1ヶ月の間に子猫が母親の母乳から保護されることを忘れてはなりません。動物は感染症やウイルスに非常に影響されやすいので、この期間は赤ちゃんの健康にとって重要であると考えられています。したがって、あなたは最初の予防接種を子猫にする時期を知る必要があります。

予防接種後、免疫は最初の2年間は安定しているので、飼い主はペットのさらなる安全性について考える必要があります。

次に何をする?

さらなる行動を決定し、子猫にいつワクチンを接種するかを理解するためには、獣医師に連絡する必要があります。医師はペットをウイルスやその他の病気から保護するためのさまざまな方法について話します。子猫は、生後6週目から定期的に繰り返される一連の予防接種を受けることを推奨されています。最後の予防接種は20週齢の子猫です。

獣医師は、従来の注射を使用することができ、それらを鼻腔内技術と組み合わせることができます。狂犬病予防接種を実施するには、現地の法律を遵守する必要があります。

予防接種スキーム

質問に対する答え:「子猫は予防接種を必要としますか?」はっきりしています。もちろん必要です。それらの実施のアルゴリズムは常に同じであるべきであり、それから予防接種の有効性は最大になるでしょう。処置の前に、医者はペットを注意深く調べます。そして彼の許可を得た後にのみワクチン接種が可能になります。

新しい居住地への移動があった場合、動物は過熱や過冷却などを受けた、それから予防接種を延期することをお勧めします。

獣医師は動物の年齢やその他の基本的な情報を知っておく必要があります:食欲、活動のレベル、排尿の頻度など。最初に予防接種がどのような子猫に行われるのかを医者が教えてくれます。手技の後、動物はアレルギー反応の可能性を排除するために20分間医師の監督下に置かれるべきです。しばらくの間、子猫は鈍くて眠くなり、食欲を失い、たくさん眠ることがあります。しかし翌日、彼の状態は正常に戻るはずです。

子猫の予防接種はどこですか?

思いやりのある飼い主は、子猫が必要とする予防接種だけでなく、予防接種をするのがより良い場所を検討するべきです。最も理想的な選択肢は、自宅で医者を呼ぶことです。それからペットは彼が否定的な条件で囲われ、路上で病気を拾うことはありません。処置後の免疫力が弱まるので、そのような結果の可能性はかなり高い。

このオプションの利点には、時間の節約やペットの相対的な落ち着きなどがあります。これは、慣れ親しんだ快適な環境になるためです。さらに、他の訪問者がそこにいるので、診療所の医者が子猫に多くの時間を費やすことは難しいでしょう。家では、獣医師はゆっくりと動物を調べ、個々の予防接種計画を処方することができるでしょう。

若い頃の猫の予防接種

それは子猫を作るためにどのような予防接種を知っているだけでなく、子孫を保護するために、妊娠前に猫に予防接種をすることを忘れないことも非常に重要です。このようにして初めて、将来の子猫の免疫は致命的なウイルス性疾患に適切に反応するでしょう。予防接種は人生の20週目から始まり、最長2年間続くことがあります。

猫が2歳以上の場合は、子孫の出生後最初の数年間に再ワクチン接種を実施する必要があります。獣医師は、年間予防接種のすべてのリスクと利点について詳細に説明します。

大人の猫のための予防接種

大人のペットは毎年予防接種を受けなければなりません。この手順と子猫の予防接種の違いは、再ワクチン接種の必要がないという事実にあります。能動免疫は10日後にしか発達しないので、ペットと外界との接触をできるだけ減らすべきです。

不注意なペットの飼い主は予防接種を選択的と考えているため、その必要性がないと考え、子猫は完全に自家製であることを説明しています。したがって、特定の種類の予防接種が法律で義務付けられていることを知っておく価値があります。

獣医パスポートが必要なのはなぜですか?

