動物たち

犬の狂犬病

おそらく健康を失うことより悪いことは何もない。病気、特に深刻な病気は、常に打撃、失望です。そして病気が脳に触れたら、それをどうやって理解するのでしょうか?私たちの小さい兄弟は、狂犬病に感染する可能性がはるかに高く、人よりも回復する可能性がはるかに低いです。忠実な友人を救う方法は? 病気の発症を予測する方法は?犬の狂犬病の兆候を認識する方法は?

典型的な物語

もしあなたがアパートに住んでいて、あなたが小さいひざの犬を飼っているなら、あなたは実質的に安全です。あなたは靴とオーバーオールなしで通りにあなたのお気に入りを放さないで、あなたは特別な店で彼女の食べ物を買います、そしてあなたは週に一度美容院とネイリストに行きます。あなたのペットはインキュベーターのような幸せな環境で暮らしています。彼は現実の生活を見ていない、彼は危険を感じていない。あなたが大きな犬を飼っているならば、もう一つのこと。彼女は一日に少なくとも二回は歩かなければならないでしょう。彼女はお風呂で梳いて洗わなければならないでしょう。彼女は銃口と厚いひもを買わなければならないでしょう。しかし、その中を歩いていると自由を渇望するでしょう。 あなたが街から離れて歩いているならば、彼女は野原と道を駆け巡り、鳥を飼ってウサギを捕まえようとします。そして、誰が狂犬病のキツネ、コウモリ、またはネズミからあなたの犬を守るのですか?一口噛み付き、ペットが危険にさらされています。

ペットは何を感じますか

犬の狂犬病の最初の兆候は有罪です。犬は暗くなり、頭を下げ、飼い主を悲しそうな目で見ます。この行動は、同様の問題に直面しているほとんどすべての犬愛好家によって注目されています。犬は彼の罪を理解していませんが、彼は明らかにそれを感じています。したがって、彼は引退しようとしている、長い間嘘をついて、一定の渇きを持っています。犬の狂犬病の兆候は裸眼で気付くことができますが、あなたがあなたのペットを見ているという条件で、あなたは彼の行動の変化に気付くでしょう。あなたの犬が通常食べるのが大好きな場合は特に、食欲の欠如は憂慮すべきベルです。 一般的には、どんな変化でも何かを知らせます、そして、時間内に医者に相談して、4本足の友人の命を救うことを試みることはあなたの力にあります。

致命的なウイルス

獣医師は狂犬病のウイルス起源をマークし、治療可能性について尋ねられたとき彼らの肩をすくめています。ああ、今日の薬は病気を治療するのに無力であり、例外はその規則を確認するだけである。早い段階で犬の狂犬病の兆候に気づいたら、その動物を救う小さなチャンスがあります。問題は、この病気の潜伏期間が長いことです。犬の狂犬病感染の最初の兆候は、感染時よりもずっと遅く現れます。この間、あなたはもう手助けできません。唯一の解決策は予防、特に年間ワクチンです。

私たちの間のキャリア

温血動物は血液、唾液などの接触によって感染する可能性があります。軽いかみ傷または傷さえあれば十分です。最もひどいのは、中枢神経系の敗北、つまり鼻や耳へのかみ傷です。これは犬にとって確かな死です。身体的危害にわずかに集中すると、全身が急速に敗北し、痛みを伴う死亡につながります。犬の狂犬病はなぜそれほど危険なのですか?初期段階はまだ動物側の攻撃性の増加を特徴としていません、人は攻撃を避けることができます。狂犬病の犬からの直接の身体的損傷に加えて、人はウイルス感染の危険にさらされています。 毎年、狂犬病による死亡の膨大な割合が記録されています。最も一般的な感染症は犬です。外傷医には、路上で噛まれている子供を持つ人々がいます。子供たちが動物からの脅威を認識し、ふわふわを愛撫しようとすることはめったにありません。

狂犬病の段階

犬の狂犬病の最初の徴候は潜伏期間の後に現れます - それは乱れた様相、奇妙な行動および恐れです。まれに、これらの症状に基づいて狂犬病が認められることはありません。獣医師は病気の3つの条件付き段階を識別し、症状によってそれらを分類しました。医師によると、最初の段階で犬の狂犬病の兆候は何ですか? 私は最初の段階は病気の前兆、または前駆段階と呼ばれると言わなければなりません。すでに述べたように、動作に変化が見られます。攻撃性が起こるかもしれない、または逆に、犬は非常に愛情深くなるでしょう。動物の神経系は苦しんでいる;日光はそれに耐えられない。犬は影の中に隠れ、接触を避け、騒音と影を恐れています。野生の渇きは動物を乾かします、しかし水の味が彼に不快になるので、それは飲むことができません。無力から犬は地面を掘り、物を噛み、遠吠えをする。突然、心に性的な魅力が現れることがあります。最長3日間が最初の段階で続きます。その終わりに、動物は咬傷の部位で激しいかゆみを経験し、そして創傷を磨いている。

第二段階

これは暴動や興奮の段階です。この段階では、犬の狂犬病の徴候は明らかです。動物は完全に自分自身のコントロールを失い、激しい頭痛を経験し、その結果としてそれは周りの物体を破壊する傾向があります。ゲームは魅力的ではありません、お気に入りのおもちゃは細かく切り裂かれ、吠えは失礼になります、そして行動 - 攻撃的かつ暴力的です。犬は人間や近くの他の動物に噛む傾向があります。 感染した動物はしばしば痛みから逃げようとし、道路を分解しないかもしれませんので、邪魔にならないことが最善です。動物が飼い主を認めることができ、少なくとも彼に害を与えないとき、これは最後の段階です。攻撃の段階は、それを取り巻く世界への無関心の状態を変える可能性があり、その後のすべての結果を伴う無関心を完全なものにします。特に、犬のあごが下がり、際限なく唾液が流れ、彼の目は赤くて炎症を起こしています。

