動物たち

予防接種を受けた猫はどのくらいの頻度で

猫が家に住んでいる場合、その飼い主は予防接種の世話をする必要があります。動物がアパートの敷居を超えない場合でも、危険なウイルスに感染する可能性があります。汚れた靴などに持っていく機会があります。さらに、ワクチンを接種されていないペットを獣医に連れて行くと危険です。医師の列に並ぶ診療所には様々な病気の動物がいるからです。

猫の予防接種とは何ですか?

これらの動物にとって最も危険な病気は狂犬病、猫のジステンパー、ウイルス性白血病、鼻気管炎などです。猫の予防接種はあなたのペットを危険なウイルスから守ります。あなたが夏に動物と一緒に田舎へ旅行する、あるいは旅行することさえ計画するならば、これは特に重要です。さて、あなたのペットが非常にサラブレッドの人であれば?そして、あなたは展覧会に参加するでしょう、ここで予防接種は必須です。動物ごとに、獣医師はパスポートを入手します。パスポートには予防接種の日付とワクチンの種類が記載されています。

ルールによる猫の予防接種

健康な猫だけが予防接種を受けています。予防 - 駆虫を実施するための予防接種の前の10日間は悪くありません。ワームは動物を弱める毒素を生成します。予防接種を受けたペットは免疫系が弱くなって病気になることさえあるので、そのような猫に予防接種をすることは無用で危険さえあります。また、予防接種の直前に、抗ヒスタミン薬はアレルギー反応を避けるために服用されるべきです。もし 猫に予防接種をすると、子猫は12週目に予防接種を始めます。母親が予防接種を受けていないのですか?または、それについて何も知らない場合は、早めに(8週間後に)行うことをお勧めします。歯の交換中に子供に予防接種をすることはできません。子猫の最初の予防接種の後、しばらくしてから再接種が行われます。乳児では、十分な量の抗体を開発するのに十分な時間がまだなく、母乳で得られたものはこの年齢までに消滅する。免疫は予防接種の10日後に確立されます。この期間中、あなたは低体温からあなたのペットを保護する必要があります、あなたは洗うことができない、あなたは彼と一緒に歩くことはできません。今後、猫​​の予防接種は年1回行われます。

どのような場合に猫に予防接種をすることは不可能です

「定位置にある」猫の予防接種は受け入れられない、それは交配の少なくとも1ヶ月前にこれを行うことをお勧めします。授乳中のママも予防接種を受けることはできません。動物が抗生物質で治療されたならば、この場合あなたは薬を飲んだ後数週間待たなければならないでしょう。猫が病気の動物と接触していて病気の初期段階にある時があります。その後、予防接種をキャンセルする必要があります。ここでは、ウイルスに対する抗体を含み、病気の動物の免疫を支える過免疫血清を使用することが可能です。

猫にはどのような予防接種が使用されていますか

予防接種は一価 - 1つの病気から、そして多価、一度にいくつかの病気から保護します。オランダで製造されているワクチンNobivac TRICATは現在非常に一般的です。それは鼻気管炎、汎白血球減少症およびカルシウイルス症に対して保護する。狂犬病に対する猫のワクチン接種は、同じ製造業者「Nobivac Rabies」の調製によって行われる。良い結果は、猫「Nobivak Tricket」と「Nobivac Rabies」の毎年の包括的な予防接種によって達成されます。アメリカで作られたフランスの準備QuadricatとFort-Dodge Laboratoriも動物によって容易に耐えられます。しかし、ロシアのワクチンは非常に重いので、その後猫は数日間気分が悪くなります。

なぜ猫は予防接種が必要なのですか?

ワクチン接種の方法は、弱った状態のウイルスまたはバクテリアを含む特別な製剤を動物に投与することにあります。同時に、体は感染症や病気から守るための抗体を作り始めます。

たとえ猫が絶対的な住まいであっても、つまり外に出ることは決してありません、彼女は予防接種を必要としています。悪意のある生物はいたるところに存在しています - 空気中、食物中、水中。

2ヶ月 - 最初の予防接種の子猫を始め始めるのは早い年齢からでなければなりません。これは免疫システムを強化し、病気のリスクを減らすのに役立ちます。予防接種は規則に従って、そして条件に従って行われるべきです。予備的に、それはノミとダニから猫を治療することをお勧めします、10日の間隔で2回ワーム除去すること。予防接種の直前に必要な検査が行われ、ペットは獣医師によって検査されます。

猫の必須予防接種リスト:

  1. 狂犬病
  2. ウイルス性呼吸器疾患(カルシウイルス症および鼻気管炎)。
  3. 汎白血球減少症。

国によって、動物の飼い主に対する予防接種の要件は異なります。 EU諸国に旅行するとき、必須の規則はチップ猫です、設置されたチップは生命のために動物と一緒にいます。

予防接種を受けた猫、薬はどのような病気です

猫は8週齢で最初の予防接種を受けます。予防接種に対する肯定的な免疫反応を特徴とするのがこの年齢層です。まず第一に、汎白血球減少症またはネコジステンパー予防接種が通常行われます。次のワクチンは1ヶ月で - 12週目に動物に投与されます。規則によると、再ワクチン接種は1年で実施されるべきです。猫の健康状態が悪化したため、また個々の獣医師の診察のために、後で予防接種を受けることができます。

生後2ヶ月の繁殖子猫に白血病に対する予防接種を施すことを示す。必須の予備手続は、FeLVオンコウイルスへの献血です。

2ヶ月の年齢で、子猫はカルシウイルス症と気管炎に予防接種を受けています。これらの疾患はすべてウイルス性の出現を持ち、猫には耐えられず治療が困難です。予防接種は、病気を予防する唯一の機会です。頻繁に街を旅行したり訪れたりする猫にとって、白癬や小胞子の白癬症と呼ばれる真菌に対して予防接種を受けるのに役立ちます。

メモの所有者!多くの獣医師によると、狂犬病予防接種は例外なくすべての猫に投与されるべきです。 狂犬病ウイルスは人間や動物にとって危険であり、外部環境で感染性があり生存可能です。

クラミジアと腹膜炎の予防接種は必須ではありませんが、多くの所有者に推奨されています。クラミジアは、消化管の粘膜、視覚器官、呼吸器、泌尿生殖器系に影響を与えます。生後1ヶ月から小さな子猫に感染しやすい感染症。 100%の症例における腹膜炎の感染は致命的です。それは動物の免疫システムを破壊し、何の症状もなく何年間も流れます。

予防接種と再接種の規則

年齢によって、猫は確立されたスケジュールに従って予防接種を受けています。母猫が予防接種を受けている場合、子牛は母体初乳と乳汁を含む抗体を投与されます。したがって、子猫の一次ワクチン接種は3ヶ月の年齢で処方されます。この場合、子猫の免疫は猫が予防接種を受けた病気からのみ形成されます。子猫の起源がわからない場合は、最初の予防接種は2か月から行われています。

感染の可能性が高い場合は、動物の生後6週間から子猫にワクチンを投与することは許容されます。

猫の予防接種の規則:

  1. 予防接種は完全に健康な動物を作ります。予防接種の前に、動物の獣医学検査を実施し、糞便の存在について便分析を実施する。
  2. 歯が生える、妊娠中および授乳中の猫では、子猫の予防接種は禁止されています。
  3. 予防接種の1ヵ月後、動物への外科的介入は禁止されています。

予防接種の期間とワクチンの種類によって、専門家 - 獣医師が選択されます。最も良いのは、一度に複数の成分を含む複雑な調剤です。それらの価格は一成分系および二成分系薬剤と比較して高いです。しかし、ワクチンが猫の健康を確実に保証するものではないことを知っておくべきですが、それは免疫システムを強化するのに役立ちますし、感染の場合は病気を移すのが簡単です。

猫はどのような病気に予防接種をしますか

猫を7つのウイルス性および細菌性疾患から保護するワクチンを開発しました。

  • カルシウイルス症
  • 鼻気管炎、
  • 汎白血球減少症、
  • 狂犬病
  • クラミジア
  • 感染性腹膜炎、
  • 白癬および小胞子(白癬)。

猫の予防接種はさまざまな薬を作ります。ほとんどの製造業者は、3つまたは4つの成分を含む複雑なワクチンを製造しています。最も一般的なワクチンの概要は以下の通りです。

原則として、猫のための年次予防接種はそれらに狂犬病ワクチン(狂犬病)を添付して、そのような多成分薬を作る。その結果、2回の注射で1年に1回再接種が行われます。彼らはまた、長期的な保護(最大3年間)で狂犬病ワクチンを生産しています。

予防接種は何歳の時に行われますか

生まれたばかりの子猫はいわゆる初乳(受動)免疫を持っています。これは、生後24〜36時間以内に、猫から初乳に感染する母親の抗体によって提供されます。この場合、子猫は、母親が予防接種を受けた感染からのみ保護されます。このような免疫は最大16週間持続します。その期間は、猫の中の抗体の数、ワクチン接種のタイミングによって異なります。