すべての動物は獣医パスポートを持っているべきです、それだけでそれはそれと一緒に旅行することが可能になります。狂犬病ワクチンは必須であるため、特に重要です。すべてのマークが正しく作成されるようにするには、子猫を飼っている獣医師に援助を求める必要があります。

パスポートは、チッピング手順の後に動物に割り当てられます。この場合、電子マイクロチップはペットの皮膚の下に挿入されます。かなり小さな子猫はパスポートなしで持ち運ぶことができますが、獣医師からの適切な証明書が付いています。

どのようなウイルスを予防接種する必要があります

猫が最も影響を受けやすい病気がいくつかあります。それらの中には、狂犬病、ウイルス性白血病、感染性ネコ腹膜炎がある。

ほとんどの場合、猫はこれらの病気で死亡するため、子猫にいつワクチンを接種するかを決定することが重要です。

汎白血球減少症はペストです。特別な注意を払う価値があります。事実は病気が急性であるということです。この場合、猫は消化不良と心不全が観察されます。子猫のための最初の予防接種が時間通りに行われなかった場合、ほとんどの場合、この病気は最愛の動物の死で終わります。さらに、この病気は非常に伝染性であるため、あるペットから別のペットに感染する可能性があることにも留意してください。ほとんどの場合、免疫力の弱い動物や若い子猫がこの病気にかかっています。

カルシウイルス症と呼ばれる病気にも注意を払う。これは、若い猫が人から、あるいはむしろ飼い主からではなく自分の服から感染するウイルス性の病気であり、そこでは彼は絶えず通りに行きます。

ウイルス性白血病はペットにとっても非常に危険です。この病気のウイルスが動物の体に入るとすぐに、それは即座に骨髄に感染します。病気の治療は非常に痛みを伴い、ペットの免疫システムを強化する必要があります。また、白血病を完全に治癒する方法はないということを考慮に入れる必要があります。そのため、子猫の最初の予防接種を迅速に実施することが不可欠です。

ワクチンの種類

動物への予防接種は2種類あります:生きているものと不活性化されているもの、すなわち死んでいるものです。専門家はまだどのタイプの予防接種が最善であるか正確に言うことができません。

生ワクチンは、猫が非常に強力で長期的な免疫を発達させるおかげで、少量の生ウイルスの導入を意味します。しかしながら、まれに、このようなワクチン接種は疾患の長期進行を引き起こし得、それはひいては非常に不快な結果をもたらし得る。

我々が不活化タイプの子猫のための最初のワクチン接種について話すならば、ワクチンは化学的または物理的手段によって殺されたウイルスの微生物です。この場合、効果はそれほど長くなりません。さらに、そのようなワクチン接種後、動物の肝臓および腎臓は複雑になる。

子猫を与える方法

原則として、最初の予防接種は8週目に子猫に与えられます。予防接種を受けた猫から若い猫が生まれた場合、抗体の一部はそれぞれ牛乳と一緒に彼に移され、そのような赤ちゃんは12週間まで予防接種を受けることができません。

この期間中、動物はそれぞれ能動免疫を発達させないので、より早い年齢で最初の注射をすることは推奨されない。いかなる注射も単に無用になるであろう。

手技が正しく行われるためには、予防接種日のおよそ10〜12日前に、何らかの予防措置を講じる必要があります。まず第一に、あなたは子猫に駆虫薬を与える必要があります。その線量は赤ちゃんの体重に基づいて計算されます。この後、それはそれが定期的にトレイの内容を確認することが必要であるため、ペットがそれぞれワームを駆除したことを確認する必要があります。子猫が寄生虫に苦しんでいる場合、それは彼に予防接種をすることはお勧めできません。最初にあなたは完全に既存の病気から彼を治癒する必要があります。そうして初めてワクチン接種を行うことができます。

私たちが子猫のための最初の予防接種について話すならば、彼らは2-3ヶ月の年齢で作られます。原則として、これらは一度に複数のウイルスを含む薬を使った注射です。

1カ月に何度も予防接種が行われます。初回と同じコンポーネントを使用します。 1年に3回目の予防接種が必要です。現時点では、薬物の組成は同じですが、今回は抗狂犬病成分のみが追加されます。

ペットが頻繁に通りに行くか、または展覧会に出席するならば、それはまたそれを奪うことからそれに予防接種をすることが必要です。

子猫が彼らの最初の狂犬病予防接種を受けるとき

多くの猫の飼い主はこの病気について真剣に心配しています。動物にとってだけでなく、人々にとっても危険なので、これは驚くことではありません。動物は100%のケースで狂犬病で死亡するので、このワクチンは必須です。