第三段階:麻痺

これは最終段階であり、致命的です。犬の神経系は完全に冒されています。意識的であれば、犬は周囲の世界を断片的に知覚します。野生の痛みから、動物は大声で吠えたり遠吠えすることができます。この段階で犬の狂犬病の主な兆候は体のけいれんと麻痺です。動物は完全な行動や動きをすることはできません。一般に、人にとってそれは現時点では危険ではありません。体温が上がり、目が転がり、思わず足がひきついてしまいます。犬は呼吸でき、喘ぎ、歯を締めます。結局、息が麻痺して窒息死が起こります。

時々死の原因は心不全である場合もあります。

治療または警告

あなたの家や庭の犬の狂犬病の兆候が疑われる場合は、躊躇しないでください。ただちに獣医師に連絡し、可能であれば動物を輸送してください。医者は十分な検査を行い、起こりうる病気を確定します。その犬が本当に感染しているのであれば、それが救われるという望みはほとんどありませんが、あなた自身、あなたの愛する人や他の人を接触やそれ以上の感染から守ることができるでしょう。あなたのペットに関しては、毎年予防接種を受けているため、病気を予防することができます。ちなみに、狂犬病に対する予防接種だけでなく、ペスト、肝炎、パラインフルエンザその他のあまり快適でないものに対しても予防接種をすることは良いことです。

あなたが小さな子犬を取った場合、予防接種は事情の面で最初の項目でなければなりません。異なる種類の家畜用に開発され適応されたワクチンは1つもないことに注意してください。彼が強くて一人で歩いて食べるのであれば、生後1ヶ月の子犬をワクチン接種のために連れて行くことができます。再注射は医者が表明したスケジュールに従って行う必要があります。これが100%保護を達成できる唯一の方法です。当然のことながら、このワクチンは健康な動物にしか見せられず、感染した個人はその助けを借りてもはや救われることはできません。ワクチンの効果は、狂犬病ウイルスに対する持続的な免疫の獲得において発現され、そしてその効果は、動物がその同族体によって非常に盗まれたという条件下でさえも保証される。平均して、1mlのためのワクチンの価格は150から300ルーブルの範囲です。民間の所有者はワクチン自体の代金を請求されます。つまり、あなたはまだお金を使わなければなりませんが、あなたは安全を確信し、犬の狂犬病の徴候を探すことはないでしょう。

誤った症状

いくつかの特に印象的なホストはあまりにも早くパニックをまき始めています。もちろん、犬がきれいで、給餌され、散歩の後はシャンプーで足を洗う必要があります。そうしないと完全に甘やかされてしまい、実際には病気になる危険があります。集合住宅では、げっ歯類や昆虫が感染の媒介者になることがあります。コウモリは屋根裏部屋に住むことができます。あなたの犬はそこを歩いていますか?それならあなたは危険にさらされています。しかし、犬はどのように彼らのアパートで狂犬病の兆候を示していますか?症状は以前に発声されたものとはわずかに異なる場合があります。犬は退屈して、飼い主を避け始めます。彼は水っぽい目と鼻を持っているかもしれません。唾液分泌も増加します。攻撃性は感染した犬の必須行動要因ではありません。反対に、動物は飼い主の保護の下に常に隠れ、不注意に苦しむことがあります。あなたは動物のゲームを見ることができます。彼はお気に入りのおもちゃを引き裂いていますか?かゆみ歯、それはあなたに思われる。その理由はもっと深刻かもしれません。

病気の形

4つの形態の病気を区別することが条件付きで可能です:暴力的、黙っている、通いやすい、中絶。私達が既に上で議論した最初のもの。静かな形は、動物の無関心な状態、人生に対する興味の欠如によって特徴付けられます。食欲は持続することがありますが、飲み込むのは困難です。犬はよく窒息します。のどの麻痺が起こることがあります。歩行は不安定で不確実です。犬は絶対に食べられないものを欲張って食べることができます。

それは犬が完全に回復したようですが、狂犬病の反射型は最も潜行性がありますが、2〜3週間後に狂犬病のすべての症状が戻って動物を死に至らせます。

最後に、中絶型の狂犬病は、病気の第2段階で動物が回復することを特徴としています。これは非常にまれな形で、そしてもちろん、適切な世話が提供されている病気の犬のために最も成功しています。異型の形態は、胃腸炎の徴候、すなわち、血性嘔吐および下痢を伴います。病気の犬はウイルスを人に感染させる可能性があるため、衛生状態を守り、犬の外への飼育は控えてください。

外的症状

あなたが通りを歩いているなら、あなたはほとんど動物を見ることができず、犬の狂犬病の明らかな徴候を識別することができません。そのような不幸な個人の目撃者や所有者の写真は、警告すべき外部の兆候を特定するのに役立ちます。友人と一緒に夜の散歩をしている間でも、危険なウイルスからあなた自身とあなたの周りの人々を守るために外の世界に目を離さないほうがいいです。だから、病気の犬は間引かれているようです。たとえそれが大きな犬であっても、彼女は拷問を受け、信じられないほど薄い。それはウールが犬にぶら下がっているようです、そしてそれと一緒に - 肌。彼女の舌が落ちる可能性があり、彼女の目は刈り取ります。揺れている歩容を守り、赤い目を鈍くします。犬は非常に頻繁に呼吸します、そして、より細い個人は強い肋骨を持っているので、あなたはそれを見ることができるでしょう。あなたがこれらの症状を持つストリート犬を見かけたら、遠ざけないでください。医者に相談してください。それによってあなたはいくつかの命を救うことができます。あなたがあなた自身のペットに狂犬病があると疑っているならば、問題を艶出ししないでください。狂犬病は治療されていませんが、他の多くの疾患でも同様の症状が見られます。あなたの犬が診療所に行く前に路上で噛まれた場合は、石鹸の濃厚な溶液で傷を洗い、それから髪を切って過酸化水素で消毒してください。あなたが医者に早く相談するほど、あなたのペットはより多くの可能性を持っています。