受動的防御は、ワクチン子猫の導入に応答して免疫の発達を妨げる可能性があるので、10週齢までワクチン接種することは望ましくない。 ワクチンを早期に導入することが望ましくない他の理由は、リンパ系組織の未熟な系であり、有効な抗体産生が不可能である。ワクチン接種に対する良好な免疫応答は、生後2ヶ月の子猫の後にのみ得ることができると考えられている。

病気の危険性が高い場合は、子猫が母親の母乳をまだ消費していて猫から連れ去られていない6週間後に、より早くワクチン接種が行われます。事実は抗体が数週間で生産されるので、6から16週間の期間で子猫は最も脆弱です。結局のところ、母体の免疫はもはや保護されておらず、それ自体はまだ発達していません。

猫の年齢別予防接種(表)

1年までに猫はどのような予防接種を受けますか?予防接種計画を立てる際には、子猫がどこに住むか、どのような病気から母親に予防接種を受けたかまで、感染の脅威があるかどうかが重要です。猫の予防接種のスケジュールは、平均して次のとおりです。

  1. 9〜12週間 - 呼吸器ウイルス感染症(鼻気管炎、カルシウイルス症)および汎白血球減少症に対する最初のワクチン。
  2. 12週齢で - 狂犬病ワクチン接種。
  3. 呼吸器ウイルス感染症(鼻気管炎、カルシウイルス症)および汎白血球減少症に対する再ワクチン接種は、最初の感染から2〜4週間後に行われます。
  4. その後、最後の予防接種から11〜12か月後に毎年予防接種が行われます。

必要ならば、あなたは同時に3つのウイルス性疾患にクラミジアを追加することができます。

白癬にかかる危険性がある場合は、その後8週および10週にこの病気に対して追加のワクチン接種が行われます。

猫の感染性腹膜炎が一般的である地域では、このウイルスに対するワクチンは16週齢と20週齢で投与されます。

選択した特定のワクチンによっては、用語が多少異なる場合があります。 すべての製造業者は、ワクチン接種と再ワクチン接種の時期、ワクチン接種のための準備措置、有害反応のリスト、および抗原の導入のための合併症の場合に何をすべきかを示す詳細な説明書に添付されています。

猫ワクチンの概要

ロシア市場で猫用のワクチンは何ですか?すべての薬は獣医師の監督によって認定され、ロシア語で指示を受けなければならないことを思い出してください。ロシア連邦の領土での使用が承認されていない薬物で予防接種を実施することは禁止されています。今日までに、最も広く使われている薬があります。

  1. "Nobivak Triket"と "Nobivak Forcat"。オランダの大手メーカーであるIntervetの生ワクチン3種、それぞれ4価ワクチン。それは呼吸器のウイルス感染とネコ汎白血球減少症(そしてNobivak Forcatではクラミジア)に対する防御を提供します。 3〜4週間の間隔で2回入力します。最初の予防接種の年齢は8週以内です。
  2. Quadricat - Quadricat、プロデューサー - Merial、フランス。生物学的製剤は2つのワクチンから成ります。ヘルペスウイルスおよびネコカルシウイルス症(呼吸器疾患から保護する)に対する不活化ワクチン「コリフェリン」、および狂犬病および汎白血球減少症に対して有効なラビフ - フェリニフワクチン。使用前に、ワクチンは混合されてワンショットで与えられます。一度3ヶ月齢から接種することが可能で、再接種は12ヶ月後に行われます。
  3. ロイコフレリン(メリアル、フランス)。 Quadriketに似ているが、コリフェリンとラビフ - フェリニフ生ワクチン(汎白血球減少症に対する)からなる生物学的製剤。すなわち、薬は猫の3つのウイルス性疾患に対する保護を与えます。予防接種は2回行われました。
  4. "Multifel-4"不活化ロシア製ワクチン(ナルバク)。猫の4つの感染症に対して有効です:鼻気管炎、カルシウイルス感染、汎白血球減少症およびクラミジア。子猫は21〜28日の間隔で2回ワクチン接種されます。再ワクチン接種は10〜12ヶ月の年齢で行われます。
  5. フェル - O - ワックス - フェル - O - Vax。米国のFort Dodge製の不活化ワクチン。猫の汎白血球減少症、カルシウイルス症(2系統のカルシウイルスを含む)、鼻気管炎およびクラミジア:それは4つの感染から保護します。 4つの感染症に免疫を与えます。子猫は8週齢から始めて、2回予防接種を受けています。
  6. 「Eurifell RCPFelV」(Merial、フランス)。薬剤は2つの成分から成ります:汎白血球減少症および白血病に対するドライライブPfeLVワクチン、液体ワクチン、鼻気管炎に対する不活性化RCおよびカルシウイルス症。
  7. Purevax(Merial、フランス)。生ワクチンのライン:Purevaks RCP(汎白血球減少症、鼻気管炎、カルシウイルス症)、Purevaks RCPCh(同じプラスクラミジア)、Purevaks FeLV(猫白血病に対する)。
  8. ノビバック狂犬病。 Intervetが製造した不活性化ワクチンで、長期間の保護が行われています。 3ヶ月齢に1回接種する。再ワクチン接種は3年後に行われます。
  9. “ Primutsel FIP” - Primucell(ファイザー、アメリカ)。猫のウイルス性腹膜炎に対するワクチン生ウイルスを含む(株DF2-FIPV)。予防接種の推奨条件:3週間の導入の間の間隔で16週間の年齢から2回。
  10. 「Microderm」、「Vakderm」、「Polivak TM for cats」生ワクチンそれらは治療効果を有し、すなわちそれらは疾患を治療することができる。 1.5か月後から2回ワクチン接種。薬の投与間隔は10 - 14日です。治療効果は最初の注射の15〜20日後に起こります。