ふわふわのペットが他の動物と絶えず接触している場合、子猫のための最初のワクチンは3ヶ月齢で作られなければなりません。ペットが他のペットがいない家に座っているならば、それから若い動物の体が完全に強化される7-8ヶ月までに、それは少し後に狂犬病に対して予防接種を受けることができます。その後、毎年予防接種が行われます(同時に行うことが望ましい)。ペットがワクチン接種後に食欲を失う場合でも恐れてはいけません。これはこの種のイベントに対する正常な反応です。

若い動物の予防接種

子猫にワクチンを接種する時期が以前に言われました。この場合、医者は動物が絶対に健康であることを確かめなければなりません。ペットの飼い主もペットを見るべきです。健康な子猫のために良い食欲、通常の体温、アクティブなライフスタイルを特徴としています。動物はくしゃみや咳をするべきではなく、鼻や目からの分泌物の存在にも注意を払うべきです。

子猫が病気であるという疑いがあるならば、どんな場合でも彼に注射をすることは不可能です。

ペットの前日に病気の動物と接触した場合は、予防接種を拒否する価値があります。小さなペットが手術を受けた場合、子猫の最初の予防接種日は医師によって決定されます。原則として、手術後3週間は注射は行われません。

また、専門家は、歯を変える過程である子猫の予防接種を勧めません。

ふわふわのしこりの飼い主は、子猫に最初のワクチンが接種される時期だけでなく、使用される薬も知っておくべきです。

この薬の製造元はフランスの会社Merialです。ワクチンは、動物が汎白血球減少症、カリシウイルス症、狂犬病および鼻気管炎に抵抗するのに必要な活性成分を含む。

最初の注射は8週齢で赤ちゃんに行われます。これを皮下投与すると「ロイコフォレリン」。赤ちゃんの生後12〜13週の時点で、彼らは「Kvadrikat」の用量を注射し、子猫が1歳のときにこの手順を繰り返します。

「ノビバック」(トリカトリオ)

この薬はIntervetによって製造されています。このワクチンには、Triket、Nobivac、Rabiesの3つの有効成分が含まれています。この構成のおかげで、一度に4つの病気から動物を守ることも可能です。

8週齢で、子猫に「Triket」を皮下注射します。 12-13週で、同じ薬の注射が与えられます、この場合だけ狂犬病はそれに加えられます。子猫が1歳になると、この手順が繰り返されます。

この薬はアメリカのFort Dodge社によって製造されています。この予防接種には標準的な株が含まれています。しかし、主な病気に加えて、この注射は動物のクラミジアの発症を防ぎます。

8週齢で、子猫にFelovaksを皮下注射します。 12週目に、ワクチンは再び接種されるが、この場合、組成物はさらに狂犬病に対する薬物を含む。

この手順は毎年繰り返された後。

この薬はメリアル社によって販売されています。ワクチンはクラミジアや白血病を含む最も危険なネコ科の病気に耐えることができる成分を含みます。しかしながら、薬物の組成は、特定の動物の状態、品種および特徴に応じて変えることができる。

ワクチン接種も同様の方法で行われる。最初の注射は8週間で行われ、追加の成分を加えて12週間繰り返される。

猫が妊娠している場合、上記のすべての薬を使用することはお勧めできません。したがって、注射の前に彼が動物の状態を評価することができるように獣医師との協議に申し込むことが不可欠です。有能な専門家を見つけることが重要です。動物は薬のあらゆる成分に対してアレルギー反応を起こす可能性があるので、家に予防接種をすることはお勧めできません。そのため、近くに経験豊富な専門家がいる方が良いでしょう。

予防接種は何をする

あなたが予防接種のスケジュールを立てる前に、獣医は間違いなくどんな状況でそしてどこで子猫が住んでいることになっているのか、いつそしてなぜ彼の母親が予防接種を受けたのか知りたいと思うでしょう。 Если в районе, где вы проживаете, велика вероятность заразиться инфекционными заболеваниями, это также будет учтено при составлении графика.