狂犬病の原因

狂犬病は温血動物の中で、病気の健康な動物に噛まれたときに体内に侵入する特別なウイルスによって引き起こされます。ウイルスは犬の唾液にあります。皮膚に微小亀裂があるならば、かみ傷を通してだけでなく、通常の接触の間にもこのウイルスに感染するケースがあります。この場合、唾液はそれらを通り抜けて健康な動物や人の体に入ることができます。

動物の糞が他の要因によって引き起こされているとはっきりと考えてはいけません。そのような犬と仕事をするときは、安全対策を守る必要があります。結局のところ、ウイルスは唾液中にあり、毛皮の上、四肢の上、爪の上、そしてペットの隣の床の上にさえあります。

動物の行動に異常が観察された場合、その動物は攻撃的すぎるように見えますが、反対に無関心な場合は、獣医に見せるべきです。結局のところ、犬や猫だけでなく狂犬病で死亡している、人の死と子供の死は非常に現実的です。

家族がどのようにペットと結びついていようとも、彼が狂犬病ウイルスを持っているなら、彼は眠らされなければならないでしょう。したがって、獣医師の勧告を守り、予防接種をすることが重要です。

犬の狂犬病の症状

初期段階の犬の狂犬病は症状を隠しています。潜伏期間は短い(数日)ことができ、それは非常に長くすることができます - 数ヶ月。激しいフォームの平均期間 - 5日から2週間。

病気にはいくつかの種類があり、それぞれがそれ自身の特徴によって区別されます。

最も一般的な狂犬病の形式はあふれていますが、次の形式が存在します。

この病気のあふれんばかりの形態は、通常3段階に分けられます、我々はそれらに特徴的な徴候を考慮します:

  • 前駆期。感染後の最初の段階では、症状は宿主にとってほとんど目立たないままです。犬は疲れているか気分を害しているようです。走りを止め、うそをつき、人とコミュニケーションしようとはしません。以前は従順だった犬は、ホストの音と声に反応してコマンドの実行をやめました。その一方で、病気の発症の絵は全く反対にすることができます:不適当な動物は突然それ自身への注意の増大を要求し始め、所有者の手をなめます、一般的に、いつものように振る舞わないしたがって、突然の行動の変化は、それが反応するべき最初の警報であるべきです。 2日目以降、3日目に最大になると、犬に狂犬病の顕著な兆候が見られます。経験豊富な犬の繁殖者はこれを見逃すことはできません。これは唾液分泌の増加、呼吸の問題です。ペットは常にあくびをしています、彼が酸素を欠いているという気持ちがあり、必死に口から空気を得ようとしています。
  • 躁ステージ。狂犬病の兆候がはっきりと見えます。犬は攻撃的になり、突然人を攻撃することがありますが、健康な状態では動物は常に非常に愛情深く愛情深いものでした。ペットは感情をコントロールできなくなるため、この段階は危険です。突然、家族や子供を噛むことができます。動物は食べられない物への渇望を持っています、それは家具、衣服、壁の部分をかじりつけるのをつかまえることができます。また、特定の瞬間にペットが暗い場所に隠れることがあります。この段階では、喉頭と下顎の筋肉の部分的な麻痺が起こり、犬の声は認識できなくなります。時々それは目の転がりまたは彼らのぞっとすることを伴うけいれん発作を観察することは可能です。この瞬間、犬は横行しなくなりました。静かな段階があります - 動物は無関心です、呼吸は重いです、空気の欠乏の兆候があります。ステージは最長5日間持続しますが、3日目に次のステージへの移行に気付くことができます。
  • 完全麻痺の段階それは、まず第一に、水への恐れと嚥下装置の完全麻痺を伴う。この段階での攻撃はほとんど目立ちません。喉頭麻痺に加えて、四肢の筋肉も苦しみます。犬はその後ろ足を足を引きずるか完全に引きずることができる。唾液を飲み込むことができないため、絶えず垂れ下がります。 3日目に、麻痺はペットの内臓をつかみます、ほとんどの場合、動物は昏睡状態に陥り、死ぬまでそれを離れません。

他の形態の狂犬病も特定の症状を特徴とする。これらには以下が含まれます。

  • 病気の長いコース(3ヶ月から6ヶ月)、攻撃性の欠如は、病気の非定型的な形態の特徴です。犬は嘔吐、下痢に苦しんでいるため、ペットは哀れな状態になります。私たちの目の前で家族の最愛が弱まり、衰え、それは非常に疲れ果てたように見えます。
  • やや速く(約5日)進行する鬱症状の場合、それは特徴的です。症状の急速な悪化、犬の咳、その唾液分泌の増加。死亡は3日目または5日目に起こり、内臓の麻痺が原因となります。
  • 回収可能な形態は、疾患の発作経過によって特徴付けられる。復讐に伴って発生する攻撃、その後消滅する。動物は死にます。ほんの数日かかります。しかし、いくつかのケースでは、病気の発作の間に数週間の間にかなり長い休憩があります。
  • 中絶の形はよくわかっていません。明らかな狂犬病の徴候を持つ動物が突然回復します。めったに起こらないことで、奇跡を期待することはできません。

Возможно ли лечение

При подозрении на бешенство, особенно тогда, когда животное имело контакт с неизвестным (бродячим) животным или было укушено им, питомца изолируют и обращаются в ветеринарную службу. Питомца помещают в карантин. 感染者と接触したことのある人や動物に予防接種が行われます。

自分自身を安心させる必要はありません。狂犬病の明らかな徴候を示す動物は治療に適していません。体内に入ったウイルスは破壊的な力を持っています。それは急速に増殖しそして健康な細胞を損傷する。脳細胞に到達すると、ウイルスはその中で炎症を引き起こし、これは麻痺と死につながります。