猫の必須予防接種

猫のための必須の予防接種があります、それなしで動物が海外に輸出されることは許されないでしょう。必要な予防接種のリストは、文書の実行中に直ちに明確にする必要があります - 国によって要件が異なる場合があります。 予防接種に必要な病気には主に狂犬病、猫のウイルス性呼吸器疾患および汎白血球減少症が含まれます。 予防接種マークは、国際的に認証された獣医パスポートに作成されています。予防接種は、出発の少なくとも1か月前、ただし11か月以内に行ってください。

ところで、あなたがEU諸国に旅行するつもりなら、猫は欠けているべきです。あなたは獣医診療所で動物をチップすることができます、手順は痛みを伴わず、そしてチップは一生続く。

展覧会に参加している猫のために、また彼ら自身の要求があります。イベント開催日の1か月前までに狂犬病ワクチンを接種してください。

猫にはどのような予防接種をするべきですか?事実上すべての機関が動物に狂犬病に対する予防接種を要求しています。あなたのペットの安全のために、脱獄への移動の意図された時間の3-4週間前に、それは4つの病気のために保険をかけてそして多ワクチン接種をすることがより良いです。

飼育猫や猫の予防接種

飼育が許可されている動物には別の要件が課されます。この場合、飼い主は自分のペットだけでなく、将来の子孫に対しても責任があります。

予防接種猫メーカーは、そのような病気に対して毎年行われる必要があります。

  • 汎白血球減少症、
  • 鼻気管炎、
  • 狂犬病
  • カルシウイルス症
  • クラミジア

猫は交配の1ヶ月以内に同じ病気に対して予防接種を受けます。妊娠中の猫に生ワクチンを接種するのは望ましくありません。極端な場合には、不活性化された(殺された)生物学的製剤が導入され得る。このような決定は、母親と子猫へのリスクを考慮した上で、獣医師によってなされるべきです。

まとめると、私達は輸入され国内で生産された猫用のワクチンがたくさんあることを指摘しています。予防接種のタイミングと特定の薬の選択は、獣医師の裁量に任されています。一般的な規則は、説明書に従って再接種を受けて母親から離乳した後、8〜12週齢で子猫に予防接種をすることです(通常3〜4週間)。その後、猫は年に一度、高レベルの防御抗体を維持するために予防接種を受けます。

猫に狂犬病ワクチンを接種する時期

獣医師は猫の感染症の多くの一般的な種類を分泌します。 Максимально обезопасить животных от развития недуга, разработана схему уколы вакцины.

Кальцивироз: инфекция — у кошки наблюдается повышенная температура тела, могут появиться выраженные язвы во рту или на носу, кошка прихрамывает, наблюдается высокая сонливость. そのようなかなりの数の症状にもかかわらず、ペットの飼い主は時々医師への治療を無視し、それが症例の80%の死につながります。ほとんどの場合、この病気は猫に感染します。感染症に対する最初のワクチン接種は9-12ヶ月で行われ、その後毎年行われます。

鼻気管炎:急性型で進行するウイルスの症状。感染した子猫はとても気分が悪い。眠気は口、目の炎症を伴います(化膿性分泌物がある場合があります)。鼻気管炎は空中浮遊液滴によって伝染し、最も複雑な病状の発症に対する最初の「ベル」として機能する。多くの場合、これは母親の子猫に伝わります。予防接種は、9週間続けてから予防接種をすることをお勧めします。