Существуют общие рекомендации по проведению прививок:

  1. В 2-3 месяца вакцинируют от респираторных заболеваний и панлейкопении,
  2. В 3 месяца — от вируса бешенства,
  3. 14〜21日後、呼吸器疾患と汎白血球減少症のための再ワクチン接種が行われます、
  4. その後、年に1回予防接種をしてください。

予防接種の準備

あなたがあなたのペットを最初のワクチン接種に連れて行く前に、あなたはそれを飲み込むことを確実にする必要があり、そして彼がノミを持っていれば、それらを取り除きます。ワーム(これはこの手順の名前です)は、ワクチン接種の10日前までに行われます。

そのような対策は子猫の免疫力を弱めないために必要です。

狂犬病予防接種

狂犬病は最悪の病気の一つです。ワクチン未接種 動物は救済の機会がなく、100%のケースで死亡に至ります。致命的な結果を避けるためには、猫の予防接種をする必要があります。

狂犬病ワクチンは非常にタフなので、子猫はワクチン接種後の最初の数日に体調不良を感じるかもしれません。これを心配しないで、あなたのペットはすぐに完全に回復するでしょう。しかし、あなたは今や彼を脅かすものは何もないことを確実に知っているでしょう、そしてあなたは子猫、特に無限の自由を楽しんでいる人とのコミュニケーションがあなたとあなたの愛する人にとって安全であることを確信できます。結局のところ、狂犬病ウイルスは動物から動物へだけではなく伝播します。彼らは病気や人になることができます。

使用されるワクチンにもよりますが、狂犬病予防接種は1年に1〜3年行われます。

小胞子ワクチン

小胞子虫、または白癬は、猫が飼い主に感染することができる病気です。これが起こるのを防ぐために、そしてまた迷子の動物からの汚染を避けるために、それはタイムリーに子猫に予防接種をすることが必要です。

白癬に対するワクチン(「Polivak TM for cats」、「Microderm」、「Vakderm」)は予防薬としてだけではありません。彼らはまた扱います。

最初の小胞子ワクチン接種は6週目に子猫に与えられ、その後10-14日後に繰り返されます。最初のワクチン接種から2〜3週間後に、陽性の結果が目立つようになります。

最初の予防接種をするために子猫にいつ

最初の予防接種は8〜10週齢の子猫に行われます。この期間以前は、予防接種を受けても、赤ちゃんは予防接種を受けた母猫から受けた免疫を保持しているので意味がありません。 3〜4週間後、再ワクチン接種が行われ、その後赤ちゃんは強い免疫力を発揮します。

何らかの理由であなたがこの期間中に予防接種をすることができなかったか、子猫が3ヶ月以上の年齢であなたに来たならば、あなたはそれが歯を変えるまで予防接種を待たなければならないでしょう。赤ちゃんの免疫力が既に弱まっている追加の負荷を受ける必要はありません。

自宅で最初の予防接種をするための最も安全なこと。事前に獣医に同意してください。特に獣医診療所への訪問中にワクチン接種されていない子猫は、他の動物またはその飼い主から感染する可能性があります。

あなたの医師が確立した獣医薬局であなたに助言するワクチンを入手してください。あなたが診療所で予防接種を受けるつもりなら、あなたはその場でワクチンを購入することができます。

手術を受けた子猫は少なくとも2ヶ月間は予防接種を受けていない。

彼が手術を受けなければならない場合、このイベントは免疫が発達するまで数週間延期されなければならないでしょう。

赤ちゃんが抗生物質を服用している場合、予防接種は治療終了後14日目にのみ行うことができます。

最初の予防接種は何子猫ですか

最初のワクチンは、カルシウイルス症、鼻気管炎、および汎白血球減少症に対する包括的な予防接種です。獣医師はまた、子ネコがネコクラミジアなどの疾患に対して予防接種を受けることを示唆することがあります。

1年までの予防接種の子猫

それぞれの特定の子猫のための予防接種の個々のスケジュールは医者によって開発されます。赤ちゃんに予防接種をする時期は、その全身状態によって異なります。彼が病気だった場合、予定通りに手術を受けた。 progulirovana、タイミングは変わります。