獣医師の要求に耳を傾け、動物を予防接種すれば、犬を守ることができます。

予防策

病気は難治性です、それでそれはあなたの最愛の犬を狂犬病感染から守ることを試みることが重要です。狂犬病を回避するためのヒントをいくつか紹介します。

  • 狂犬病予防接種は適時に与えられるべきです。これは、飼い主がひもから降ろして公園や森の芝生を戯れさせるような大型犬には特に当てはまります。野生動物とその咬傷は、ペットにとって致命的なものになる可能性があります。
  • 未知の動物による咬傷が犬の飼い主の目の前で発生した場合は、直ちに暖かい水と石鹸の濃厚な溶液で創傷を洗ってください。それから傷口を処理します。これを行うには、鮮やかな緑色の溶液(Zelenka)を使用するのが最善です。それから緊急に獣医師に行きなさい。彼は傷を使って必要な操作をすべて行い、予防接種マークを確認し、進め方を教えます。ワクチン未接種の犬は隔離されます。

狂犬病は非常に致命的な病気です。すべての犬の飼い主はこれを認識し、適時に自分のペットに予防接種をするべきです。これは彼の人生だけでなく、すべての家族の人生にもかかっています!

犬における狂犬病の潜伏期間

この疾患の原因物質は、脳に影響を与える神経向性ウイルスです。 ウイルスの開発のための潜伏期間は3ヶ月に達する。

健康的だがすでに感染した犬を飼っている 唾液中のウイルスは最初の臨床徴候の5〜10日前に決定されます。だからこそ、あなたのペットをすべての野良犬との接触から守る必要があります。

前駆症状

前駆期が続く 3日まで.

  • 動物の無関心は典型的です犬は人里離れた場所に隠れたり、反応しなかったり、逆に愛撫したり手をなめたりしようとします。
  • 顕著な口の把握運動、時には飲み込みや垂れ下がりの悪化。
  • この期間中の犬は大量のウイルスを放出します。

躁病

躁病期も続く 3日まで.

  • 無関心は攻撃への道を与えます、 動物はその主人を攻撃する可能性があります、激しく周囲の物をつかみます。
  • 握り方の動きは非常に強いという特徴があり、それはしばしば顎の骨折を引き起こします。
  • ひもを外すと、犬はかなりの距離を走ることができ、途中で他の動物に噛みつき、感染します。その特徴は 狂犬病犬は予備的な吠え声なしで静かに攻撃する.
  • 喉頭麻痺の兆候があります - 動物は遠吠えのように聞こえる.
  • 注目すべき 泡立つ.
  • 暴力の攻撃は無関心に置き換えられますが、外部からの刺激が再び激しい攻撃につながることがあります。

麻痺

麻痺期は続く 7日まで.

  • 犬にとっては特徴的です 嚥下困難、後肢麻痺が発症する。
  • 昏睡状態に陥る そして数日で死にます。

腸炎は別の潜在的に致命的な病気です。犬の腸炎の症状とあなたのペットを助ける方法について読んでください。

あなたの犬に誤った妊娠の疑いがありますか?私たちの記事でスプーンを識別する方法を学びましょう。

サイレントフォームは、狂犬病の発達の異型変異体を意味します。

  • 犬は攻撃的ではありません、食欲が保存されている、動物が骨で粉砕されているときの状態と同様に、飲み込むのが難しいかもしれません。
  • アリス 咽頭麻痺、下顎、後肢.
  • 病気の犬が経験することがあります 驚異的な歩容時には異型の形で、動物は完全に食べられないものを食べ、唾液分泌が発達します。

中絶

中絶型の狂犬病は、病気の第2段階で動物が回復することで終わります。この形態の狂犬病は非常にまれであり、多くの研究者がまだそれを研究しています。

非定型狂犬病は、胃腸炎の徴候(血性下痢や嘔吐)も示すことがあります。この種の病気はほとんどの場合適切な注意を払わずに残るため、病気の犬が人に感染する可能性があります。

狂犬病の判定方法

犬の狂犬病の徴候は、犬が狂犬病を発症しているという事実によって判断できます。 それは薄く見えます、それは口からの唾液分泌があります、顕著な落ちている舌があります、斜視および角膜曇りは発達します.

病気が進行するにつれて 後肢麻痺、それから心臓と呼吸筋なぜ動物は死ぬのか

狂犬病と神経炎型のジステンパー、脳炎とオーエスキー病とを区別することが必要です。犬のジステンパーはまた、麻痺やてんかん発作を発現しますが、その開発に伴い、下顎の筋肉の麻痺は起こりません。そして狂犬病では、結膜炎や鼻炎はありません。

オーエスキー病または疑似狂気は、顕著なかゆみおよびかき傷の存在を特徴とし、2〜3日で短期間で死亡します。オーエスキー病では、犬は物や向かい合う動物に攻撃的ですが、人々に向けられた攻撃はありません。

狂犬病は治療されますか?

犬の狂犬病は治療されていないことを忘れないでください。 あなたがあなたのペットの病気の発症を疑うならば、それは獣医に見せられそして検疫に置かれなければなりません。犬は他の動物との接触が排除されている鳥小屋にいなければなりません。

検疫は10日間続き、その間に狂犬病の兆候はすべて通常発症するか、または発症しません。獣医師はまたそれがウイルスまたは他の病原体を同定することが可能であろうという助けを借りて試験を受けることができる。

予防

狂犬病を予防するための唯一の対策は 予防接種毎年開催されます。

耐性免疫は、ほぼ3回目のワクチン接種後に発症します。これまで、狂犬病の動物の咬傷は予防接種を受けた人でも病気の発症につながることができます。

あなたの犬が噛まれたらどうしますか?