汎白血球減少症は胃腸管の病変と関連している。この状況では、猫は実質的に食べることを拒否します。乳児期の汎白血球減少症の子猫に耐えるのが最も難しい。

猫は最大7日間病気であるため、死は十分に頻繁に発生します。これは、弱った赤ちゃんにとって非常に困難です。最初の予防接種は9-12週齢で行われます。

狂犬病は高い死亡率を特徴としています。主な症状から、それが緊急に薬を注入する必要があるとき、それは隔離されています - 豊富な唾液、ギャグ反射、食欲不振。ほとんどの場合、猫は狂犬病に感染している他の動物との接触により弱まります。必須の狂犬病予防接種は1歳の子猫で行われます。

クラミジアを予防するために、ワクチンは9〜12週目に使用されます。これは、尿路に影響を及ぼし、呼吸器系の機能に悪影響を及ぼす疾患です。最初の段階では、明確な兆候は温度の変化です。この場合、子猫はかなりアクティブになることができます、普通に食べます。クラミジア発生の第二段階では、目の周りにくしゃみと化膿性の形成が観察されます。

感染性腹膜炎は、獣医師の側の知識の低さという点で上記の疾患とは異なります。

ウイルスの拡散の結果として、免疫が最初に苦しみます。ほとんど無症候性の病気は悲惨な結果をもたらします。腹膜炎の予防接種のリストでは16週間でワクチンを導入することです。

白癬症および小胞子症は、種を奪う、診断上明白な脱毛による問題はありません。場合によっては、ハゲの部分に地殻が形成されることがあります。奪われた猫はそれを人間に伝えることができるということを知っておくことは重要です。最も影響を受けやすいのは免疫力の低い人たちです。

狂犬病に対する猫のための薬のレビュー

獣医学センターは、彼らが狂犬病ワクチンを正しく処方し注射することができる唯一の場所です。狂犬病治療薬の市場では、需要があり非常に効率的な、実績のある製造元とブランドがいくつかあります。

  • 「Nobivak Triket」:気道の病変の場合、ウイルス感染に対して猫を処方した、
  • 「Kvadrikat」は、2種類のワクチンを含む包括的な予防策です。呼吸器系の病気に対する予防策と狂犬病の予防策です。
  • 「ロイコリフェリン」 - 猫における3つの感染症の発症を予防します:呼吸器系、狂犬病、汎白血球減少症を予防するため
  • "Nobivak Rabies" - 革新的な薬は狂犬病ウイルスを軽減します。主な特徴は、猫の保護期間が長いことで、頻度は3年に1回減少します。
  • "Microderm"、 "Vakderm" - 剥奪に対する確実な保護。感染からの治療期間中にも使用されます。

ワクチンなしではできないとき

動物の輸送規則によると、猫の海外への輸出に必要な必須予防接種のリストがあります。特定のタイプの交通機関で特定の国に旅行する前に、どの情報を移動する必要があるのか​​を明確にする必要があります。必須予防接種は、ペットを連れて行く予定の国の性質によって異なる場合があります。

呼吸器疾患および汎白血球減少症に対するワクチンのない動物の輸送は受け入れられません。予防接種の日付はパスポートに記されていなければなりません。保護薬は、旅行の少なくとも1か月前に猫に入れなければならないことが重要です。海外へ輸送するための追加条件は欠けです。同時に、その特別なチップはその生涯の残りの間猫と共に残ります、それは完全に痛みがありません。

猫のショーに参加するには、保育園の内容は、予防接種のリストもあります、彼らは場所で直接報告されています。狂犬病に対して - 唯一の普遍的なワクチン、それなしでは行うことは不可能です。猫を一般的な感染から守ることができるマルチワクチンもあります。

繁殖動物の特徴

繁殖に使用されている猫の世話は、飼い主の特別な注意が必要です。猫は、推定交配の1か月前にワクチンを刺すことをお勧めします。この場合、獣医師は、狂犬病であっても妊娠中の動物に薬の使用を勧めません。どんな決定も医者によってなされるべきです、ペットの健康と状態の特殊性を考慮に入れて。

毎年、子孫生産者は、汎白血球減少症、鼻気管炎、カルシウイルス症、クラミジアおよび狂犬病に対して予防接種を受ける必要があります。この場合、時宜を得た予防接種は大人のペットだけでなく胎児も先天性感染症から保護することができます。完全に生きて喜びを与えることができるようにあなたの動物の世話をしなさい!

zoo-club-org