子猫が生後2〜2.5ヵ月になると、ジステンパー、カルシウイルス症、鼻気管炎などの疾患に対するワクチンを含む最初のワクチンが接種されます。さらにクラミジアに対して予防接種することができます。

一ヶ月後、12-13週の年齢で、再ワクチン接種が行われます。必須施設には狂犬病ワクチンも含まれます。この病気に対する次の予防接種はもう1年です。

1ヶ月半は子猫が白癬症と小胞子(白癬)に対して予防接種を受けている年齢です。 14日後、別の小胞子ワクチン接種が行われます。

2ヶ月でスコットランドとイギリスの予防接種

2ヶ月齢のスモールスコットランド人とイギリス人は包括的な予防接種を受けています。

3〜4週間後にあなたのペットはすべきです これは狂犬病ワクチンに追加されます。この予防接種の後、子猫は一ヶ月間社会から隔離されます。彼は他の動物やその飼い主に近づくことを許されるべきではありません。禁止は獣医診療所に入る。必要であれば、獣医師が家に電話をするのが良いでしょう。

獣医師の中には、イギリスとスコットランドの子猫の再ワクチン接種を3歳ではなく6ヶ月で推奨する人もいます。再接種日は医師に相談してください。

ワクチン接種後の子猫の行動

獣医診療所への旅行、医学的な匂い、見知らぬ人、そしてもちろん手続き自体も不快です。

家に帰ると、赤ちゃんは体調がよくないかもしれません - 彼は食べることを拒み、遊びたくない、人里離れた場所で立ち往生するでしょう だれも彼を邪魔して数時間眠りにつくことがない角。彼が目覚めたら、彼に彼の好きな食べ物のほんの一部を提供します。子猫が再び食べることを拒否した場合、それを無理にしないでください。おそらく予防接種後の最初の日に、彼は飲むだけでしょう。彼のボウルに十分な新鮮な水があることを確認してください。

初日には、2人の赤ちゃんを他の動物とは別の場所に住まわせ、風通しを控える必要があります。それらの免疫力はわずかに弱まり、あなたのペットは簡単に風邪をひくことができます。

予防接種の2日後に昏睡および倦怠感が続く場合は、子猫を医者に見せる必要があります。

合併症

時折、予防接種の後、ワクチンに対するアレルギー反応が起こるかもしれません。それはワクチン接種後の最初の10〜15分に現れ、大量の唾液分泌、流涙、浮腫、および急激な温度上昇の中で発現します。子供は落ち込んでいるか、逆に興奮しておびえている可能性があります。

良心的な内科医は、この期間中は必ず動物を監視し、必要に応じて彼を助けます。もしも 子猫はいくつかの薬に対して激しい反応をします、その名前を書き留めておいてください:それは再ワクチン接種のためには機能しません。

ワクチンの投与後、膨らんだシールが注射部位に形成されることがあります。しばらくして、それは自動的に通過します。そのようなシールは、寒すぎる薬の導入から起こるかもしれません。それはあなたに警告するはずです。冷凍からだけでなく、過熱薬からも良いことはありません。

あなたのペットにワクチンを接種するかどうか - 所有者が決定します。私たちが展示会に参加することである高価な猫について話しているならば、予防接種のスケジュールの順守は必須です。あなたが猫、特に血統を飼育しようとしているなら、予防接種も不可欠です。他のすべての人にとって、これはペットの生命と健康だけでなく、彼ら自身の家族に対する責任の問題です。

最初の予防接種の準備

予防接種の正しい結果を確実にし、有害反応を避けるために、予防接種の準備に関する推奨事項に従う必要があります。

子猫に予防接種をする前に何を探し、何を避けるべきか:

  • 子猫の歯が変わっても予防接種を受けてはいけません、
  • ワクチンを接種すべきではない、ペットは計画された予防接種の2週間前までに抗生物質を摂取していました、
  • 子猫が手術を受けた場合、予防接種は2ヶ月間延期されるべきです、
  • ワクチン投与後、動物は3週間手術を受けてはいけません。
  • 病気の動物(猫、犬など)と接触した後は、次の2ヶ月間は動物に予防接種をしてはいけません。
  • 予防接種の前に動物を入浴させたり、他のストレスにさらさないでください。

最初の予防接種のために子猫を準備するのを助ける基本的な規則。:

  • 処置の10日前にノミを除去するとともに駆虫する必要があります
  • 予防接種の前に、後天的または先天的な疾患の有無についてペットを慎重に調べてください。

どのような予防接種が必要ですか?