主なもの 慌てる必要はありません、正しい行動はあなたのペットの命を救い、あなたの感染を防ぎます。

あなたのペットが野良犬に噛まれたのを見たなら、 次のように行動する必要がある:

  1. 犬を家に持ち帰る必要があります同時に、保護手段を用いずに創傷を検査することは不可能である。
  2. 家の必要性 保護手袋を着用する、そして犬の銃口。
  3. 傷の周りの髪は切り取られます。そして怪我の場所は多量の石鹸水で洗う。加圧下で行うことをお勧めします。つまり、石鹸の濃厚溶液をシリンジに入れて、すべての創傷を加圧下ですすぐ必要があります。
  4. 前処理後 自宅で獣医に連絡する必要があります.
  5. 犬が予防接種を受けていない場合は、必要です 狂犬病ワクチンをすぐに届ける。最初のワクチン接種から2週間後に、ワクチン再接種が繰り返されます。
  6. 動物には必要です 少なくとも10日間注意深く見てください.

散歩の後にダニを見つけましたか?犬のピロプラズマ症の症状を確認し、予防措置を取るようにしてください。

大人も子犬も、ワームによる感染を受けやすいです。この記事では、さまざまな種類のワームについて説明します。

犬が一度に数匹の野良動物に噛まれた場合、狂犬病の徴候が2、3日で彼女に現れることを忘れないでください。犬が戦っている間にひっかかれるだけの場合、狂犬病の症状が2週間以上で現れる可能性が高いです。非常にまれなケースでは、動物の体の中のウイルスが6ヶ月まで生きることができて、それからそれ自身が現れ始めます。

可能性のある感染の後にワクチンを接種することによって、あなたはあなた自身とあなたのペットを守るでしょう。

犬が人をかむ場合はどうなりますか?

人間で開発された狂犬病もまた致命的な病気です。

病気の最初の徴候の前に予防的ワクチン接種を受けることができる場合にのみ、人は感染後に回復することができます。

未知の犬、キツネ、ハリネズミ、その他の野生動物に噛まれた場合は、いくつかの手順を実行する必要があります。

  1. 厚い石鹸水で沈殿物の創傷または部分を十分に洗います。 その後、皮膚を過酸化物で処理して包帯を塗ります。
  2. 確かに 医者を訪ねる誰が狂犬病ワクチンのコースを処方します。
  3. すべての治療は最後まで行わなければなりません。 数十年前、最大40回の注射が腹壁に行われ、今では最大7回のワクチンが使用され、肩の部分がその配置に使用されています。

したがって、狂犬病の徴候の発生がそれを直すことはできません、したがって、犬は眠らされるだけです。病気の動物が自分の親戚や近くの人々に感染する時間をとることは許されません。

狂犬病の原因

そのような深刻な病気は、狂犬病のように、温血動物に特別なラブドウイルスを引き起こします。それは病気の動物に噛まれたときに健康な4本足のペットの体に入ります。感染は唾液分泌の結果としても起こり得ることに注意すべきであるが、そのような理由は動物の体内へのウイルス侵入の頻度がより低い症例として分類される。最も危険なのは、頭と四肢で受けた咬傷です。

ここ数十年で、致命的な感染の主な原因は野生動物です。。危険度の高いグループには、植林地、森林、草原、および疫学的に不利な地域に住む4本足のペットが含まれます。致命的な病気にかかる危険性はほとんどどこにでもあることを忘れないでください。そのため、犬の飼い主は常にペットの健康とその行動に注意を払う必要があります。

自然条件下では、野生動物の多くの種が保存だけでなくRNA含有狂犬病ウイルスの拡大も支持しています。体内への侵入の結果として、そのようなウイルスは神経線維に沿って急速に動き始め、そしてそれが増殖しそしてニューロンに蓄積するところの脊髄と同様に脳に入る。さらに、変性した細胞の変化を含む、すべての脳組織の局所的な変化、ならびに複数の浮腫および出血が起こる。

これはおもしろい! 病気のペットの体内でのラブドウイルスの移動は、唾液腺への比較的急速な侵入を引き起こし、それに続く唾液による排泄も引き起こします。これが動物間の狂犬病の蔓延の主な原因となります。

狂犬病の症状と初期の徴候

感染が起こった時から、そして病気の最初の明白な症状が犬に現れるまで、それは通常3-7週間かかります。しかし、感染した動物に6か月または1年後でさえも狂犬病の徴候があることは知られています。この違いは直接ウイルスの毒性のレベルだけでなく、影響を受けた生物の免疫安定性と他の特徴にも左右される。

重症度、特異性、および臨床徴候の発現の強さにより、次の形式に従って疾患を分類することができます。

  • 異型
  • うつ病性または麻痺型
  • 緑豊かな形
  • 送金フォーム

獣医学の慣例が示すように、犬は野生型、さらには攻撃型および麻痺型と診断されることが最も多い。

感染後の最初の段階では、症状は犬の飼い主にとって目立たないままです。。飼い主にはペットが何かに疲れているか気分を害するように見えるかもしれないので、彼は走り回って戯れるのをやめ、しばしば横になって人々との接触を避けた。時々、従順だった動物が奇妙に振る舞い始めます。コマンドを実行せず、外部の刺激に反応しません。感染の最初の兆候がペットの活動や愛情にとって珍しい場合があります。このため、犬の行動の急激な変化は飼い主に知らせる必要があります。

重要です! 病気の最も顕著な症状は、ほとんどの場合、2日目または3日目になり、唾液分泌の増加、および顕著な呼吸の問題によって明らかになり、その結果、犬はあくびを起こし、必死に口から大量の空気を吸い込みます。

狂犬病の段階

狂犬病は同時に発症するのではなく、臨床的に発現しているいくつかの段階の間に発症します。

積極的なフォーム によって表される:

  • 前駆期または初期段階
  • 激しい覚醒または躁病の段階
  • うつ病または衰退段階。

この形式は最も特徴的であり、提示された症状を含みます。

  • 動物の行動の変化、これは病気のごく初期の段階で特に顕著です。やる気のない攻撃性の攻撃は、重度のうつ病、および過敏性の増加に置き換えられます - 過度の愛撫、
  • 筋肉のけいれんやけいれん
  • 寒さと熱、
  • 土地やゴミなど、食べられないものを食べる
  • 一般的な弱さと不快感
  • 明所恐怖症は、最小限の照明で暗い場所や人里離れた場所を探すことを伴います。
  • 咽頭筋のけいれんが原因で、水や食べ物を飲み込むのが嫌いです。

これはおもしろい! 病気の進行のある段階で、感染したペットは唾液分泌が増加します、それゆえそれは絶えずそれ自身をなめようとします、そしてarse声は次第にピアスの遠吠えに変わります。

第三段階は無関心とうつ病による攻撃性の攻撃の変化によって特徴付けられます。動物はそのニックネームや刺激物に反応しなくなり、また食べることを拒み、自分自身のために人里離れた、暗い場所を探します。同時に、40〜41℃の体温指数の増加があります。病気で疲れ果てたペットは、ほぼ完全にその声を失います。目の角膜のよく目立つ曇りもあります。最終段階は、神経系および心血管系における複数の病理学的過程であり、これは動物の主な死因である。

沈黙または麻痺段階は、過度の愛撫および異常な穏やかなペットの徴候によって特徴付けられる。。この行動はすぐに不安、動機付けられていない攻撃性のマイナーな兆候、それは習慣的な刺激に対する不規則な反応、豊富な唾液分泌および泡の出現を伴います。ペットは光と水を恐れるようになり始め、そしてまた餌をやるのを拒否します。この段階の最終段階は、呼吸困難、喘鳴および発作性咳嗽を伴い、続いて筋肉のけいれん、痙攣、咽頭の進行性麻痺、四肢の筋肉および胴体の出現が続く。動物は3日目頃に死にます。

あまり一般的でないのは、いわゆる異型の狂犬病で、その症状が現れます。

  • マイナーな行動の変化
  • 体温のわずかな上昇
  • 好みの変更
  • 通常の食べ物を放棄して扱います。
  • 胃腸炎の兆候がみられる
  • 血まみれの大量の下痢と衰弱させる嘔吐
  • 激しい疲労と体重の急激な減少。

異型 いくつかの段階で提示されますが、症状が他の多くの感染症と非常によく似ているため、診断は困難です。

重要です! 犬の行動のわずかな逸脱でさえも検出することが、獣医師による詳細な診断と4本足のペットの即時の包括的な検査の理由であるはずです。

治療と予防

特に狂犬病感染の最初の疑いで、特にペットが野良動物や未知の起源の犬と接触した、またはそれらに噛まれた場合は、4本足の友人を隔離し、最寄りの獣医師に連絡します。ペットは隔離されなければなりません、そして、感染したペットと接触していたすべての人々と動物は予防接種を受けています。

飼い犬を保護し、狂犬病感染の危険性とこの致命的な接触疾患の蔓延を最小限に抑えるためには、タイムリーで適切な予防策が必須です。 4本足のペットと彼の周りの人々を保護する唯一の信頼できる方法は予防接種であることを覚えておくべきです。.

予防接種マークがないと、立法上、ペットは展示会のイベントや公共の場に出席する権利がありません。また、予防接種に合格していない犬は、市内を移動したり、国外に連れ出して繁殖に使用したりしないでください。狂犬病予防接種の前に、抗蠕虫性介入が必要です。完全に健康なペットだけが予防接種を受けることができます。

これはおもしろい! 最初の狂犬病ワクチンは、歯の交換前、約3ヶ月齢のとき、または歯の完全交換の直後に子犬に投与されます。それからそのような予防接種は毎年行われます。

人間に対する危険

Инфицирование человека происходит в результате контакта со слюной любого больного животного. Поэтому чаще всего такая ситуация происходит при укусе. Особую опасность в этом плане, представляют травмы головы и конечностей, а именно рук. 多数の咬傷があると、ヒト感染の危険性が著しく高まります。狂犬病の発生率の主なピークは春と夏に発生します。

通常、このような病気の潜伏期間は9日間ですが、もっと長くなることもあります - ほぼ40日間です。ウイルスが人体に侵入するための入り口が顔や首の損傷である場合、病気はほとんど雷を発生させることができます。手の咬傷もまた非常に危険です。この場合、平均潜伏期間は、原則として5日を超えません。この特徴は、脊髄および脳の細胞への侵入を伴う神経経路に沿ったウイルスの急速な移動によるものです。脚咬傷を介した感染は潜伏期間の大幅な延長に寄与する。

今日までのところ、ワクチンの適時の実施は病気から病気の人を救うことを可能にします、しかし時々患者は狂犬病で死にます。

  • 資格のある医療がないこと
  • 予防接種制度違反
  • 予防接種の自己早期完了

専門家は、咬傷を受けた後だけでなく、唾液が完全性なしで皮膚に当たったときにも医療援助を求めることを推奨します。病気の人々の狂犬病の臨床症状は単調です。血中では、リンパ球のレベルが非常に顕著に増加しているだけでなく、好酸球が完全に欠如しています。角膜の表面から塗抹標本を採取すると、体内の感染に反応して産生される抗体の存在があります。

人体におけるラブドウイルスの無症候性の存在は、1〜3ヶ月の間で変わります。特に困難な場合には、潜伏期間は10日、そして肺では1年に短縮することができます。

狂犬病に感染した瞬間、病気の発症には3つの段階があり、それぞれ特有の症状を特徴としていますが、咬傷部位の痛みを伴う感覚、亜熱帯への体温上昇、頭痛および一般的な衰弱によって表される最初の兆候には特別な注意が必要です。吐き気や嘔吐もあります。

重要です! 人が噛まれたとき、人はしばしば第三者の匂いおよび存在しない画像の形で嗅覚的または視覚的幻覚を有することに注意すべきである。

最終段階では、うつ病や恐怖、不安、過度の過敏性などの精神障害が発生します。狂犬病は非常に危険で致命的な病気です。犬を飼っている人は誰でも、このことを知っておくべきで、また適時に自分のペットを予防接種するべきです。

ウイルスが侵入すると体内で何が起こりますか?

呼吸器と神経系が最も苦しんでいます。犬が猫から感染している場合があります。後者は正常に動作します。猫が他の動物と接触している場合は、慎重に彼女を監視する必要があります。狂犬病ウイルスを持った猫は隠れ始め、それからその人を攻撃します。この機能に注意してください。あなたが猫の後ろの奇妙な行動に気付いたら、獣医にそれを見せてください。

危険なウイルスのキャリアはキツネになることができます。彼女は唾液を通して犬に感染することができます。最初に、ウイルスは粘膜に入ります。動物の狂犬病には潜伏期があります。狂犬病の犬の兆候は、最初の段階で見分けがつかない場合があります。ペットの性質や特徴にもよりますが、この病気は3〜12ヶ月で現れます。潜伏期間の平均期間は45日です。その後、病気が発症します。疑似狂気と混同しないでください。

動物における狂犬病の症状

病理学はいくつかの段階に分けられ、それは段階を経て進行し、ある段階から別の段階へと移行します。各期間には独自の期間があります。咬傷の局在化は出血の強度と同様に重要な役割を果たします。子犬の狂犬病の徴候は、彼が首や頭に刺された場合は早く現れます。この場合のウイルスはすぐに攻撃します。手足を噛むと、潜伏期は遅れる。咬傷に出血が伴うと、一定量のウイルスが洗い流されます。

犬の狂犬病の最初の兆候は時々認識することが不可能です。病気の初期段階は前駆症状と呼ばれます;それは約16日続きます。飼い主は、ペットが鈍くなったことに気づきます。病気の発症とともに、体温が上昇し、悪寒が起こることがあります。犬のあごに注意を払うことが重要です。

狂犬病の特徴的な症状は痙性顎運動です。病状が進行するにつれて、中枢神経系が損傷を受けます。病気は活動期に入ります。症状は異なって現れます。何人かの犬は継続的に一点を見て(瞳孔が拡張された状態で)、他の人は他の人に急いで、物や服をかじり始めます。

狂犬病の暴力的な段階

ペットが固い物を噛むと、彼の歯は折れます。病気が乱流の段階に入ると、嚥下筋の痙攣が観察され、唾液腺の機能が低下し始めます。狂犬病の2番目の名前は疎水性です。ウイルスが体内に侵入した場合、犬は水を飲むことを恐れています。唾液は豊富に流れます。動物が自由を手に入れたとき、それは早送りし始めます。第三段階では、後肢は麻痺しています。呼吸器系の中心部の敗北は死につながります。

異型の狂犬病があります。この場合、病気を認識することは困難です。病理学が徴候を消したという事実にもかかわらず、動物はまだウイルスのキャリアのままです。この病気の非定型型は、胃炎や腸炎の症状と似た症状を示します。犬は血性下痢を始めることがあります。中絶型 - まれな現象です。この場合、病気は第二段階に移行し、動物は回復します。

犬に狂犬病が見つかった場合はどうなりますか?

あなたが疑うならあなたは動物を獣医クリニックに連れて行く必要があります。医師はウイルスの特定に役立つテストを実施します。ウイルスがまだ唾液腺に侵入していなくても感染が起こります。犬で狂犬病が持つ症状は、咬傷の部位に耐え難いほどのかゆみです。動物は騒々しく振る舞うかもしれません、下顎の可動性は発達するでしょう。

感染したペットの唾液にはウイルスが含まれていることを忘れないでください。彼があまり攻撃的でなければ、ウイルスはなめることで広がるかもしれません。人が腕に開いた痛みを持っていて、犬がそれをなめると、感染の大きな危険があります。

私たちが言ったように、唯一の予防策は予防接種です。犬は狂犬病で治療することはできません。予防接種は致命的な病気を避けるのに役立ちます。予防接種は病院で行われます。獣医師はワクチンデータを記録します。必要に応じて、狂犬病や感染症に対する予防接種も行われますが、これも動物や人間にとって非常に危険です。予防接種は安価で有効です - 約1年。

人間の狂犬病の症状

この病気のウイルスは非常に危険です、ほとんどの場合それは致命的です。神経系は狂犬病に苦しんでいます。疑わしい動物に噛まれた場合は、病院に行く必要があります。ヒトにおける狂犬病の治療は対症的です。治療の目的は、痛みやけいれんの重症度を軽減することです。ウイルスが傷口に着いた場合、しばらくすると、熱を伴う悪寒が起こり、温度は亜熱性の値まで上昇します。

ヒトにおいて、この疾患は不眠症、過敏性を発現する。人は急激に光に反応し、騒音を知覚することはできません。水は激しい恐れを引き起こします。人が水を飲もうとすると、咽頭の筋肉がけいれんを起こし、窒息する恐れがあります。犬の狂犬病のような人間の病気は、麻痺、破傷風、昏睡、そして死を引き起こします。犬から人間に伝染するすべての病気について。

致命的なウイルスの性質

環境条件に対して不安定です。犬の狂犬病が気温が+ 55度の状況になった場合、彼はその時間で死亡します。 2分以内に、ウイルスは沸騰したお湯で死にます。紫外線、エタノールに敏感です。狂犬病ウイルスは、常温および低温の条件下で増殖する。現在、医学はこの病状に対して普遍的な治療法を持っていません。

フェノールを含まない資金摂取されると、ウイルスは神経細胞に感染し始めます。その結果、中枢神経系全体の機能を崩壊させる特異な小さな体が形成されます。髄膜脳炎は、病原体が脳や脊髄に侵入すると発生します。神経系では、炎症性タイプの反応もあります - 変性 - ジストロフィープロセス。