子猫は8週齢のときに最初の予防接種を受けるべきです。ワーム除去は2週間前に行われるべきです。 最初の予防接種は複雑で、小さなペットの体をその生命および健康疾患にとって危険なものから保護するのに役立ちます。

  • 汎白血球減少症、
  • カリシウイルス、
  • 鼻気管炎、
  • クラミジア

すべての複合ワクチンがクラミジアに対する防御を含むわけではありません。

子猫が予防接種を受け、それが初めて発生した場合は、1か月後に再接種が必要です - 複雑なワクチンの再導入。薬は初めてと同じでなければなりません。これは予想外の否定的な反応および副作用を避けます。また、繰り返される手順は狂犬病ワクチンの導入を伴います。飼い主が過去に治療歴やペットの予防接種の事実についての情報を持っていない場合は、同様の計画が推奨されます。

通常、獣医師はスケジュールに関してそのような勧告を与えます - 子猫は8週齢で初めて予防接種を受け、12週齢で再ワクチン接種されるべきです。しかし、国際小動物獣医協会は2回の再接種をお勧めします - 12週と16週です。

予防接種の費用は多くの要因によって異なります。薬の価格、医者の仕事の費用、家を出るための支払いです。

主要な病気に対する予防策に加えて、それに対する予防接種は必須です、あなたはそのような病気に対してペットに予防接種をすることもできます。:

ワクチンの導入の必要性を判断するには、獣医師と一緒にして、実際の客観的な必要性に基づいてのみ行うべきです。動物の体に無用なストレスをかけすぎないでください。

予防接種後

各子猫や子犬の体は個性的なので、予防接種後の状態は異なる場合があります。これは彼の免疫状態、ペットの個人的特性によって異なります。

ペット用ワクチンの導入直後はしばらくの間観察する必要があります。処置が診療所で行われるとき、子猫はしばらく観察下に置かれるかもしれない。これは通常1時間以内です。手順が自宅で行われた場合、獣医師は否定的な反応がないことを確認するために15〜20分待つ必要があります。観察時間のこの違いは、動物のストレスの程度の違いによって説明されます。

多くの獣医師は、彼が彼の通常の状態にあり、彼の経験が免疫の全般的な減少に影響を及ぼさなかったということで、自宅で初めて子猫にワクチン接種することを勧めます。

ペットの最初の日の間に通常より少し遅くて眠いかもしれません。これは心配するべきではありません。また、子猫は注射直後に隠れることができます。最初の数時間、彼は連絡を取っていないかもしれません。しかし、猫はすぐにそのような「侮辱」を忘れます。処置が午前中に行われたならば、それから夕方にペットはその通常の状態に戻るでしょう。獣医師は、子猫の飼い主が午前中に最初の予防接種を行うことを勧めます。そうすることで、彼の状態を観察し、不要な症状の出現を見逃さないように十分な時間があります。

子猫が1日以上鈍いままであり、これに不健康の追加の症状が追加されている場合は、すぐに獣医師に連絡してください。

危険な症状:

  • 無気力
  • 体温が高い
  • 注射部位の痛み
  • けいれん
  • 下痢と嘔吐
  • 拒む
  • 脱毛
  • 行動の変化
  • アナフィラキシーショック。

アナフィラキシーショックは、ワクチンに対する非常にまれな反応です。。その徴候は、喉頭の腫れによる呼吸困難です。このような場合は、直ちに子猫を担当する医師、または最寄りの獣医クリニックに連絡してください。

ペットの体の個々の反応は注射部位に腫瘍が出現することでも現れます。したがって、動物の皮膚を定期的に検査して調べる必要があります。そしてアザラシの検出の場合には、それはペットをさらに調べることを勧めます。

zoo-club-org