病気の進行は窒息と心停止を引き起こし、死に至る。 5世紀に、科学者たちは犬の狂犬病ウイルスについて説明しました。当時、「疎水性」と「疎水性」という名前が出ていましたが、これらの用語は、人間の狂犬病ウイルスを特徴付けるために使用されていました。

ある人がしばしば犬から感染していることは注目に値します。古代ギリシャの科学者Cornelius Celsusは、ウイルスを破壊するために創傷を焼灼することを勧めました。危険な病気に対するワクチンは1885年に開発されました、今日それは狂犬病血清と共に使用されます。注射は創傷のある場所に行われます。活性物質は近くの組織に浸透しなければなりません。

人が致命的な病気から回復することに成功した場合があります。病理学の徴候を特定する際には、医師に相談する必要があります。医者は病気の症状を軽減するのを助けるだろう注射をす​​るでしょう。噛まれた後に緊急の予防接種を受けた場合は、症状の発症を予防して治癒することができます。

発症時の治療は困難です。 2005年に、致命的な疾患の治療の最初の症例が記録されました。 15歳のアメリカ人ジーナは狂犬病の徴候を持っていました、しかし、彼女はすぐに助けを求めたので、彼女は治療を受けそして彼女の命を救うことができました。 2008年と2012年に、回復例が報告されました。

病気の広がり

地球上には狂犬病ウイルスの保有者である多くの動物が住んでいます。アメリカでは、それはスカンク、キツネ、アライグマです。オーストラリアでは、ウイルスはコウモリによって感染しています。これらの動物のいくつかの種はヨーロッパ、アジア、そしてアメリカでウイルスに生息し広がっています。スリランカの領土では、ウイルスが蔓延しています。

科学者は2種類の狂犬病を同定しました。いわゆる「ナチュラルタイプ」は野生動物によって分布され、「シティ」は家畜(猫、犬)によって分布されます。ペットが野生動物に感染している場合はたくさんあります。この点で、あなたは常に彼を監視する必要があります。インドでは、ウイルスはコウモリによって広がっています。小さなげっ歯類は致命的な病理を広めません。

狂犬病は、粘膜を通して人から人へ伝染する可能性がありますが、この種の感染は考えられません。この病気は世界中に広がっており、南極では致命的なウイルスはありません。日本、キプロス、マルタ、そしてニュージーランドでは、この病気は注目されておらず、あまり注目されていません。

原因不明の病理学は南アメリカでは一般的です。それは麻痺、痙攣、水への恐怖につながります。専門家らは、この病状はコウモリに耐えられる狂犬病の一種であると示唆しています。毎年5万人以上の人が狂犬病で死亡しています。アジアやアフリカの国々で危険にさらされています。

人のための潜伏期間は10日から数ヶ月続きます。感染から1年後に症状が現れたと報告された症例。人が免疫力を持っている場合、潜伏期間は70日まで続きます。医学では、潜伏期間の長さは5年です。

この間、その人には病状の徴候は見られませんでした。特定の要因にさらされると狂犬病が発症しました。たとえば、人が木から落ちた、または電気ショックを受けた場合などです。それぞれの病気が異なって進行することは注目に値します。

臨床像は、動物が属する種と体内のウイルスの量によって異なります。重要なのは免疫システムの状態です。動物が頭、手、または性器にかみついた場合、ウイルスは急速に進行します。これらの場所では、多数の神経終末が集中しています。

予防接種に関する質問

予防接種中にアルコールを飲むことはできますか?この場合、アルコールは固く禁じられています。アルコール飲料は免疫システムを破壊し、ワクチンの影響を弱めるという事実です。さらに、人は体に過負荷をかけてはいけません。体重の増加を拒否するためには、栄養の規則に従うことが重要です。

アルコールはどのくらい禁止されていますか?予防接種後6ヶ月間はアルコールを制限する必要があります。

予防接種後にシャワーを浴びることはできますか?これに関して、禁止はありません。しかし、川、湖、池で泳ぐことはできません。傷が完全に治癒するまで、プールを訪れることを拒否することが必要です。

予防接種直後に外出することは可能ですか?制限はありませんが、体の過熱や過冷却を許可しないでください。日光浴、寒さの中を歩くことはお勧めできません。

検疫は必要ですか?この点に関して厳格な禁止事項はありません、それは2週間以内に医者を訪問する必要があります。患者を患者から隔離する必要はありません

予防接種を受けた犬に噛まれた場合、ワクチンは必要ですか。予防接種をお勧めしますが必須ではありません。動物が健康で、診断によってこれが確認されている場合、予防接種の決定は患者によって行われます。

予防接種を逃した場合はどうなりますか?コースを中断することはお勧めできません。そうしないと、防止方法が無効になります。可能であれば、コースを復元する必要があります

犬が子供を噛んだ場合、彼はワクチンが必要ですか?動物が健康であることが証明されていない場合は予防接種が必要です。したがって、あなたは安全であり、子犬の健康と生活に危険を及ぼすことはありません。

噛まれてからワクチン接種されるまでどのくらいかかりますか?直ちに医師に相談することをお勧めします。すぐに治療を始めれば、オッズは上がります。噛まれてから5日以内に、あなたは医者に会うべきです。

猫が噛んだ場合、予防接種は必要ですか?彼女が他の動物と接触していたかどうかに大きく依存します。この場合の予防接種は再保険です。

結論として、私たちはまたもや人と動物が治療の機会を持っていることに注意します。犬の狂犬病の最初の兆候を確認する必要があります。医師に相談してください。犬の狂犬病は、キツネ、アライグマ、コウモリなど、一般的ではありません。ペットの行動に注意を払うことは重要です。

過度の分離も懸念の原因になるはずです。犬は野生動物と出会うことができる畑に出してはいけません。ペットを狂犬病から守るには、慎重に監視して予防接種を受ける必要があります。

zoo-club-org